• トップ
  • » 文化・芸能・暮らし
  • 2017年9月15日(金)

不倫はファッション業界にプラスになるのか?

週刊ファッション日記#59

私の生まれは東北の福島市である。このあたりでバス会社などを経営するちょっと有名な企業があって、その社長の愛人がTVなどにもよく出ていた有名女優だと母から聞かされたときは、子供ながらに驚いた。ズーズー弁の見てくれも決して良くないその社長と美しい有名女優が愛人関係だなんていうのは子供にはちょっと想像が難しかった。母は愛人ではなく「二号さん」と呼んでいたが、公演もないのによく福島にやって来ていたそうである。

またこの選挙区の某代議士にも二号がいて、病弱の正妻に代わって選挙運動を助けていて、当選してTVにこの代議士が映ったときには、この二号さんがちゃんと隣にいたのを教えてくれたのも母であった。この他にも旦那の浮気に悩む隣家の奥さんの愚痴とか、私のある友人の母親は看護師だったが、「あの人は○○先生の愛人だ」とか、母はその筋の情報には非常に詳しかった。母の名誉のために書いておくが、私の知る限り、私の母にはその手の噂は皆無だった。

不倫はファッション業界にプラスになるのかByron(バイロン)で公開された投稿です。


【関連ニュース】
ちょっと残念な日本のトラッド系ドレスシャツの過剰包装??
袖口にユーモアを!? カフリンクスの勧め
夏の終わりに、愛着ある服がひとつ残る生活に憧れて?
なぜ半世紀も前のモノクロ写真が、たまらなくお洒落なのだろう?
90 年代のナポリスーツ並にリーズナブルな国産ビスポーク・テーラーを見つけた!?

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内