• トップ
  • » 文化・芸能・暮らし
  • 2017年4月19日(水)

コンバースのアヴァンもいいけれどスペインのマテスはなかなかだ!?

モード逍遥#41

筆者が初めて欧州旅行をしたのは1970年代初頭だった。1ドル300円、外貨の持ちだしにも制限があった時代である。旅の目的はコルビュジエとガウディの建築を観ること。出国したときの服装はファーラーのニットパンツにレイバンのサングラス。約1カ月後に帰国したときはバギーパンツにクリスチャン・ディオール・ムッシュのミニスウェーターヘ大変身。この旅行が、筆者のその後の人生にいかに影響を及ぼしたかが判る。

コンバースのアヴァンもいいけれどスペインのマテスはなかなかだ!Byron(バイロン)で公開された投稿です。


【関連ニュース】
グレンオーヴァーのコートは永く、その輝きを失わない!?
片山正通的百科全書/またはインテリアデザイナーの頭の中!?
サヴィーの物づくりの姿勢は、世代を超えて共感してしまう
川久保玲とアナ・ウインターの奇妙で複雑な関係
トゥモローランドのMIJスーツが ベンツのEクラスであるという理由とは!?

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内