東奥日報社の本

秘蔵写真でつづる映画王国のすべて!
シネマパラダイス・タイトル


あおもり シネマパラダイス
シネマ・パラダイス


 ”ゆかりの作品500本”と言われる映画王国・青森県。県内でロケを行った「八甲田山」はじめ「飢餓海峡」[海峡]「魚影の群れ」「リンゴ園の少女」「砂の器」「赤いハンカチ」「竹山ひとり旅」「男はつらいよ」シリーズなど80本を、撮影秘話やスナップ写真で一挙に紹介。日本映画の名作の感動が鮮やかによみがえる。
 映画100年を記念して東奥日報夕刊に長期連載された「あおもりシネマ散歩」に加筆したほか、書き下ろし部分も大幅に加えて再構成した。
 テレビや雑誌でおなじみの映画パーソナリティー・襟川クロさんも「あたまからおシリまで美味。映画への愛が伝わる1冊ネ」と絶賛。


 ■ 内 容
(1)銀幕の中の本県 ファン必見、秘蔵写真でつづる永遠の名作80本。石原裕次郎、渥美清、美空ひばり、夏目雅子ら、あなたの街によみがえる銀幕のスターたち
(2)「八甲田山」徹底検証 24枚のカラー写真でつづるフォトストーリー、主演した高倉健、北大路欣也の特別寄稿、製作者・橋本忍氏(脚本家)へのロングインタビュー、厳寒の地での長期ロケスナップ
映画・八甲田山 

映画・八甲田山
(3)あおもり映画100年史 「活動写真の伝来」から「自主上映の波」まで、数々の貴重な写真とともに紹介
(4)青森の主な映画人 鬼才・川島雄三監督(むつ市)や黒沢明作品を支えた名ライター小国英雄(八戸市)から、期待の若手・吹越満(東北町)新山千春(青森市)まで網羅
(5)カラー口絵(登場作のポスター30数枚)


東奥日報社編
AB判 180頁
定 価 :
本体3,568円(税込み)
 (送料310円)