◎訃報[ニュース]
 (2017-11-30)



わさおの飼い主母さん 菊谷節子さんがお亡くなりになりました。
本日未明のことです。

もともと母さんは今年に入って、入退院を繰り返していました。

最後の入院は10月初旬、呼吸器に痛みを感じてのものでした。
気胸と見られ、穴がふさがれば退院できるとのことでした。
本人もそれを目指して励んでおりました。

しかしながら、このような結果となってしまいましたことをご報告せねばならず、無念です。

この写真は10月1日に撮影された、取材対応中のわさおと母さんのオフショットです。

<画像:171130-1_IMG3078.jpg>

私にとって、この一枚が二人を一緒に撮った最後のものになりました。
もっとちゃんと撮ればよかった。もう一回撮りたい!

ここから私情をはさませていただきます。

菊谷節子さん、
大変におおらかな人でした。
そしてほがらかな人でした。
常に前に進む人でした。
人間ですから多少の不平不満も持っていました。
ですが、それらを笑い飛ばす豪快さもありました。
だれよりも大きくて深い愛情をもっておられました。
わさおにとっても、多くの人にとってもかけがのない人でした。
かけがえのない人でした。

思慮深い人でした。そして行動の人でした。
抜け毛騒動の際わさおのことを思い、この犬は一匹にしたら死んでしまう犬だと言い切り、わさおに家族を作り、残しました。
色々なところに心を配り目を配り、そして旅立たれました。
覚悟の人でした。潔い人でした。

頭が下がります。

この写真は今朝撮影した わさお です。

<画像:171130-2_R0008358.jpg>

暗い内に帰宅を果たされた飼い主母さんと、わさおは対面したそうです。
だから、たぶん、ぜったいわさおには何が起きたかわかっているのだと思います。
その上で、わさおはくじけていないように見えます。

わさおの中には菊谷節子という人が生きているからだと思います。
わさおにとって飼い主母さんは今もそこに居る人なのだと思えるのです。

とりとめのない文章になりました。
後日機会を改めてきちんともういちど振り返りたいと思います。


コメント(61)
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る
text&photo (C)ajigasawa.jp
(C)東奥日報社