最近のつぶやき




2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ



プロフィール


プロフィール
自称・日本で3本の指に入るわさおウォッチャー。鰺ヶ沢町民ブロガーとして日々、地元のあちこちをつつきまわっているところである。
Powered by
Movable Type Pro

告別の日

| コメント(20) | トラックバック(0) | トップページへ  







本日、飼い主母さんの告別祭が執り行われました。

171209-1_IMG4773.jpg

また、昨晩には、告別前夜祭が執り行われました。

ご本人の遺志により、神式にて執り行われましたため通夜・葬式ではなくこのような呼び方となっています。

171209-2_IMG4913.jpg

掲げられたお写真は、イカのカーテンの前でわさおともどもにっこりしている普段着の菊谷節子さん。
これがとても飼い主母さんらしいということでご家族が選ばれたようでした。

会場では母さんのためにいろいろな方々からのお花や捧げ物がありました。
地元関係の個人団体はもとより、映画関係者や俳優、お笑い系の方々、ロックバンド、演歌歌手の方などなど、飼い主母さんの交流の広さをうかがわせるものでしたし、お名前を眺めているだけで、あんなことがあったこんなことがあったと色々なことが振り返られました。

わざわざ遠くから駆けつけてご参列くださったり、あるいは会場に来れずともお心をお寄せいただいた方々も大変多く、ご本人もきっと喜ばれたことと思います。

さて、「わさおも参列するのですか?」という問いかけをいくつかいただきました。
飼い主母さんとわさおの家族以上とも言える関係性からして、そのように考えられるのは自然なことかと思います。

しかしながら、わさおは告別前夜祭・告別祭ともに参列しませんでした。
理由は二つあります。

一つは、飼い主母さんが「わさおに会いに人が来るだろうから、私になにかあっても店は休むな」と言い残したこと。
故に告別祭の今日も、お店は通常営業をし、わさおもそちらにおりました。

もう一つは、「故人にお別れを告げる儀式」というものがとても人間臭いものに思われた故。
なんだか人間社会の流儀をわさおに押し付けることになるのではないかという気になったのです。

飼い主母さんが出棺された日、お店の前を通過する母さんの乗った車をわさおは見送りました。
その時の様子を見て、もしかするとわさおは、我々とは違う理解・解釈をしているかもしれないとも思えました。
なんというか、絶望していないのです。
ですので、もしかしたら、わさおはまたいつかなにかの形で飼い主母さんに会える、と考えているような気がしたのです。
もしもわさおがそのように思っているのだとしたら、それそのままでいいんじゃないのかな、と。
それに「お別れだよ」と言ったところで、わさおは頑固に「んにゃ、そんなことはない!」と言い張るかもしれないな、とか。

みたいなことを個人的には思っておりました。そしたらご家族の方も同じようにお考えでした。
結果、特別なことはなにもせず、この二日間はわさおには普段通りの日常を過ごしてもらおうということになったのでした。

飼い主さんがいなくなって、わさおは今後どうなるのだろう?という声もちらほら見かけます。
わさおの飼い主は、いままでもこれからも飼い主母さん・菊谷節子さんただひとりです。
誰がなんと言おうと、誰よりも何よりもわさお自身がそう考えていると思うのです。
ですから、わさおの家はこれまで通りです。わさおの店もこれまで通りです。

171209-3_IMG4806.jpg

写真は今朝、自分の家を出て散歩にでかけるわさおです。
しっかりとした足取りで散歩に出かけるわさおです。

飼い主母さんがなくなって、わさおは大丈夫か?という声もちらほら見かけます。
たぶん皆様が心配されているよりは思った以上にわさおは元気です。
最初のわさ毛騒動以来、飼い主母さんはわさおが普通に過ごせるように、母さん以外でも散歩やお世話ができるよう心を砕いてきました。

だから、わさおは思った以上に大丈夫なように見えます。
でも、正直な所、時々なんだか腑に落ちない、納得行かない表情を浮かべていることもあったりします。
そんなとき、つばきがわさおを支えるように寄り添って見えます。
ちょめはマイペースなやんちゃぶりで、わさおの気分を紛らわしているようにも見えます。
わさお一家という形もまた、飼い主母さんがわさおに残した大きなものの一つのように思えます。
寂しくないように負けないように励ましとなるように、と。

171209-4_IMG4840.jpg

以上、ひとつの節目を迎えたこの日。
わさおの近況のご報告でした。


text&photo (C)ajigasawa.jp

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.toonippo.co.jp/mt5/mt-traba.cgi/2668

コメント(20)

ご冥福ををお祈りいたします

節子さん、私達観光客はこれからも菊谷商店にイカ焼き食べに行きます。空からも見ていてください。
近いうちにご挨拶しに行きますね。
今までありがとうございました。

またわさおにあいにいきます菊谷さんにまた会いたかったです。ずっとずっとわさおたちこと見守って下さいね

節子さん、お疲れ様でした。今までありがとうございました。天国でゆっくりお過ごし下さい。また、きくや商店に行きます。

ご冥福をお祈りします…わさおは、わさおでちゃんとお別れしたんでしょうね。つばきちゃん、しっかり寄り添ってあげてね!

わさお君、エライね (;_;)
以前テレビ番組で、わさお母さんが
『わさお〜 ちゃんとダンナのつとめはたせよ〜』
と、おっしゃっていたのを聞いていたのかな

ご飯、いっぱい食べて元気でね

わさおの顔を見せて頂いて安心しています。
わさおのお母さんはこの時を予想してしっかり準備されていた。
わさおのキリッとした表情が、お母さんの読んだ通りに上手くいっています。
安心してお休みくださいね。

わさおを尊重する考え方は、周りの方々のあたたかさを感じられて嬉しい。
お店を守る皆さんもありがとう。
いつか行ってみたいと思っています。

わさおくん、元気そうで良かったです( ´_ゝ`)
節子お母さんがどれだけ愛情深く凄い方だったということを改めて感じますね。
まだまだ悲しい気持ちは変わりませんが、わさおはわさおなりにしっかりと受け止めて前進しているんですね!こっちが悲しんでばかりいられませんね!
わさおエライよ!(ノ_<。)
吟さんも体に気を付けてくださいね。
お母さんのご冥福を心からお祈り致します。

こうしてわさおの姿を見ることが出来て嬉しいです!
最近は、昔録画しておいた志村動物園を見返してばかりですが、
春になったらまたわさおに会いに行きます。

節子さん、ゆっくりお休みください。

こうしてわさおの近況を載せて下さるだけで、
遠方に住む者には本当に救いになります。
菊谷さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

今でも、信じられません。けれど、居ないのですね。わさおくん始めとして母さん天国から、みんなの所、見守ってくれますよね。
ご冥福お祈りしております。

わさおが今まで通りの日常を歩んでいる様でとても安心しました。
これも菊谷さんがわさおの事を一番に想っていたからこその事だと知り 菊谷さんの深い愛情とわさおとの深い絆を感じました。菊谷さんの人にも犬や猫にも優しい人柄と優しい笑顔が大好きでした。
またテレビでわさおとのツーショットが見たかった…。
凄く寂しいけど 菊谷さんはきっとわさおのそばで見守っていてくれるはずだから わさおも元気に頑張るんだょ!
いつかまた再会出来るんだから。。

菊谷さんのご冥福を心よりお祈り致します。。

びっくりしました。
ご冥福をお祈りしますm(_ _)m

わさちゃんは……
旦那さまや家族の皆さん、どうかお体にお気をつけてくださいm(_ _)m

わさお 母ちゃんとお店の分頑張ってください。

菊谷母さん、生きるたくましさ、楽しさを教えてくれて

ありがとうございました。


2回ほどお店にお邪魔しましたが

ここは命の生まれる場所、帰る場所だと

ふと海を眺めながら感じました。

またお会いしましょうね。

わさおくん、どおしてますかー?心配に、なりました。 なにか、感じているんでしょうね。吟さん見守ってあげてください。m(__)m

わさお君
リードを外してもらって
思いっきり走れて
幸せだね、わさお君
わさお君がいつまでも幸せでいる事が
私たちの幸せなんです。


朝の生中継TVで、わさおくん見たよー!元気な姿みて凄く嬉しかったです。

いつもツイッターで拝見しています。
訃報もツイッターで知りました。
お母さまのご冥福をお祈りいたします。

戌年なので
わさおをモデルに
消しごむハンコのハガキを作ったのですが
喪中ということで、お送りするのを控えました。
(リンク先に掲載しております)

これからもわさおと家族の写真を
楽しみにしております。

わさお君…元気にしてますか?わさお君のお母さんはいつもわさお君の傍にいるからね。淋しくないよね。私達には見えないけど…きっと、わさお君には見えてるんだろうなぁ…お母さんの姿…。わさお君とお母さんに私も癒され元気を貰っていました。☆心からご冥福をお祈り申し上げます☆

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。