最近のつぶやき




2014年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ



プロフィール


プロフィール
自称・日本で3本の指に入るわさおウォッチャー。鰺ヶ沢町民ブロガーとして日々、地元のあちこちをつつきまわっているところである。
Powered by
Movable Type Pro

その後のお話

| コメント(12) | トラックバック(0) | トップページへ  







皆様、いろいろとご心配をおかけして申し訳ありません。
また、様々なご意見をお寄せいただき本当にありがたく思います。

まずは、飼い主さんが怪我された方とお会いになり、その際の話を聞くことができましたので追加報告いたします。

最も心配だったお怪我の具合ですが、立って歩いておられ、また、すでにきちんとした治療も受けられているという話を聞き、今後は快方に向かっていかれるとの印象を受けました。

また、この方は、すごく頻繁にわさおに会いに来ており、顔は見知っていたそうです。ただ、これまでも、看板のお願いを無視する行為はあり、注意や制止をしたこともある方だったとのことでした。

そしてこの日、この方は、わさおに食べ物を投げ与えようとしたのだそうです。そしてその落下位置がわさおから遠かったように思えため、囲いの中に入って拾い直し、与え直そうとして怪我されてしまったとのことでした。

「こちらが悪かったので、ことをおおきくしないでください」と仰っていただいており、当事者間の話し合いとしては、収束に向かっている感じでしょうか。

ただ、今回の件を踏まえて色々なことを考え対処していかなければならないことはもちろんのことです。

世界中で一番わさおのことを大事に思い、またわさおも信頼を寄せているのは、飼い主さんです。
ですから、飼い主さんの想いが具現化できるよう、色々な方々と協力し、サポートして行きたいと考えています。

もちろん、その過程においては、皆様のご意見なども伝えて行きたいと考えていますし、これからも色々なお考えをお聞かせ願えればと思っています。

またそのような取り組みとあわせて、「わさお通信」ではこれまでのようにわさおの日常や表情も伝えていければと考えています。


text&photo (C)ajigasawa.jp

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.toonippo.co.jp/mt5/mt-traba.cgi/158

コメント(12)

怪我をされた方が無事快方に向かっていて安心しました。

“わさお”と飼い主さんが幸せに暮らしていける様に
私達がしっかりルールを守っていかなければならないですね。

今後も『わさお通信』にて色んな情報を更新して下さい。
出来れば嬉しい情報、楽しい情報の方がいいですが^^;

>わさおに食べ物を投げ与えようとした

飼い主の許可なく食べ物を与えてる時点でNGですが、
「投げ与える」のは、わさおに失礼だよね。
家畜じゃないんだから。

犬と、ちゃんとしたスキンシップが出来ないヒトなのかな。
「怖がって」犬と接すると、犬は敏感にそれを察知しますよ。
で、犬側も怖がってその人を警戒します。

わさおの方が被害者だナ。
知名度はすでに過剰なほどあるわけだし、
少なくとも今後のTV取材はお断りした方がよろしいのでは...。

わさお通信があれば十分!

悩ましい問題になっちゃいましたね。

わさおくんは、鯵ヶ沢の町興しにすでに一役も二役もかってるし、

多くの人に愛されることは、決して悪いことではないんだよね。

ただ、その人のマナーの良しあし、

飼い主さんの瑕疵の有無に関わらず、

犬が人に怪我をさせてしまうことは、あってはなりません。

動物園のようなゲージに入れられたわさおくんは、見るに忍びないよ

メレ腐の写真のような腰の抜けるほどのどかな風景の中に

いるからこそのわさおくん。そこに皆さん惹かれた訳で

この状況は、ほんとうに悲しいです。

吟さん

楽しくないことも伝えなきゃいけないのって大変ですよね。
わさおがどうしているか気になるので、ついつい
こちらを覗きに来てしまいます。

わさお通信、とても楽しみにしているので
どうぞ、これからも頑張ってください!

新しい情報ですね。
これで原因がはっきりしました。
いったん与えられてわさおが自分のものと認識したエサを取られて
いら~っとした状況ですね。
犬vs犬、犬vs子供、犬vs犬の生態をよく知らない人のあいだでよくおこるありがちな事故です。

わさおはけして難しい犬などではありませんよ。
勝手なエサやりはトラブルのモトですのでこれからも厳禁でさらに徹底したほうがいいです。

今回のわさおさんの件は、怪我された方に原因があると思います。私も体高80cm,体重30kg以上のゴールデンレトリバーを飼っています
フレンドリーな犬でも嬉しさのあまり飛びついたり甘噛みすることは
よくあります。ご機嫌ナナメの時ほど要注意。

騒ぎすぎだと思います。
噛まれた方は、とっくに反省してらっしゃると思います。
たぶん、病院で、わさお君の名前を出さずにはいられなかったのでしょうが、ご本人とわさお君との間で、とうに解決してる問題だとおもいます。
注意事項などは貼り出してるわけですから、あ、噛まれちゃったのね、でいいでしょう。

秋田犬を飼っていた者として、見学のみなさんに知っていただきたい。秋田犬は飼い主以外には決してなつきません。また自分のテリトリーはどんなことをしても守ろうとします。わさおブームが白熱して
くるなかで、今回のような事故がおきなければいいなと心配していました。いまどきの愛玩犬をみるようなつもりで接しようとしたら同じような事故がおこると思います。
十数年秋田犬と付き合ってきて、先祖はオオカミなのでは? と
思うこともありました。どうか遠くから暖かく見守ってやってください。

TVで動くわさお君を見て、ほのぼのとした気持ちになっていただけに、今回のお話を読んで、とても残念に思っています。わさお君のことが可愛いと思うファンであるなら、本当に節度を持って接してほしいと思っています。確かに映像を見る限り、危ないのではと思っていましたが、でもわさお君にしたら、今まで囲いがなかったのに、囲いができてしまっただけでも、”寂しい”と思っているのではないでしょうか?囲いが無くても、わさお君に5m以上近づかないとか、わさお君に迷惑にならないよう、自己規制して接してくれるとよいのにと、本当に思います。(会いに行くこと自体控えることも含め。)写真もピカって光るのが、犬的には余り好きではない子もいます。一時的なブームで、わさお君の犬生を振り回すのはやめてほしいですね。
”秋田犬が大好きなおぢさん”がおっしゃるように、和犬は洋犬種とは気性が違います。飼い主が一緒のときは、他の人に甘えたとしても、いないときにはうなって吠えるものと思った方がよいと思います。特に男の子は、気性が激しいと思うし、思わぬ事故につながる可能性も高いと思います。個人的には、そんなところも和犬の魅力として、秋田犬・紀州犬を飼いましたが。
多分今のままの表示では、今回のような事故がまたおきるとも限りませんので、”先日不幸な事件がおきました・・・”と顛末を、わさお君の近くに掲示した方がよいのではないでしょうか?その上で、”わさお君のためにもマナーを守りましょう”と呼びかけてみてはいかがでしょうか?
そこまで書かないと、自分の行動の結果がどうなるのか、想像のできない人も多いのではないでしょうか。

 今日わさお君に会いたくて、鯵ヶ沢に行ってきましたが、残念ながらわさお君はおでかけ中でした。
 考えてみたら、というか帰宅してこちらのサイトを拝見して考えたことは、好奇心が勝ってしまい、わさお君ならびに周りの方々のご迷惑にならないようにしなくては!ということです。

 それでもいつかわさお君にじっさい会ってみたい!と思うわがままな私でした。

勝手に許可なくさわったり、餌を勝手に与えるほうが悪いと思う。
最低限のルールを守らないと、わさおも飼い主さんもかわいそう。
私もわさおに会いたいです。
私もセントバーナード飼って、やはり大型犬はじゃれたりすると、怪我させたりします。
それと必要以上に食べ物を与えれば病気にもなりやすいです
会いに行くなら、ルールとマナーを守ってほしいですね。

ケガをされた方に心よりお見舞い申し上げますわさおくんに勝手にエサを与えるのは良くないです飼い主さんに迷惑をかけてしまいますから食べ物を投げたりしてわさおくんがケガをしたら大変なことになります

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。