【スマートフォン版はこちら】



あおもりよんななショップ一覧

-プロフィール-

モヤ王 モヤ王
趣味はマラソン、スキーと青森の大自然が生んだネイチャーボーイ。趣味のためならストイックなまでに体をいじめぬく。郷土の食材をこよなく愛する生粋の青森人。

JUN JUN
青森のご当地ラーメン「煮干しラーメン」が大好きな営業主任。青森市内ランキング付けに余念がない。

マコト マコト
売り上げよりも体重の右肩上がりが気になる二児のパパ。特技のカラオケでは深夜2時に90点台を叩き出す。

福ロウ 福ロウ
後輩ができて遊びグセにますます拍車がかかるお気楽営業部員。自身のブログ「あおもり☆満福☆ランチブログ」は、地元のビジネスウーマンとゆるキャラファンに大人気。

リンタロー リンタロー
ピッカピカのルーキー!すでにブログにも登場し、これからの成長が楽しみな新人。日々行動を共にしている福ロウ先輩からの無茶ぶりも難なくこなす。

つっちー つっちー
東京から援護射撃。おいしさと美容と健康を追求した「食」へのこだわりが強く、47CLUBのチェックには余念がない。遠方からの心強い応援団!

ジョシマル

あおもり☆満福☆ランチブログ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

47ブログサミット

秋田
山梨
高知


雑穀屋米万の最近のブログ記事

こちら「旨うま日記」は、ひさびさ登場の福ロウでっす☆

ランチブログではご報告済み、美味しいあおもり再発見のゴールデンウィーク超満喫の旅

青森市を出発し、県南方面へ向かう途中、実はこんなとこにも立ち寄ってまっして☆

野辺地町(のへじまち)にボリューム満点の店が
あると聞きつけ、ちょいと腹ごしらえっと☆

陸奥湾を眺めながらの昼食☆
 
皿からはみ出ちゃってる、どでか~い
「かつ定食」のご飯はなぜ~か、おひつ入りっ☆

 

 
 
              こちら、ハンバーグカレーには、
              わらじ並のハンバーグがド~ンっ☆
 
                     こりゃ、たまげった~☆   
                      

旅のスタートから、満腹・・☆
 
途中、上北郡七戸町にあります
「道の駅しちのへ」に立ち寄りまっして、と☆
 
今年の正月に、JUNさんが訪問してた
東北新幹線「七戸十和田駅」のすぐ近く☆
 
 
お土産品や地酒に民芸品など、地元や周辺市町村の特産品を販売する物産館をぐるっと☆

そうそう、七戸町ということは・・☆
 
入口の目立つところに、ありまっした☆ 

47CLUBにも出店中、七戸町の「奉撰菓匠みやきん」さんの人気商品「献上銘菓 駒饅頭」

 

 
お土産にも最適、みやきんさんの種類も豊富なお菓子の中でも、やっぱり人気の駒饅頭っ☆
 

             前回、青森店で購入した模様はこちら 
 
 
そしてそして、反対側の入口には☆
 
こちらも47CLUBに出店、福ロウ節分の折にご紹介してまっした七戸町・雑穀屋米万さんっ☆
 

おやつ、おつまみにオススメしたい青森県産の大豆や黒豆の煎り豆ほか、体にも美味しい県産雑穀を各種取り揃えたコーナーっ☆

 
 
 福ロウも、なつおばあちゃんの煎り豆シリーズから、
 いろんな味を楽しめる箱入りセットを購入っ☆
 

旅の道中、パリポリっと
いただきまっす☆
 

 

超・満・福のGW珍道中の模様はこちら、
「あおもり☆満福☆ランチブログ」GW特別編で☆


新幹線で訪れる観光客の皆さんにも大好評の、七戸町の美味しい特産品のご購入なら・・☆

お取り寄せサイト47CLUBに出店中の「スイーツみやきん」雑穀屋米万のページから☆

去年の日記で、福ロウが紹介した、青森県産の大粒の黒豆煮

年も改まり、不摂生な師匠もいよいよ身体の健康を少しは考えるようになりまっして‥☆

 

 
というわけで、ものぐさな師匠に代わって、47CLUBに出店の七戸町・雑穀屋米万さんの黒豆「22年産青森大黒豆特選3分上2kg 」を注文しておきまっしたから☆
 
 

「あれ~、でもこの黒豆ってカッチカチじゃない」

もっちろんでっすよ!これを水につけて時間をかけて煮るから、ふっくら美味しい黒豆煮ができるんじゃあないでっすか☆

「あ~、ちょっとやる時間がないな。煮てあったら毎日でも食べたいけど」
 
そうおっしゃると思いまして、以前頼んだ煮豆名人のお宅にも届けておきましたから、近々美味しい黒豆煮にしてお持ちしまっすよ☆
 
それまでは、こちらをどうぞ☆
 
今回は雑穀屋米万さんに、この煎りたておいしさ新鮮パック「青森県産 黒豆の煎り豆(素煎り)」も頼んでたんでっす☆
 
ソフトな歯ざわりで香ばしい、無添加、無着色の煎り豆☆

もちろん遺伝子組み換え大豆っじゃあございまっせん☆
 
 
「これは手軽に味わえるね、ありがとさん。それじゃ煮豆ができてくるのも楽しみにしてるよ」
 
まったく、年が明けても相変わらずのものぐさ加減・・☆
 
さて、福ロウ、このほかにも自分用に頼んでた品がありまっして☆
 
      間もなく2月3日は「節分」でっすから、福ロウが一足早く
      豆まきをして、局内に蔓延る邪気を追い払っとこうかと☆ 
 

 
 
 
サトウキビの絞り汁から作った黒砂糖で味付けされた、
その名も「青森県産 ふく豆」を注文してたんでっす☆

 
 
このふく豆で豆まきした日には、なんだか福も倍になって返って来そうじゃあないでっすか☆
 

         とはいえ、青森県生まれの福ロウ

         豆まきの「豆」といったら昔から、
         殻つきの落花生・・☆
 
         これもあたるとけっこう痛いもので‥。
         しかし、味付きの「ふく豆」を投げるのもなぁ・・。 
 
 
ってわけで、例年通り、豆まきは落花生にしときまっす☆ 鬼は~外っ☆ 福ロウは~内っ☆

ほんのり上品な甘さの「ふく豆」はもちろん、そのまま美味しくいただいちゃいまっしてっと☆
 
おやつ感覚の青森県産の大豆、黒豆、青豆の煎り豆など種類も豊富な雑穀屋米万さん☆
 

春を呼ぶ節分は、もうすぐ☆

美味しい県産大豆で福も呼んじゃってくだっさい☆

今日ご紹介した商品は、こちら

 >>47CLUBの雑穀屋米万さんのページから。

こんにちは、JUNです。


突然ですが、先日、初めてスーツのズボンのウエスト出しを試してみました。

  出せるんですねぇ、、最近まで知りませんでした。
   詰められるだろうとは思っていましたが、まさか出せるとは。

                           
        12年ほど前に買ったスーツで、
          腹回りの諸般の事情により、
          ここ数年は着てません。
 
 
  洋服直し屋さんに
     「最大で4センチは出せますね」 と言われ、


    " 4センチも出したらガバガバだべ " と心の中でつぶやきながらも、

     大は小を兼ねる という先人の教えを思い出し、その方向でお願いしました。


 

見た目は素晴らしい仕上がり。
 2,000円もしませんでした。




 
 
             持ち主の余計な心配をよそに、

履いてみたら 空腹時でほぼピッタリ、余裕なし。
   
コリャ、腹いっぱいだとキツイな、、、。


 

★という訳で、いい機会なので食事を少しヘルシーにすることにしました。
 

 最近の我が家のヒットは豆苗(とうみょう)。
  
       エンドウ豆の新芽だそうです。
 

 スーパーで根付のパックが売っていて、

 一回食べた後でも、
   残った根の部分を水に浸しておくと、
     ナント もう一度生えてくるのです。
     正確には、発芽していないものが残っているのだそうですが


 
 
 
 この時期の
 寒い台所におきっぱなしでも大丈夫。

←刈り取り直後の図
 
  


 

 数日で、ホレこの通り。
 二期作完了~。
 
 

 家庭菜園気分を味わえるのが、
 アパート暮らしの心をくすぐります。
 
  

 

 味も癖がなくて、何にでも合うんじゃないでしょうか。

               
  モヤシと炒めてみました。

  見るからにヘルシーですね。

  全て "二期もの" を使ったとすれば、

   原価はモヤシの分だけで、
    
         約20円
  
   

 オォ、恐るべきコストパフォーマンス。

 

鍋にいれてもいいですよねぇ、きっと。
これはまたの機会で、と。
 

 
 
 
ヘルシー食材・豆と言えば、47CLUBに出店中の雑穀屋米万さんにお任せ。
 
お求めはこちらから。

こんにちは、タブ郎です。
今年もたくさんの青森県の「旨うま」を紹介しますので、応援よろしくお願いします。
 

さて、新年最初のご報告は青森県観光物産館アスパムで1月8日から10日まで開催された「あおもり
カレーまつり」
です。
 
 

 
 

当ブログでは、もうすっかりおなじみのアスパム。これまでも「丼どんまつり」や、東奥日報社と共催する「結集!!青森まるごとお宝自慢市」などをご紹介してきましたが、この「あおもりカレーまつり」も県内のご当地カレーを集めた大人気イベントなのであります。

 


で、ご覧ください、この行列
今年も県内各地のご当地カレーを食べようと訪れた人の波。
昨年秋の「丼どんまつり」ではあまりの行列に試食を断念した小生。
(この時の模様はKENKENのブログでどうぞ)

今回ばかりは「なんとしても」と強い意気込みで行列の中へ。

   今年は田子ニンニクを使った「田子にんにくカレー」や東通村の希少価値の高い東通牛を使った「東通牛の牛すじカレー」、馬肉を使った五所川原市の「激馬かなぎカレー」など、人気ブランドから珍品、新登場ものまで19品が揃いました。しかも、ライスまで青森県産米「つがるロマン」を使うほどの念の入れよう。さすがはアスパム青森県の観光と物産の発信拠点だけのことはありますよね。
 

「ふーむ、いずれ劣らぬ力作揃い。どれにしようかなあ・・・」

 
迷いながら待つこと暫し。
やっとの思いで食券レジへ。カレーはすべてハーフサイズで250-300円なので、2-3皿を楽しめます。迷いに迷って小生が選んだのは「水なし林檎カレー」と青森県産ホタテがたっぷり入った「ほたてカレー」
 
 
 


「ほたてカレー」は一見、普通のカレーのように見えるのですが、スプーンですくうとホタテの貝柱がゴロゴロ。
ホタテの旨味と香りが出ていてサラッとしたルーのわりには、濃厚でコクの
               ある味わいでした。
うーむ・・・さすが貝の王様の実力、恐るべし

 
 
 
「水なし林檎カレー」は、リンゴだけでなく野菜も牛肉も地場産にこだわり、素材の水分だけでゆっくり仕込んだという手間ひまかけた本格派のカレー。ひとくち食べるとリンゴの甘みや酸味、いろんな野菜の旨味がジワッと口の中に広がります。今回はその地場野菜たちも素揚げされてトッピング。
うーむ・・・これも値段以上の価値あり
 

「水なし林檎カレー」といえば、以前、小生が「冬に備えて」の回でご紹介したのも、レシピは違えど同じく水を使わないリンゴとリンゴジュースだけで作るカレーでした。
よかったら、参考にしてください。→ http://www.toonippo.co.jp/blog/umauma/2010/11/29080000.html
また、このカレーまつりには福ロウも出没していたので、そのときの模様はあおもり☆満福☆らんちブログで。 

 
さてさて、こうしてみると青森県産の食材だけで、実に豊かでおいしいご当地カレーがたくさんできるものですね。
また、地元の素材にこだわって実施しているアスパムのさまざまな企画には、同じく県産素材にこだわって紹介している当ブログと相通ずるものを感じました。
今後も「青森旨うま日記」アスパムのイベントに注目していきたいと思います。次回も期待してまーす!
 

本日もごちそーさまでした!

 
 
今日ご紹介したカレーの素材は47CLUBに出店中の各店でお取り寄せ可能です。
青森県産ホタテなら下北名産センター青森県産リンゴなら笹谷農園青森りんごランドアップルショップ大中青森県産米「つがるロマン」なら雑穀屋米万
みなさんも青森県産食材でおいしいオリジナルカレーはいかがでしょうか。

JUNJUNのお正月。

新年明けましておめでとうございます。
JUNです。

毎年感じることですが、ホントに一年アッという間ですねぇ。
年をとるほどに時の経つのが早く感じられます。
映画ハリー・ポッターの主人公らの成長ぶりをみると、なおさら実感しますね。
 
 

 お正月~。  
   私は八戸市の実家で、年越しを穏やかに迎える 、、、、
      、、はずでしたが12月30日夜から大荒れの天気。
          大晦日は朝から暴風雨で、買い出しはエライ目に遭いました。
 

     ~ん。

と、こんな感じ。
八戸市内にしてはまあまあ積もった方ですが 極端に多いわけでもなく、
確かに風はすごかったのですが、
まさか 新聞等で報じられたような大規模な停電になるとは、、。
我が家は停電は免れましたが、山間部はやはり雪の降り方が違ったのでしょう。
 

        確かに、雪も湿っていて重かったし。

  


庭のアケビの棚も倒壊しました。  雪というよりは、風でしょうな。
 
 
 

♪♪♪ 穏やかな天候が戻り、元朝参りついでに寄り道、
 
    八戸市民病院そばの
       新井田川の白鳥も ホッと一息。
 

     
 
     遠くに見えるのは階上岳。
     小学校の遠足の定番コースでしたね。
 

 


★青森市へ戻る途中、先月開業したばかりの東北新幹線七戸十和田駅に寄ってみました。 
 
八甲田連峰の稜線をイメージしたという外壁のラインが、建物外観にアクセントを加えています。
Uターンのピークの1月3日ということもあってか、結構な混雑でした。

 
隣接する観光交流センターでは、
大きな吹き抜けのスペースに
しちのへ秋まつりの山車が展示されていました。 

 
  


結構広いぶち抜きの空間なので、
さまざまなイベントができそうです。

 

  

 
2階部分には近隣の特産品販売スペースのほか、
生パスタやシャモロックのピザなどが楽しめるお店も。
今度は昼に合わせて来ようっと。

 
 
いやぁ、しかしながら頭はまだ 完璧に正月モード。  
ひとまず数日やり過ごして三連休に突入し 本格始動は11日からですかねぇ、、、

    などと、上司には聞かせられない身勝手な思いを胸に、

         今年も良い年になるように、がんばりましょう。
   


 
 
七戸のお土産なら、47CLUBに出店中の「スイーツみやきん」「雑穀屋米万」でもお取り寄せできます。

お求めは、こちらから。


ドぉ~んと三連休のド真ん中、極秘プロジェクト遂行のため弘前に潜伏してた福ロウ

せっかく弘前に参りましたので、仕事の時間まで、健康のためのちょっとした立ち寄りでっす☆
 
                ♪ ピンポ~ンっ ♪               ハイハイ、
                                               待ってました黒猫サン☆

先週、47CLUBに出店の七戸町・雑穀屋米万さんに注文していた「19年産 青森大黒豆 3分上」の2キログラム入り☆
 
クレジットカードを持ってない福ロウでも、代金引換で頼めるからうれしい47CLUBのお取り寄せ☆
 
今回もパソコンからカチカチっと簡単注文してたんでっす☆
 
さてさて、いつもランチで美味しいものばかり食べ歩いている福ロウ。 
 
仕事後の一杯も大好きな福ロウだから、最近は熱心なランチブログユーザーから、流行りのメタボやなんかを心配するお声もちらほら。
 

そこで本日は・・

生活習慣病予防に、この青森県産黒豆を弘前の煮豆名人のお宅に持ち込んで、大好きな黒豆煮を作っていただくことに☆
 

名人 「沖縄の黒糖を使って、煮汁も美味しく飲める、健康にも良い黒豆煮を作りますよ」 
 
では福ロウ、出来上がるまで任務に行ってまいりまっす☆
 
黒豆を調理してもらってる間に、福ロウが参加してた極秘プロジェクトの詳細は、福ロウのランチブログで近日公開☆ カミングス~ンでっす!
 

そんでもって・・

プロジェクト大成功で、ただいま戻りまっした~! そろそろ、できた頃かと☆
 
ひゃ~っ、ピカピカでっす☆

ぷっくり、つやっつやの黒豆さんたち。

美味しそうに煮えましたね、名人☆
 
それでは、いっただっきます~☆ 
 

                             パクリっ 
     皮がプ

     中はホクホクでっす☆
 
 
     黒豆本来の甘みと黒糖の深い味わいで、いくらでも食べられそ☆
 

名人 「寒天とアイスを入れて、あんみつ風の黒豆デザートを楽しむのもいいわね」

それは甘いもの好きの福ロウにピッタリじゃぁないですかっ☆
 
美味しくって健康にも良いから、黒豆くん福ロウには優良食品でっすな☆

大量に作ってもらった黒豆煮を、自宅でも楽しむためにいただいて帰りまっす☆
 


今回紹介した、青森県産の大粒黒豆47CLUBに出店中の雑穀屋米万さんでお取り寄せ可能です。

今なら送料無料の、お徳用5キログラム、10キログラム、30キログラムもありまっす☆

お求めはこちらから。