【スマートフォン版はこちら】



あおもりよんななショップ一覧

-プロフィール-

モヤ王 モヤ王
趣味はマラソン、スキーと青森の大自然が生んだネイチャーボーイ。趣味のためならストイックなまでに体をいじめぬく。郷土の食材をこよなく愛する生粋の青森人。

JUN JUN
青森のご当地ラーメン「煮干しラーメン」が大好きな営業主任。青森市内ランキング付けに余念がない。

マコト マコト
売り上げよりも体重の右肩上がりが気になる二児のパパ。特技のカラオケでは深夜2時に90点台を叩き出す。

福ロウ 福ロウ
後輩ができて遊びグセにますます拍車がかかるお気楽営業部員。自身のブログ「あおもり☆満福☆ランチブログ」は、地元のビジネスウーマンとゆるキャラファンに大人気。

リンタロー リンタロー
ピッカピカのルーキー!すでにブログにも登場し、これからの成長が楽しみな新人。日々行動を共にしている福ロウ先輩からの無茶ぶりも難なくこなす。

つっちー つっちー
東京から援護射撃。おいしさと美容と健康を追求した「食」へのこだわりが強く、47CLUBのチェックには余念がない。遠方からの心強い応援団!

ジョシマル

あおもり☆満福☆ランチブログ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

47ブログサミット

秋田
山梨
高知


長尾中華そばの最近のブログ記事

タブ郎寒い日はやっぱり・・・

 
こんにちは、タブ郎です。

2月も半ばを過ぎましたが、まだまだ寒い日が続きますね・・・。

 
 

そんなある日のこと。
なりなりと得意先回りの途中、ふと時計を見るとまもなく正午
そろそろ昼食を-と考えていたら、ロードサイドに見えてきた看板は
長尾中華そば

 
 
 

 
この日の気温は-4℃。 さぶっ!
こんな日は体の芯から温まる煮干しラーメンで決まり!ですよね
二人の意見が一致したところで早速、お店へ。
 
 
 

 
いやー、しかしさすが青森を代表する人気店。
店内は早くもお客さんで満席です。

 
 

 
                   5分ほど待って、席につき、
           なりなりこく煮干し、小生はあっさりを注文。

 
 
 

ほどなく、煮干しのいい香りを動員してラーメンが運ばれてきました。

 
 

こちらがなりなりオーダーのこく煮干し
いまや長尾中華そばの看板メニューとなったこの
一杯は、二度、三度と食べるうちに病みつきになる
独特の濃厚な味わいが特徴です。

 
 
 

そして、こちらは小生が注文したあっさり
ひとくちスープをすすると、煮干し特有の香りが鼻腔を
抜け、嫌味のない旨みと微かな酸味だけが口一杯に
広がります。

 
 

 
何度食べても飽きのこない秀逸の出来。
お見事ー!
間違いなく青森のラーメンを代表する一杯です。

 
 
 

あー、おいしかったぁー。 午後もまた頑張ろうっと!
 

 

心まで 満腹にする この一杯

本日もごちそーさまでした!


 

 
長尾中華そば47CLUBでお取り寄せが可能です。青森のお土産にもぜひ、どうぞ。


タブ郎謹賀新年



あけましておめでとうございます、タブ郎です。

 
青森旨うま日記もおかげさまで3年目を迎えました。
今年も青森のいろんな「旨うま」を紹介していきたいと思います。


 
 
 
さて、話は昨年末にさかのぼり・・・。
こちらはもうすっかりおなじみ青森県観光物産館アスパムでございます。
毎年恒例の大イベントあおもり満喫フェアが、11月30日
から12月9日まで開催されました。



県内40市町村の物産が一堂に集まる年に1度の祭典は、今回も大盛況。
 


会期前半の県南20市町村の物産展に出かけてみました。
会場内では郷土芸能の披露ゆるキャラショーもあって、
朝早くから大勢の人で大賑わい。



 
人混みをかき分け、物産ブースを覗いてみると・・・。
 
 
 
おっと、これは今売り出し中の八戸前沖サバで作った
焼き鯖寿司ではないですか。
                 どれどれ、お味の方は・・・。
WOW、これは旨い!脂ののったサバの旨さがグンと
前に出てますね~。

 
 

こちらは福ロウが出没した東北町食の味力発見!
振る舞われたモクズガニのガニ汁
お~、この濃厚な味と独特の風味!他では味わえません。

 
 
 
そして、これが今年ブレイク間違いなしのご当地グルメ、
三沢市パイカ鍋
豚バラ軟骨の煮込み料理なのですが、これがまたなかなかイケる味なんです。
いや~、やわらか~い!
よく煮込んであって、口の中でホロホロと崩れていきます。

 

最後はこちら。横浜町びっくりホタテバーガー
陸奥湾産ホタテのフライを贅沢に使ったハンバーガーで、
ボリュームと味は抜群!
これも旨かったー!

 
 
        さて、お腹もいっぱいになったところで、館内をさらに散策してみると、
                                    47CLUBでおなじみの物産を発見。

 

 
まずはふかうら開発つるつるわかめ
ダイエットにも効果ありと、ただいま人気上昇中です。

 
 
 

 
そして、出ました!
青森県が誇るソウルソース、上北農産加工
スタミナ源たれ

 
 

 
 
こちらにはJUNも絶賛したイゲタ沼田焼竹輪工場田酒の粕漬けが-。

 
 

 
煮干ダシで青森ラーメンを全国区に押し上げた長尾中華そばも人気です。

 
 
 

 
そして、いまや青森みやげの代名詞的な存在になったラグノオパティシエのりんごスティックは、ドーンとコーナー正面に鎮座していました。

 
 
 
さて、こうして振り返ると青森県が誇る「旨うま」の実力は底知れぬものがありますよね。
果たして、今年はどんな美味しさに会えるのやら、ますます楽しみになってきました。
2013年も青森旨うま日記をよろしくお願いいたします。

 

新春に 寿ぎ添える 県産品

あけましてごちそーさまでした!


昨年は47CLUBをご愛顧いただきありがとうございました。今年もさまざまな地元の逸品を紹介してまいりますので47CLUBのお取り寄せをぜひ、ご利用ください。

旨うま日記の登場はひさしぶり、なりなりです。


私は、「雪にあたらないように歩く検定 1級」を保持していますが


今冬の雪の多さは、さすがによけきれません。


さて、この日は私が燃費モニターで乗っている
愛車のプリウスでタブ郎さんと外回りをしていまして。


プリウスの燃費について詳しく知りたい方はこちらからご覧いただけます、はい。


今日のランチは「長尾中華そば」でと決め込んでいたものの、
ついつい仕事に熱が入り、ランチタイムを逃してしまいまして。


ようやくお店にたどり着いたのは、午後2時をまわった頃でして。


完全にお腹はグルグルです、はい。


車をとめて、目に飛び込んでくる看板。


これです。
47CLUBでお馴染みの
「長尾中華そば」


看板を見ただけで、既に口の中は煮干しの味でいっぱいに。

あれは「あっこく」?
それとも「つけだし」
ですか?


お腹が減りすぎて、看板がラーメンに見えてきました。

 
 
ふらふらと近づき、看板を食べてしまいそうになった、その時。目に飛び込んできたのは


『お店の味をそのまま冷凍にて発送致します。』
47CLUB 長尾中華そばで検索...。


47CLUBの宣伝を
しっかりしてくれています。

看板に礼!! ぺこりっ。

 
 
 
早速タブ郎さんとお店の中へ♪  この香りがたまりませんです、はい。

午後2時を回っているというのに、お店は「長尾ファン」で賑わっておりまして。


←タブ郎さんは「あっさり」
↓私は「こく煮干し」を頼みまして。 

おいしそうです。

このチャーシューがまた、旨い。
麺はもちもち。

 
 
 
 
 
そしてスープ。

はふんっ

うまいですね~。

 
 
 
 
「長尾のタネ」みたいなのが発売されたら、是非畑に植えたいところです。

収穫期には、畑一杯に丼ぶりごと長尾中華そばが実ります。まさにそこは桃源郷。


そんなオバカなことを考えているうちに、あっという間に完食しました。


クセになる味です。


そんな「長尾中華そば」の味がそのまま自宅に届く。
 

なりなりのように『はふんっ』と言いたい方はこちらから。

47CLUBでお取り寄せできます。


新年明けましておめでとうございます。
どうも、JUNです。

お正月はいつもどおり、八戸市の実家で年越し。
昨年と違い、 今年の八戸は雪もなくて穏やか~。 


昨年の正月は大荒れの天候で、
三戸の方では大規模な停電もありましたからね。 



 

(昨年の様子 ⇒ )

    何はともあれ、穏やかな良いお正月でした。 


 
★★★ 少し戻って昨年の暮れ、
    正月休みで青森市を離れる前に、やはり一年の締めくくりに、
    2011年最後の煮干しラーメンを食べに行きました。

    帰省中は、好物の 煮干し風味のラーメンは食べられないし、、 
 


★★ 煮干しラーメンと言えば
   もちろん 「長尾中華そば」しかないでしょう。 
 
   昨年12月上旬にオープンしたばかりの 青森駅前店

   あの味が中心街で食べられるのは、
           ファンにはうれしい限りです。 


 
 
 
アウガに接する店舗は、JR青森駅からも近く、
(← 店舗前からの風景、あちらが駅ビル ラビナ)



  仕事納め直前のとある平日、 コンニチハ~。
 
   フ、フフ、 この匂い、この匂い。 

      深呼吸、深呼吸
 
 この日はタブ郎さんと福ロウと、3人です。
 こうなるとやはり、
    定番の 「こく煮干し」「あっこく」「あっさり」をそれぞれ注文ということになりまして、 
 


おっと、タブ郎さんは 「こく煮干し」
サービスのライスも追加で。

 スープの色もかなりワイルド。
 男らしい組み合わせですナ。
 
 
 


お、福ロウは西バイパス本店のときと同様
再び 「あっこく」をオーダー。

「あっこく」好きだねぇ。

眼がイキイキしてるもんね。 



 

     で、私は基本の 「あっさり」。

         フホッ

どうですか、コレ⇒

澄んだ上品なスープ

ほんのり桃色 絶品チャーシュー


 
  
ご馳走様でした~、これで心置きなく正月休みに入れる。


煮干しエキスが体内に充満、 5日間は持つナ。


★とまぁ、そんな年の瀬のひとときでした。 

 
 
津軽の煮干しラーメンと言えば、

47CLUBに出店中の長尾中華そばでお取り寄せ。


まるでお店で食べてるかのよう・・・ ♡。

あっという間に、11月も半ば☆ 旨うま日記の登場はお久しぶり、福ロウでっす☆
 
今日は、10月にワタクシ福ロウ
東京に出張しちゃいまっした話から☆
 
なんと、初の一人出張でっす☆
 
東北新幹線「新青森駅」から、東京へ☆
 
 
                  じゃじゃ~んと、こちらっ☆
                  東北新幹線「はやて」で出発☆

 
出張なのに、何だか
すっかり旅気分っ☆



で、着いちゃいまっした☆
 
花のお江戸「東京」でっす☆
 
さてさて、まずは銀座にあるという、我らが
東奥日報社の東京支社へ向かわなくっては☆





しかしながら、初出没の銀座・・☆


平日というのに、人が多いっ☆

ようやく銀座四丁目の交差点っ☆



  目印の時計台を背に、
  七丁目方面へ・・☆

 
どこかな? こっちか☆
 
やっと見つけまっした☆

このビルでっすな☆
 
エレベーターに乗りまっして、と☆

ど~もっ、本社から参りまっした、ワタクシ福ロ・・
 
                     あららっ? まさかの、らぶりんさん?
 
   青森でもまだお会いしたことなかったのに、驚き☆

   っということはここは、もっしや・・?

   あららっ、フロアを間っ違えまっした☆

   なんと、青森放送さんの東京支社も同じビルとは☆
 
                                   じゃ、らぶりんさん、また会いましょっね☆
 
さてさて、無事に東奥日報の東京支社に到着後は☆

支社営業部の皆さんに、歓迎会を開いていただきまっした☆

会場は、新橋駅から徒歩数分☆
 
現代青森料理とワインのお店
「ボワ ヴェール」さんでっす☆
 
青森県産の食材を、いろんなアレンジで
提供してくれちゃう人気のレストランっ☆
 
青森の地酒も揃ってるんでっす☆
 
 

          早速、大好きなビールで乾杯でっす☆
 
            今日はあっりがとうございまっす☆
 
ビールにぴったりのお料理が続々登場っ☆ 
 
深浦産のヒラメの
カルパッチョや・・☆


藤崎町(旧常盤村)の地鶏
「護摩姫鶏(ごまひめどり)
ローストっ☆

・・・?!
 
なんとも、香ばしいっ☆

護摩姫鶏、初めていただきまっした☆
 
 
 陸奥湾産の姫帆立のエスカルゴ風鉄板焼は
 フォッカッチャと一緒にっ☆ ビールに合うっ☆
 
 
美味しいお料理と
お酒をすっかり堪能っ☆
 
 
最後は、さっぱりとした
日本酒のシャーベットも☆

 
 
                   オーナーの川口シェフ
 
        ど~も初めまっして☆ ワタクシ、
        東奥日報の営業マン福ロウでっす☆
 
        東京支社に転勤なんてことがあったら、
        ぜひ福ロウもお世話になりまっす☆

 
すっかり東京が気に入っちゃった福ロウ

支社の皆さんお忙しい中、あっりがとうございまっした☆
 

さてさて、東京と言えばこちらも☆

10月に、東京から出張で青森にお越しいただいた、D社のF井さんっ☆


東京では珍しい、煮干ラーメン
一度は食して帰りたいっということで☆
 
47CLUBでも青森発の話題商品として人気上昇中の「長尾中華そば」さんの西バイパス本店へ☆
 


                店内の壁には、全国の有名店の
                カップ商品ラベルがたっくさん☆

 
関西出身のF井さんは、青森独自の文化、煮干スープのラーメンにいよいよ期待が高まってるようでっす☆
 
 
                    麺の太さ、スープの" 煮干し度 "を
                    お好みでチョイスできちゃいまっす☆

           

こちら、タブ郎さんは・・☆
 

澄んだスープが美しい、
定番の「あっさり」を☆
 

「いつ食べても飽きの来ない、ほっとする定番の味だよ」
 
 

             F井さんは、煮干ラーメン通のJUNさん絶賛「こく煮干し」に挑戦☆
 
 

このてんこ盛りの煮干しからのエキスが・・☆
 

ギュギュギュ~、ジュワジュワジュワ~となった逸品っ☆
 
 
「ようやく食べることができました~、感動です!」

 
昨夏の出張で青森にいらして以来の課題っ、念願叶って感激のご様子っ☆
 

ワタクシ福ロウは、女性に人気という
「あっこく」を頼みまっした☆
 
あっさり&こく煮干しのWスープっ☆
 
絶妙なバランスでっす☆ 
 
 
      さてさて、この後、飛行機で帰京のF井さんっ☆
 
      お土産にと、しっかりこちらをゲット☆

      47CLUBでも人気上位の「こく煮干し」
 
      常温保存が可能でっすから、東京のお家でも
      この味を楽しんじゃってくだっさい☆

 
煮干し味がやみつきになっちゃったら、次回購入はぜひこちら
お取り寄せサイト>>47CLUBの長尾中華そばから☆

9月だというのに、なんでしょうかこの暑さは。

こんにちはJUNです。

西向きの窓から、熱風が ふぉ~っと入ってきます。 



 
引き続き長尾中華そばお取り寄せから、

唯一 常温保存 が可能な

お土産用『こく煮干し』生麺セットのレポート。


 一ヶ月以上も常温でもつのだそうです。 
  これは便利。


 
常温OKとはいえ、このところの異様な暑さ。

念には念をで、ワインセラーの中で一時保存してました。

カボチャの姿も、、もはやこのワインセラー、何でもアリですな

 


 
・・・・しかしながら

 長尾ファンの一人としては、何となくこの商品には手を出す勇気がなかった というか、、

  それはやはり、
          常温保存という 《 利便性 》 と引きかえに、
         ラーメンとしての 《 大切な何か 》 を犠牲にしてしまっているのではないか
、 と 
  


        ま、大仰な懸念はさておき、
 
            箱の中身はこんな感じ。

            なかなかの高級感です。

             4人前入りで、麺とスープのみ。
            具材はお好みで準備です。
 
 
「ウェーブ麺」の表記のとおり、麺はこんな感じ。

この生麺はかなり 旨そうですねぇ~。

見るからに好みです。



 

  冷凍パック同様、調理は超簡単。
   スープの素をお湯で薄め、そこに茹でた麺を入れるだけ。
 
    またしてもここで、煮干しの芳香が鼻腔を一気に駆け上がり、
    テンションが上がります。


 
約2分、そろそろかな、 
 



できたー

どうでしょうか。
 
 
 


 
   ♪♪  ほほ、参った                              麺リフト図 ↓

 予想をはるかに上回り、と言っては失礼ですが、かなり旨い

   値段も考えると、このコストパフォーマンスは驚異的です。

              まず、見た目の期待通り、 麺がウマい。
     食感はお店で食べるものにかなり近いように思います。 


 
スープも驚き。

お手軽な薄めるタイプなのにこの再現力・・・
しっかりと煮干しの風味が感じられるのです。

濃縮化した製造会社の開発力にも脱帽です。


恐るべしニッポンのものづくり、 プロジェクト X ものですな。
 

 
                    ♪♪♪ ごちそうさまでした~。 
 
 
 
青森の煮干しラーメンを味わうのなら、

47CLUBに出店中の長尾中華そばで。

今なら、割引価格の3箱セットがオススメ。
このセットなら、なんと1食当たり約250円。

こんにちは、JUNです。


  北国の短い夏のクライマックス 、


  しかし 暑いですね~。 こんな日はやっぱり、ざる蕎麦が最・・・・、


いやいや、、真のラーメン党は気温に関係なく 熱いラーメンをすするのです



パンチの効いた煮干し風味が鮮烈だった
「こくにぼし」に続き、

お取り寄せ煮干しラーメン
「あっさり」と「あっこく」のご報告。


  

 
                         しかしながら、うだるような暑さ・・・・


 ささやかな抵抗で、
  涼しげな器を使ってみました。

 パスタなどを盛る器ですが、どうでしょう、
 視覚効果狙いで・・・・
 

 
 

                 前回同様、調理はとても簡単。

                        スープを温めて、
 
                     茹でた麺を入れるだけー。
 

 
 


「あっこく」出来上がり~。
何となくオシャレな仕上がり、フフ。

 ネギを入れて、

 

これで
パーペキ ( 古っ )

 
 
 
 

続いて 「あっさり」も、出来上がり~
スープが澄んでますね。
 

  
  ♪ ♪ ほほいいですねぇ。

   名前からも想像がつくとおり、煮干し濃度でいくと、
         こくにぼし > あっこく > あっさり
   となるわけですが、

「こくにぼし」のパンチはもちろん、 「あっこく」の丁度よいバランスもいいですし、
「あっさり」の 味の透明感も捨てがたい。

さすが "長尾中華そば御三家" 。
 

★ごちそうさまでしたー。
 



どれにするか迷ったら、
3種類のスープを一度に味わえる、
送料無料のお得なセットがおススメ。

お求めは、

47CLUBに出店中の長尾中華そばで。

   こんにちはJUNです。

     待ちに待った休日、 気温 摂氏23度。 


あぁ、煮干し日和。
 

 
というわけで、煮干しラーメンお取り寄せレポートの再開です。

 
 お取り寄せの中身は、①スープ ②麺 ③説明書 と、
 いたってシンプル。
 要は ストレートスープを温めて、茹でた麺を入れるだけ。

 変に手を加える必要がなく、
 誰でも正しい調理法で楽しむことができます。
 
 
 
      説明書によると
        「「チャーシューとメンマは
           スープの中に入っている」

                     とのこと。
 

 
 

  あ、本当だ。

  見えますか、 琥珀 みたいですね。 
 
   まさに ジュラシックパーク状態。


 

今回は、注文した全3種類のスープの中から、
" 長尾中華そばと言えば " ということで 『こく煮干し』 を選択。 (個人の感想によるものです)
 
 まずは凍ったスープをパックのまま解凍して~
 
   
 
 


 
 
 


         とけたらスープを出して、鍋にうつして、、、

 
            、、オッ、ここで 一気に拡散する上質な煮干しのアロマ

                              テンションが上がります。


 

麺を茹でて~


                   デキター

  

                    

お好みでネギをどうぞ。

 


  フフン ♪♪ 
   いやぁ、やっぱしイイねぇ 
       煮干しが五臓六腑にしみわたる、とでも言いましょうか。


  ホントにお店で食べてるみたいですね。

  まず、スープと麺の感じはお店の味と同レベルと断言してもいいでしょう。
  チャーシューは、お店で出てくる切りたてロースが もはや宇宙レベルなので、
   それと同じとまではいきませんが、まぁ、市販のものとは明らかに違いますナ。

  お店と同様、2種類のお肉のチャーシューが入っていました。 さすが、抜かり無し。

ごちそうさまでした~。

                     また食いたくなった。

                     明日お店に行こうっと。


青森の煮干しラーメンを味わうのなら、

47CLUBに出店中の長尾中華そばで。


全国のラーメンファンの皆さん、絶必です。

KENYouTubeに登場でしたー!

ご無沙汰しました、KENでしたー!
最近、更新がないので忘れられかな~?反省・・・。
そこで、名誉挽回!
我が社の草食系ブロガーの中で影が薄いKENが、満を持して紹介するのはコチラ!!
 
ネット検索大手Googleから「東日本営業中」と、今すぐ検索!
47CLUBに出店中の青森の匠たちが、ナ、ナントいうことでしょう、世界一有名な動画投稿サイトYou Tubeに登場しているんです!そのワケは・・・・・。

 

東奥日報社をはじめ、東日本大震災で被災した地域の7つの新聞社とGoogleがタッグを組み、被災地で商売や農業に携わる方たちを応援する「ビジネス支援チャンネル」が、You Tube内に開設されたんです。
 

わが47CLUB青森から登場しているお店は-


 
青森市から①青森の食材で美食家をうならせるフレンチの名店レストラン ドゥクロッシュ
 
 



47CLUBには満を持しての新規出店。煮干しのパンチが利いた津軽ラーメンが地元客をとりこにする長尾中華そば
 
 
 
 
むつ市からは③大間のマグロ陸奥湾産の
大粒ホタテ
などを提供する下北名産センター
 
 
 
 
 
七戸町からは④献上銘菓・駒饅頭が看板の
スイーツみやきん
 
 
 
 

 

⑤そして、奥入瀬珈琲のむヨーグルトでお馴染みの 十和田市の道の駅奥入瀬ろまんパーク
  
 
 
 

以上、いずれも青森の「旨うま」を扱う人気の5店舗です。
 
 
撮影には、タブ郎さん、JUNさん、福ロウといった草食系男子たちがすべて立ち会ったんですよ!
「You Tubeビジネス支援チャンネル」のページから、各店名もしくは「青森県」と入力して、検索ボタンをポチッとしてくださーい。
 

ちなみに、KEN下北名産センターにお邪魔しました。東奥日報の本社がある青森市から、クルマで2時間。お店に入ると、ホタテの詰め合わせや、水槽を泳ぐ(?)カニがお出迎え。
 
 
 
そのほかにも広い店内には、本州のてっぺん・下北の海や山の幸が目白押しで、まさに、「まさかり半島の恵みが詰まった宝石箱や~!!」と面前で叫ぶのは、こっ恥ずかしいので、胸の中でとどめておきました。

 
イージュー・ドライバーKENを出迎えてくれたのは、社長の菊池俊明さん。
同行した弊社の女性カメラマンのSさんの、ディージュー(20代)らしからぬ巧みな指示とカメラワーク(?)で、菊池社長の熱意や人柄の良さ、活き活きとしたカニの動きなどが詰まった動画に仕上がりました。
 

「You Tubeビジネス支援チャンネル」のページから「下北名産センター」と入力して、検索ボタンをポチッ、ポチッとして、お楽しみくださーい。

以上、久々KENの名誉挽回報告でしたー!
 
 
 

下北名産センター47CLUB青森にも出店中!今年のお中元にはぜひ、下北半島の海と山の恵みを!

こんにちは、JUNです。

いよいよ暑くなってきましたねぇ。 

私のようなラーメン好きには厳しい季節の到来です。 

  

が、額に汗し、脇に汗し、背中にシャツをピッタリ貼り付けて麺をすするのが、
真のラーメン党なのです。

  
  ★ なぜ、こんなめちゃ暑い日でもラーメンを食べるのか......。


Because it is there

                                               キマッた

 

 
 というわけで、先ごろ満を持して47クラブに出店した
「長尾中華そば」(青森市)でお取り寄せしてみました。

 青森市で "長尾の煮干し" と言えば、
   ラーメン好きでなくともその認知度はほぼ100%。 
 

 お店では何度も食べていますが、
    ウマイよね~

   この言葉でしか表現しようがないんですよね~。

 
常温保存可能なお土産用もおすすめですが、
今回は冷凍パックの「お店の味の再現性」

  チェック。
 

  長尾ファンとしては、
  非常に興味のあるところ。 
 


スープは3種類から選択可能。 

基本は、4種類の煮干しから丁寧にダシをとった
  「あっさり」。

そこに動物系の上質な白湯スープを合わせた
   Wスープの「こく煮干し」。 

この2つの中間の「あっこく」。
 

おっと、麺の種類もお好みで選べるんですね。

  いやぁ、どれにしようかなー。 
 
      迷うなー。
 

 
 
 
 
 
迷ったので全部、ポチっとな。  


 

夜中に注文しましたが、次の日すぐに "発送しましたメール" が来ました。
素早い対応。 お取り寄せはこの辺の対応も重要な評価ポイントですね。


 
 ★★ で、その次の日、  来たぁ~

       フフ、フ。
   
          ひとまず大事に冷凍庫へ。
            週末までゆっくり待ちましょう。 麺も のびないし。
   
               続きはまた後ほど。



青森の煮干しラーメンを味わうのなら、

47CLUBに出店中の長尾中華そばで。


自信をもって、オススメします。