【スマートフォン版はこちら】



あおもりよんななショップ一覧

-プロフィール-

モヤ王 モヤ王
趣味はマラソン、スキーと青森の大自然が生んだネイチャーボーイ。趣味のためならストイックなまでに体をいじめぬく。郷土の食材をこよなく愛する生粋の青森人。

JUN JUN
青森のご当地ラーメン「煮干しラーメン」が大好きな営業主任。青森市内ランキング付けに余念がない。

マコト マコト
売り上げよりも体重の右肩上がりが気になる二児のパパ。特技のカラオケでは深夜2時に90点台を叩き出す。

福ロウ 福ロウ
後輩ができて遊びグセにますます拍車がかかるお気楽営業部員。自身のブログ「あおもり☆満福☆ランチブログ」は、地元のビジネスウーマンとゆるキャラファンに大人気。

リンタロー リンタロー
ピッカピカのルーキー!すでにブログにも登場し、これからの成長が楽しみな新人。日々行動を共にしている福ロウ先輩からの無茶ぶりも難なくこなす。

つっちー つっちー
東京から援護射撃。おいしさと美容と健康を追求した「食」へのこだわりが強く、47CLUBのチェックには余念がない。遠方からの心強い応援団!

ジョシマル

あおもり☆満福☆ランチブログ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

47ブログサミット

秋田
山梨
高知


お知らせの最近のブログ記事

なりなり なりなりの国から

密かにはじまった、なりなりの旨うま日記。はじめまして。
以後よろしくお願いいたします。

 
私なりなりは、ひなびた系の温泉探訪と農業が趣味でして。

 
週末となると温泉へ出掛けたり、農業に精をだしたりしていて。

じゃがいも、とまと、キャベツ、きゅうり、ピーマン、ナス、トウモロコシ、ゴーヤ、ズッキーニ...。まあ色々つくっていたわけで...(北の国から風)

 
1-1.jpg   形から入るなりなりは、作業服
   と麦わら帽子、クワ、草刈カマ
   などを買い揃え
、小屋に肥料
   やら石灰をたっぷり詰め込み
 
 

 
土を耕し、苗を植えて雑草と闘い
ながら、むくむく育つ野菜たち。 
 
きれいな花を咲かせるオクラがあれば育ちすぎて、ズッキーニがこんなことになってしまったり。原人が好みそうな形してます。
 

 

 
 

まあ、、農業は育てる喜びと収穫の喜びがあるわけです。 
収穫したお野菜たちを、たっぷり使って冷製パスタをつくって
みたり。


これがまた、旨いわけで。

 
 

てなことで、自己紹介。なりなりは、こういう人です。スローなことが好きなんですね。

いま来春にむけて、新たな畑をお探し中。それまでは、県内あちこち温泉めぐりかなっと。

そんな、なりなりは今日も青森の旨いものを47CLUBでチェック中!!

タブ郎がんばろう東北

こんにちは、タブ郎です。

このたびの東日本大震災では、東北地方を中心に多くの方々が被災されました。
青森県も太平洋沿岸で大きな被害があり、いまだ復旧途上の状態が続いています。
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
   

 

47CLUBでは、被災者の方々の支援を行うため、義援金の募集を始めました。
被災地の一日も早い復旧と復興を願い、義援金へのご協力をお願いします。
また、震災の影響でご注文いただいた商品が指定日時に届かない場合がございます。
ご利用の皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご容赦ください。


東奥日報社にも、全国からたくさんのお見舞いや励ましを頂戴しました。
心よりお礼申し上げます。
Web東奥の震災特設掲示板「がんばろう東北」では、被災した方々への応援メッセージを
募集しています。ぜひ、励ましのメッセージをお寄せください。
各携帯電話のサイトからも投稿・閲覧が可能です。


「青森旨うま日記」のスタッフは皆、元気です!
これからも47CLUBで取り扱う「青森の逸品」をご紹介していきますので
変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます。

 
 
 

タブ郎待ちに待った開業です!

こんにちは、タブ郎です。

12月4日、ついに青森県民待望の東北新幹線全線開業の日を迎えました。
わが東奥日報もこの慶事をこれまでにないボリュームで報道。
別刷り特集はもちろん、スーパーパノラマシステムや初めての試みとなるビッグ号外で紹介したほか、Web東奥ではUstreamを使って喜びの県内各地をLIVE動画で配信しました。


 
こちらは開業に沸く新青森駅です。
 
 
 
 
 
 
駅舎の3階にあたる新幹線ホームには、ピッカピッカに磨かれて東京へと向かう「はやて」が!来年3月に新型車両「はやぶさ」が導入されると、新青森-東京間は最速わずか3時間10分に短縮される予定です。「はやぶさ」の雄姿を見るのも楽しみですねー!
 
 


2階のコンコースに降りると遠く市街を望む洒落た待合室やカフェ、売店があります。
           


ホームからのエスカレーターを降りたところには、青森らしく県の形を表した津軽塗りのモニュメントが。
 
 
 
 
 

 
そして、列車の旅の楽しみ「駅弁」もここに!

 

 
 
 
いやー、さすが食材の宝庫・青森
どれもこれもおいしそー! 
 
 
 
 
 
1階のエントランスでは「版画の街」青森市民の手による
大版画がお出迎え。
ここは待ち合わせ場所に良さそうですね。
 
 
 

             

そして、お土産売り場の「あおもり旬味館」大盛況!
 

            

山海の幸、加工品、スイーツ、地酒、工芸品・・・青森のありとあらゆるものが揃っています。
これはまさに「青森の宝石箱やー!」
 

        


              


         
 
 


正面入り口に出てみましょう。
シンボルツリーの「青森ヒバ」が印象的です。
 
 
 
 

    

駅前広場では開業記念の産直市を開催中。この日は来年3月に全線開業する九州新幹線鹿児島市と5年後に開業予定の北海道新幹線函館市がPRに訪れていました。
北海道から九州まで一本の鉄路で繋がる日も近いんですねー。

 
 


さて、4日は在来線の青い森鉄道も全線開業し、JR青森駅に隣接したウォーターフロント地区には、
「市場」「工房」の複合施設「A-FACTORY」
オープンしました。
 
 
 

           
八甲田丸や青森ねぶたの展示施設「ワ・ラッセ」とともに観光客の人気を集めそうです。
青森ベイブリッジ八甲田丸を望む絶好のロケーション。
木製デッキがウォーターフロントによく似合いますね・・・。

館内には県内各地から届いた新鮮な野菜や果物が。

 
 
 
 
 
こちらはB級グルメお鮨のイートインコーナー。

 
2階には地元の有名イタリアンレストランがカフェを出店。
                  
 
青森リンゴを原料にしたシードルの製造施設もあり、
2階のカフェで試飲もできます。  
 

新青森駅だけでなく従来の青森駅周辺もにぎやかになりそうです。
新幹線で青森へお立ち寄りの折は、ぜひチェックしてみてください。

 
 
さて、東北新幹線の全線開業で盛り上がる青森。
すぐには行けないという方にも、「旬の青森」をお届けするのが
47CLUBです。大間のマグロをはじめ、ホタテ、リンゴ、スイーツにいたるまでお取り寄せが可能です。
お歳暮にもぜひどうぞ。