とうおう旅くらぶ
東奥日報旅行センターのメンバーが旅行商品や観光部の日常を紹介するブログです。

■旅行案内
東奥日報旅行センターがご用意する国内・海外旅行プランはこちら!

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ






Powered by
Movable Type Pro

光り輝く! 夜も素敵なハウステンボス

| トップページへ

皆様こんにちは

青森の長い冬が終わり、やっと春がやってきました。
いかがお過ごしですか?

私の自宅のある青森市桜川には約1キロにわたり227本の桜が植えられています。
毎朝、桜並木の間を通って通勤していますが、この桜並木もそろそろ満開です。
普段は閑散としている通勤路ですが、この時期になると遠くから桜のトンネルを目指してこられる方々で混雑し、なんだか一大観光地になったようで嬉しくなります。
枝の剪定や冬場の雪おろしなど、多くの方が桜並木に手間をかけてくださっているからこそ、毎年、こんなにも美しい桜並木を通れます。本当にありがたいことです。


来週には弘前公園の桜も満開となるようで、当社のツアーも明日から乗船するセレブリティ・ミレニアムが青森に入港する28日頃には、クルーズで来られる方々にも青森の春を満喫していただけそうです。


さて、今日はハウステンボスの夜景をご紹介しますね。
ハウステンボスの夜景は昨年の10月29日から5月7日の期間限定で、世界最大級1300万球のLEDを中心とした電球によって、ハウステンボス内をライトアップし、昼とは違うゴージャスな雰囲気を醸し出します。

日が沈み、辺りがだんだん薄暗くなってくるとハウステンボス内がいっせいにライトアップされます。

DSC_0069.jpg

日本最大級30mの光の天空ツリーも見事です。

DSC_0094.jpg

シンボルタワー「ドムトールン」から高さ60メートルの光の滝がアートガーデンへと流れこみます。

DSC_0078.jpg


アートガーデンには「光のどうぶつえん」もあり、子供たちが歓声を上げていました。

DSC_0076.jpg

今年の光の王国には全長13m高さ6.5m、世界最大・世界初の「ロボットドラゴン」が登場しました。

DSC_0082.jpg

このドラゴン、クライマックスには火を噴く!と言われていたので、火焔噴射器のようにゴー!!と噴くのかなとドキドキしていましたが、大きなチャッカマンって感じで、ホッとしました。

DSC_0086.jpg


光と噴水の運河では時間によってショーが行われます。水中から輝く運河というのは世界初だそうです。

DSC_0089.jpg

DSC_0090.jpg


運河の奥に輝く観覧車が見えたので、さっそく乗ってみました。

高さ約48メートルの観覧車からハウステンボスの夜景が一望できます。地上を散歩しているだけでは見えない、ホテルアムステルダムやパレスハウステンボスまで幻想的な世界が広がります。

DSC_0072.jpg DSC_0074.jpg

小さなお子様からご年配のお客様まで年齢を問わず楽しめるのがハウステンボスです。
ぜひ一度、イルミネーションの時期にハウステンボスに足を運んでみてはいかがでしょうか?



お問い合わせ先:kankoblog120@toonippo.co.jp
※@を半角に直してお送りください