とうおう旅くらぶ
東奥日報旅行センターのメンバーが旅行商品や観光部の日常を紹介するブログです。

■旅行案内
東奥日報旅行センターがご用意する国内・海外旅行プランはこちら!

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ






Powered by
Movable Type Pro

大相撲五月場所と落語、東京大夜景ヘリコプター遊覧の旅

| トップページへ


皆様こんにちは

先の大相撲五月場所は大関日馬富士の初優勝でしたが、
当社ツアーは10日目本場所を升席で観覧しました。


国技館の升席の座布団に座り、お茶屋のお土産セットの焼き鳥を食べながらビールを飲み、
そして高見盛など郷土出身力士やお気に入りの力士が出たら思いっきり大声で「ケッパレ!!高見盛!!!!」と絶叫するのが正しい相撲鑑賞です。
もしかしたらその声援がテレビに流れているかもしれません。
また、力士の肌がきれいなことや歓声の大きさとヤジの声など何でもかんでもごちゃ混ぜにしたその場の空気はテレビでは絶対に体験できないでしょう。(当たり前ですが)
国技館前

当社の東京を中心としたツアーでは、歌舞伎座の観劇ツアーから世界の名画を鑑賞する美術館巡り、能舞台での狂言鑑賞など様々なコースを組み込んでおりますが今回は当社初のコースとして浅草演芸ホールで演芸を楽しんだ後、ヘリコプターで東京の夜間遊覧飛行を楽しみました。


浅草演芸ホールは落語ブームで、中学生の修学旅行の団体が来ておりました。
そんな訳で満員御礼です。
出演者は「笑点」でお馴染みの三遊亭小遊三、桂歌丸師匠のほか大御所の桂米丸師匠の噺で大笑いです。
ほかに漫才、漫談、曲芸・紙切りなどバラエティに富んだ内容でした。
浅草演芸ホール

寄席で大笑いし心豊かな気分の後は、初めての経験、ヘリコプターでの夜間遊覧です。
一寸緊張しました。
国際線のパイロットが言う事には「世界で一番きれいな夜景は東京」だそうです。
日没後の7時半ごろから順次、8人から5人乗りのヘリコプターに乗りました。
時速は280キロ、高度800mから宝石のように美しい東京の大夜景を堪能しました。

飛行コースはディズニーランド近くのヘリポートを飛び立ち(小さく夜のパレードと花火が見えました)、葛西臨界公園とお台場の二つの大観覧車を眼下にし、六本木ヒルズと東京タワーから折り返して新宿、秋葉原を周遊する15分間でした。幸いこの季節にしては最高の天候に恵まれ感動の遊覧飛行でした。

ヘリコプター

東京タワー

東京の夜景


お問い合わせ先:kankoblog120@toonippo.co.jp
※@を半角に直してお送りください