コンパス うま旨日記 ジョシマル

トップページへ

FDAで行く! ジョシマル岐阜ツアー潜入報告っ☆

※記事中のリンク先ページはスマートフォンに対応していない場合があります。

コメント(0)
本日、3月31日(火)、東奥日報夕刊で東奥小中学生新聞「週刊JuniJuni」

年度末だって、月末は恒例の福ロウ社会科見学の掲載がございまっして☆

20150331.fda9-2.jpgババンっと、非日常のド派手は画からスタート☆

こちら、愛知県の名古屋小牧空港でっす☆

後ろの機体はもっちろん、青森と名古屋小牧を結ぶ、
フジドリームエアラインズの飛行機でっしてっ☆




今回の社会科見学は、ジョシマルサイトでも話題沸騰の
「FDAで行く! 春の岐阜・東美濃 歴史・伝統・浪漫にふれる大人旅」に福ロウが密着☆

20150331.tabi20-1.jpg
えっ、社会科見学じゃない、ただの観光ではって?


まあ、そんな意見もあるなか、ジョシマル親衛隊長の福ロウが、
旅の同行スタッフを勝ち取れた経緯は・・☆

20150331.kaiso7-1.jpg
こちら>>3月上旬に遡りまして・・☆

で、ただの観光じゃないってのを証明すべく、紙面に載りきれなかった裏話をブログで☆


旅のスタート、3月8日(日)の朝はもちろん天晴れ快晴っ☆

20150331.kinai8-1.jpg青森空港発の名古屋小牧便の機内☆

このジョシマルツアーに協賛してくれたFDAさんが
しっかり、福ロウの座席もご用意くださいまして☆

ルンルン気分で旅がスタート♪


20150331.kinai8-2.jpg  前の席には、今回のジョシマルモニターツアーに
  見事当選された、ペア2組さんが座ってまっす☆

夫婦ペアと親子ぺア、4名の参加者さん
岐阜・東濃の魅力をたっぷり味わって♪



20150331.hanashisan8-1.jpg後ろの席だから、機内サービスも一番最初っ☆

FDAの客室乗務員、端無柚花(はなしゆうか)さんに、
お世話になりまっす、と福ロウもご挨拶しときまっす☆


んでもって、お待ちかねの機内サービス☆





20150331.kinaiservice8-1.jpg
FDAのオリジナルサービス、行きの飛行機では
春らしく、季節限定の桜のういろうが登場☆

本格的な静岡茶とも相性抜群っ☆

ほっと一息し、そうだそうだ、忘れてた☆


20150331.shirei8-1.jpg今回の旅の福ロウの役目は・・☆

これこれ、A谷部長からの
この3つの指令でっす☆

まずは指令①をオープン☆

なになに?


= 指令その① =
『名古屋小牧空港と岐阜県・東濃エリアの地理関係を解説せよ!』

ではでは、青森空港から名古屋小牧空港到着までの85分のうちに、解説しちゃいまっす☆


愛知県の北に位置する岐阜県、今回は東濃エリアと呼ばれる
県東南部の「多治見」「恵那」「中津川」の3市をゆっくり周遊するプラン☆

20150331.map13-1.jpg
名古屋駅まで直通バスで30分の名古屋小牧空港は、名古屋市の北に位置し、
岐阜県境とも近いってわけで、東濃エリアも高速道路を利用して、1~1.5時間圏内☆

地図をご覧いただければわかりまっすが、さらに足を延ばすと有名な下呂温泉や
世界遺産の白川郷などの観光にも青森-名古屋小牧便は便利ってわけ☆



20150331.fujisan8-1.jpgうわっと、そんなこんなしてるうち、
左手には富士山が見えてきました☆

写真じゃわかりにくいでっすが、
雲の上にちょこっと顔出してます☆




20150331.cyakuriku8-1.jpg  あっという間に、名古屋小牧空港到着☆

  乗るたびに機体の色が楽しみな、FDA機☆

  今回の行きの便は、鮮やかなレッドでっした☆




20150331.bus8-1.jpgさて、名古屋小牧空港に着いた一行は☆

これまった鮮やかなグリーンのバス、しかも参加者4名と
福ロウたちスタッフでの貸し切りでゆったり移動の贅沢旅☆


グリーンといえば、この方っ☆


20150331.green7-1.jpg
取材用のこのグリーンのリュックに隠れて
来なくちゃならんかと思ってたところに・・☆

事前にいいアドバイスで、福ロウ同行実現の
アシストをしてくれたS子記者も一緒でっす☆



で、実施後の取材企画掲載も兼ねたこのツアー☆

早速、最初の訪問地は、名古屋小牧空港から、高速利用で40分くらいのこちらっ☆

20150331.kappa8-1.jpg多治見市内に出没でっす☆

八戸でいうところの " いかずきんズ " 的な
かおりがプンプンの「うながっぱ」・・☆

なんと、やなせせんせー作と聞いてビックリ☆



っということで、多治見といったら、うなぎ、なんでっす☆

20150331.unagi8-1.jpgお昼は創業明治30年の老舗、
「老鰻亭 魚関(ろうまんてい うおせき)」さん☆

ジョシマル旅の醍醐味、ご当地グルメは
ぜったい攻めとかなきゃでっす☆



しかも、多治見ってところは美濃焼のふるさとってんだから、ハイっこれっ☆

20150331.minoyaki8-1.jpg 美しい、美濃焼の器で登場でっすよ☆

この地域の焼き物販売の拠点として栄えた多治見☆

商談の折、うなぎが好まれたから美濃焼の丼で
うなぎを食べるという食文化が根付いたのだそう☆



オープン・ザ・丼の蓋っ☆

20150331.unadon10-1.jpg
備長炭で焼いた香ばしいうなぎと
食欲そそるタレのいい~香り☆


20150331.kaisyoku8-1.jpg参加ぺア、初顔合わせのランチタイムでっすが☆

美味しい料理で会話も弾み☆

しかも、福ロウがたちが、珍しい
青森からやってきたということで☆



20150331.dessart8-1.jpgお店の計らいで、デザートにプリンをいただいちゃいました☆

うなぎの旨さに夢中になってた福ロウ、肝心のご主人の話はというと・・☆

四代目主人・村手洋之さんのお話は、S子記者
うなぎお預けでしっかり取材してくれまっして・・☆

こちら>>ジョシマルサイトのツアー報告ページで紹介☆



午後は、同じ多治見市内にある美濃焼の窯元「虎渓窯(こけいがま)」さんで陶芸体験☆


20150331.togei8-1.jpg陶芸家の若尾昌宏さんと圭介さん親子でやってます☆

本日は、圭介先生が指導してくれまっす☆

「よしっ、これで美味しいビールを飲む!」
張り切ってるのは、夫婦ペアの小野泰裕さんっ☆



20150331.kyosho9-1.jpg
巨匠感満載で、どっちが先生っ?

しかも小野さん(右)、初めてというのに
手つきもなかなか様になってまっす☆



そして、こちらは?

20150331.rokuro9-1.jpg親子で参加、娘の佐藤奈保子さん☆

容赦なく回り続ける電動ろくろと格闘中っ☆

先生もすかさず救助っ☆



で、皆さんの作品は1~2カ月程度で焼き上がったら青森県内のご自宅に届くそう☆


さてさて、さきほどの地図を思い出してくださいな☆

20150331.map9-2.jpg県境寄りの名古屋小牧空港から、岐阜を
東に進むのが今回の旅、ってんで☆

続いては恵那市でっすが、恵那市訪問は
翌日にとっといて、中津川市にGOでっす☆





というのも、1泊2日の今回の旅で利用するお宿が中津川市にあるわけでっす☆

20150331.naegijyo8-1.jpgで、宿に到着する前に、立ち寄ったのがこちらっ☆

お城マニアの間では " 天空の城 " と話題、
中津川市の国指定史跡「苗木城跡」でっす☆

中津川市内を東西に流れる木曽川の右岸、一段と高く
そびえる山のうえに天守跡の見晴台がありまっす☆





20150331.yamashiro8-1.jpg    下から見上げると、山城感が半端ないっ☆

    上まで結構距離ありそうってんで、
    参加者全員でひたすら歩きまっす☆




こんな大きな自然の岩を利用して、築かれてたお城☆

20150331.rock10-1.jpg
うううわわわっ☆


20150331.kesiki10-1.jpg 20分ほどかけて、ようやく上った見晴台では、
ご褒美に恵那山と木曽川の絶景が☆

こりゃ、スゴ~いっ☆

戦国浪漫ただよう、この景色☆



20150331.yamashiro10-1.jpg

木曽川から霧がたちこめる早朝には・・☆

ふもとから見上げれば、霞に浮かぶ城が
出現ってんで「霞ヶ城」とも呼ばれてるそう☆





20150331.camera8-1.jpgひたすら登って息がきれた福ロウ、取材担当の
S子記者も何とかシャッターを切り続け☆

そして、撮りながらまた、歩く、歩く☆




20150331.matte7-1.jpg  旅慣れた参加者の皆さんは、自然の岩と岩の間を
  すり抜け、下りもけっこうスタスタ行くんでっす☆

  パンフレットにあったキャッチコピー、こりゃまさに
  戦国アスレチックの苗木城、待ってくだっさ~い☆




2日目の馬籠宿と、この苗木城を案内してくれた中津川市観光課の石原美保子さんの
解説は>>ジョシマルサイトのツアー報告後編で詳しく紹介してまっす☆


さてさて、歩いて爽やか~な汗をかいた一行は、いよいよこの日の宿泊先に移動☆

20150331.hikiya8-1.jpg 8つの市町村が合併して誕生したという、広~い
中津川市、苗木城跡から車で北上しまして☆

その先はもう下呂温泉という加子母地区にある
「杣人の里・挽家(そまびとのさと・ひきや)」さんに到着☆

指令②は、1日2組限定という、里山の
おもてなしのお宿に関するものでは?



= 指令その② =
『女性に大人気のもてなしの宿、その魅力をリポートせよ!』


20150331.wagashi8-1.jpg こりゃ、もう、お宿のすみからすみまで
おくつろぎのとこ、ちょっと失礼しまっす☆

まずは、ウェルカム和菓子が登場っ☆



20150331.maneki7-1.jpg
広さ30畳のロビーで、旅の疲れをいやす、ほっと一服☆

おばあちゃんの世代から受け継がれてるという
素朴な置物たちも和モダンな雰囲気にマッチ☆


ゆったり桜のお菓子を楽しんで、それぞれお部屋にご案内☆

20150331.room11.5-2.jpg
明治時代の古い建物をモダンに改装したお部屋は、
どちらもゆったりの和室・和洋室の2タイプから選べます☆


んでもって、一番のお楽しみの夕食タイム☆


20150331.kanpai9-1.jpg一日の疲れも癒す、カンパ~イっ☆

参加の皆さん、和気あいあいの夕食シーン☆

おもてなしのお宿の夕食、和風モダンな
お食事スペースでいただくのは・・☆



20150331.dinner8-1.jpg自家栽培の畑でとれた野菜や季節ごとの里山の
山菜をふんだんに使った創作和食がメイン☆

どれもほっとするやさしい味つけ☆


そして、この地域の特産といったら☆

20150331.dinner9-1.jpgA5ランクの国産和牛「飛騨牛」でっす☆

写真は、撮影用に3人前ドドンっと☆

S子記者にお願いして福ロウも脇で
撮影班させていただきまっして、と☆



超豪華な夕食のラインナップ☆

20150331.dinner11-1.jpg
料理の詳細は>>ジョシマルブログにっ☆


20150331.satsuei8-1.jpg  って、リポートするだけじゃ物足りないし、
  同行スタッフとしてここは役得をでっすね・・☆

  S子記者、撮影後はジュジュっと飛騨牛を焼いて
  福ロウたちも夕食を楽しんじゃいまっしょうね☆


  「間もなく終わるよ、もうちょい待ってね~」


ってんで、福ロウもしっかり皆さんと同じごちそうをいただき☆

20150331.dinnerdessart8-1.jpg締めは、自家栽培の無農薬米のお茶漬け☆

そして、女性に嬉しい充実デザートも☆

白玉抹茶アイスにフルーツまで、
こりゃ男性も女性も大満足っ☆

じゃ、福ロウたちも離れのお部屋でゆったりしまっしょ☆



20150331.help7-1.jpgしか~し、取材業務で随行のS子記者は、本日取材したネタを
その日のうちにまとめとくってんだから、さらにここからひと仕事☆

福ロウ、役に立ちませんが、なんか手伝いまっしょか?

「はいはい、いいから、いいから」

じゃ、先にお風呂はいっちゃってまっす☆

20150331.furo9-1.jpg夜は暗くてうまく写らないだろからと、
明るいうちに風呂場は撮っときまっした☆

鉄分とラドン豊富な地下水を沸かして
入れてるという、ゆったりの貸切風呂☆


体ぽっかぽかで湯冷めなしでっした☆


20150331.ipad7-1.jpg
S子記者もお仕事終了して、続けてザブンとどうぞ☆

待ってる間に福ロウも、一応仕事してる
感じのアリバイ写真を撮っときましてと☆



そして、就寝前のお疲れ様の乾杯でっす☆

20150331.kanpai8-1.jpg「ソウル以来だね」

でっす、昨夏のソウルナイトも思い出しまっす☆

すっかりほろ酔い気分で
就寝しちゃったってんで・・☆



翌日から続く、2日目の旅模様は、また近日公開っ☆

でもって、ここで終わると『指令③』がクリアできてまっせんってんでオープンっ☆


= 指令その③ =
『3月25日にデビューのFDAの9号機、その新カラーを報告せよ!』


こちらは旅行後に発表になりましたので、取り寄せた資料でご報告っ☆

20150331.gold11-2.jpg
新登場は、メタリックに輝く「ゴールド」でっした☆

デビュー当日、記念すべき最初のフライトはなんと
名古屋小牧から青森空港だったんでっすね☆


そして、3/29から夏ダイヤスタートで、青森-名古屋小牧便は1日3往復に増便☆

20150331.time11.5-1.jpg
まっすます便利になったFDA名古屋小牧便で、楽しさ広がる自分だけの旅プランをどうぞ☆


今回、ご協力くださったFDAさんから、オリジナルグッズの読者プレゼント
「1/300エアクラフトモデル」と「飛行機ぬいぐるみ」をいただいてまっす☆


20150331.present10-1.jpg機体ごとに色が異なるFDAの飛行機、
プレゼントも当たる色はおっ楽しみに♪

各20名様、いずれか選んでご応募を☆

①住所 ②氏名 ③年齢 ④職業 ⑤電話番号⑥希望の
商品名⑦ご意見・ご感想を書いてハガキで下記へ☆



〒030-0180 青森市第二問屋町3-1-89 東奥日報社 営業局 「福ロウ社会科見学」係へ☆

2015年4月24日(金)必着☆ たくさんのご応募、お待ちしてまっす☆

コメントする


トップページへ