コンパス うま旨日記 ジョシマル

トップページへ

社会科見学! 大間・函館の新フェリー「大函丸」☆

※記事中のリンク先ページはスマートフォンに対応していない場合があります。

コメント(0)

ドドンっと、ゴールデンウイーク真っ只中って方も、注目~っ☆

東奥日報夕刊で毎週火曜日発行の「週刊ジュニジュニ」は、お休みしまっせんよ☆
 
20130430.gaikan8-1.jpgってんで、第23回社会科見学掲載でっす☆
 
本州最北端の大間町に出没しまして☆
 
大間・函館航路の発着港「大間港」で、4月18日に就航の
新フェリー「大函丸(だいかんまる)」を見学した時の話っ☆

 
 
20130430.tugarukaikyo8-1.jpg   大間-函館間のフェリーを一日2往復運航
   してるのが、津軽海峡フェリーさんでっして☆
 
   これまで活躍の船舶「ばあゆ」からバトンタッチし、
   新しいフェリー「大函丸」が華々しくデビュー☆


   航海時間も100分から90分に短縮され、より便利に☆
 
 
20130430.counter7-1.jpgこのたび、フェリーターミナルも新築され、
海を渡る旅のワクワク感も、さらにアップ☆
 

ここ、1階の発券カウンターの奥には・・☆ 
 
 
20130430.maguro8-1.jpg              巨大な大間マグロのモニュメントっ☆
 
                         こりゃまた、ドデカイっ☆
 
 
20130430.hukinuke8-1.jpg吹き抜けの2階からの
眺めも、迫力満点っ☆
 
 
大漁旗もカッチョイ~☆
 
 
20130430.kaikyobiyori7-1.jpg では、2階のご紹介も☆
 
 
            待ち時間は、海を見ながらお食事もできる
            「海峡日和」でのんびりってのもオススメ☆

 
 
20130430.baiten7-1.jpg売店もございまっして☆
 

オリジナルグッズはもちろん、こちら
下北半島の名産品も買えちゃいまっす☆

 
 
ところで、津軽海峡フェリーさんが90分でつなぐ、この大間-函館航路は・・☆
 
20130430.map8-1.jpg地域住民の生活にも欠かせない、大事な航路☆
 
1970年(昭和45年)に国道279号線の
海上道路にも指定されているんでっす☆
 
因みに国道279号線とは、函館から青森県の
下北半島を縦断し、野辺地町を結ぶ国道☆

 
 
20130430.jikokuhyo8.5-1.jpgこちらが1日2往復の大函丸の時刻表☆
 
さらに、津軽海峡フェリーさんでは、青森―函館
航路も1日に8往復も運航してるから・・☆

 
青森―函館―大間航路を活用し、津軽海峡を
ぐるり周遊しちゃう旅もオススメしたいところ☆

 
 
20130430.yokukitano8-1.jpgさて、就航日のこの日、函館からのお客さんを乗せた
大函丸を出迎えるのは、元気な大間町の皆さん☆
 
「よぐ来たの~」
 
大函丸も近づいて来て、皆でようこそ大間への旗振りっ☆
 
 
ところで、この「大函丸」の名称ですが、地元・大間町民からの公募で決まったそうで☆
 
20130430.yokoso8-1.jpg実は、1964年(昭和39年)の大間-函館間のフェリー
就航時から、24年にわたり計6隻に使われし名―☆
 

   町民の愛着も深いその名称「大函丸(当時の読みは、
   たいかんまる)」を、このたび復刻させたのだそう☆

 
 
20130430.cyomin7-1.jpgってんで、なんつっても町民の
皆さんの喜びも、ひとしおっ☆
 
おややっ、旗振りのお母さんたちを後ろから
もり立てる威勢の良い女性の声に振り返ると・・☆

 
 
20130430.simasan8-1.jpgこりゃ、2010年10月の食の味力発見で遭遇以来っ☆
 
   ご当地・大間町のまちおこしグループ
   「あおぞら組」組長の島康子さんっ☆
 
   ほっかむりが正装の島さんと、はいっ、オ・オ・マ☆
 
 
20130430.daikanmaru8-1.jpgさてさて、船がビタっと到着で、間近で撮影っ☆
 
大函丸は、全長約91m、総トン数1,912トン☆
 
旅客定員数は478名で、トラック21台
または乗用車60台が積み込めまっす☆

 
 
災害時は、救援車両や物資の搬送にも対応、陸上施設に水や電気も供給できるんだそう☆ 
 
20130430.boardingbridge7-1.jpg就航に合わせ、ターミナルと船をつなぐ
「ボーディングブリッジ」も新設されまして☆
 
大間で乗船の際には、ターミナルの2階
から雨にぬれずに乗り込めるようになり☆

 
 
20130430.jyokyaku7-1.jpg 着岸した大函丸からそのボーディングブリッジを通って
 いよいよ、函館からのお客さんが続々降りてきましたよ☆
 
                  おややっ、何か見たことある人も
                  ゲートから出てきまっしたぞ☆

 

これはこれはメタボ記者、いやいや、T記者じゃないでっすか☆
 
20130430.metabokisya7-1.jpg「この春から、むつ支局に転勤になりまして」
 
就航第1便を取材して戻ったばかりのところ
有無を言わさず、メタボ度合いチェックっ☆
 
旨いものいっぱいの下北半島でっすから、前任のN村記者
見習って、まずは大間マグロのようにドドンっと成長くだっさい☆

 
 
さてさて、お待たせしまっした、いよいよ船内の見学っ☆
 
20130430.barrierfree7-1.jpgこちら、エントランスからもすぐ近く、車いす専用の
スペースもある広~い「バリアフリールーム」☆
 
座席間隔もゆとりたっぷりだから、車いすの方と
付き添いの方がゆっくりと一緒に過ごせちゃう☆


 
20130430.freespace7-1.jpg  バリアフリーがコンセプトの新船「大函丸」だから・・☆
 
  開放的なフリースぺースも、段差無しのゆったり設計☆
 
             車いすが並べられる配慮もうれしいっ☆
 
 
20130430.magurotable7-1.jpg中央にあるこのテーブルは・・☆
 
大間のマグロがモチーフ☆
 
おしゃべりも弾みそうっ☆ 
 
20130430.escalator7-1.jpg 
   こちら、車両甲板からエントランスに通じる
   エスカレーターも、車いす対応の幅広設計っ☆
 
 
20130430.toilet7-1.jpg 
どんな方でも快適に使える、広々
バリアフリートイレもありまっす☆
 
ご高齢の方も安心でっす☆
 
 
20130430.firstseat7-1.jpg        さてこちらは、ゆったりくつろぎの旅に
        オススメの、快適なファーストシート☆
 
        プハ~っとテレビを見ながらのんびり☆
 
 
20130430.casualseat7-1.jpg 
若いカップル向けにはこちらも☆
 
お手頃価格の「カジュアルシート」☆
 
 
 
20130430.standard7-1.jpg  仲間でワイワイの旅なら、「スタンダード」がオススメ☆
 
  日本家屋を思わせる、木のぬくもりあふれる空間☆
 
                  広び~ろ、ゴロゴ~ロっ☆
 
 
20130430.jyoseisenyo7-1.jpgおやっ、こちらは・・?
 
「女性専用スタンダード」?
 
 
20130430.jyoseistandard7-1.jpg 
 
              今日は停泊中の見学ってんで、
              ちょいとのぞいちゃいまっす☆
 
 
20130430.jyoseigorogoro7-1.jpg 
ゴロゴロ~っと、こりゃまた女性の
一人旅でも快適じゃないでっすか☆
 
女性って羨ましい~っ☆
 
 
 
20130430.akacyanroom8-1.jpgさらに、小さいお子さん連れの
ファミリーにもうれしい配慮が☆
 
まずは、ママも安心の赤ちゃんルーム☆
 
流し台もありまして☆
 
 
20130430.omutugae7-1.jpg        もっちろん、おむつ替え台もございまっす☆
 
                 赤ちゃんも快適な船の旅~☆
 
 
20130430.familyroom8-1.jpgしかもしかも・・☆
 
こっちの扉を開けると・・☆
 
家族で寛げる「ファミリールーム」とも
つながってるって仕掛けなんでっす☆

 
 
さてさて、さらにここからが津軽海峡フェリーさんのすごいところ☆

 
20130430.dogroom8-1.jpg福ロウが以前見学したブルードルフィンと同様に
この大函丸も「わんこ対応」になったんでっす☆
 
愛犬連れにうれっしい、ドッグルーム☆
 
専用キー付きだから、安心っ☆

サイズは、幅44cm×奥行61cm×高さ51cmの
ケージに入る大きさの小型犬対象でっす☆

 
 
20130430.sodasitu8-1.jpg   こんなに設備充実で、快適な「大函丸」☆
 
   どんな船長さんがクルーを率いてるのか
   気になっちゃった、知りたがりの福ロウ☆
 
   今回もお願いして、操舵室にお邪魔しまっす☆
 
 
20130430.katanosencyo8-1.jpg片野聡史船長でっす☆
 
どうも初めまして☆ 
 
片野船長は、いつもこの大間-函館航路を?
 
「そうです、この航路の船長としては4年になります。
風の強い独特な航路なので、安全には常に気を使いますね」

 
 
20130430.sencyo8-1.jpg大変なお仕事でっすが、たくさんのクルーを束ねる
懐の深さを感じさせる、明るくユーモラスな船長☆
 
「新しい船で、より快適な旅を提供したいですね」
 
                    ぜひお願いしまっす☆
 
 
20130430.sogankyo7-1.jpg福ロウも、ちょっとだけ船長気分を☆
 
ノスタルジック航路「大間-函館」の
ますますの繁栄を津軽海峡に祈願っ☆

船長&クルーの皆さん、あっりがとうございまっした☆
 
 
20130430.omiyage7-1.jpg           さてさて、船内探検も終盤~っ☆

           旅の記念に、オリジナルグッズは、船内の
           売店でももっちろん買えちゃいまっす☆

 
 
20130430.kanpan7-1.jpgそして、これからの季節☆
 
甲板に出て、海峡の風を浴びながら
クルーズを楽しむのがオススメ☆

 
 
 
20130430.iruka7-1.jpg       5月~初夏にかけては、船と一緒に泳ぐ
       イルカに会えちゃうチャンスなんでっす☆


 
20130430.syaryokanpan7-1.jpgもっちろん、車両甲板に
車を積めちゃうから・・☆
 
この春は、フェリー×マイカーで
家族旅行ってぇのが、オススメ☆

 
 
そして、海を渡った函館にもいよいよ春が到来っ☆
 
20130430.tag7.5-1.jpg  こちら、津軽海峡エリアのフリーペーパー「Tug(タグ)」☆
 
              間もなく満開を迎える函館の桜情報や
              美味しいお店案内も満載なんでっす☆

 
    こちら>>津軽海峡フェリーさんのHPから閲覧可能☆
 
 
20130430.stamprally7-1.jpgただいま「海の国道スタンプラリー」も実施中☆
 
ウェブでの乗船割引、お得なキャンペーンの情報も
 >>津軽海峡フェリーさんのホームページで☆
 
と、ここで、大函丸の見学を終えた福ロウ☆
 
 
20130430.burutto7-1.jpg就航日の4月18日の大間は、まだまだ
風が冷たく、船をおりてブルルっと☆
 
 
20130430.tento7-1.jpgおややっ? 向こうの
テントで何かやってる?
 
 
                     もしや、無料振る舞い?
 
特設テントで、「ツルアラメすいとん汁」ってのを振る舞い中☆
 
20130430.arame8-1.jpgお手製のあったかご当地汁をいただき☆
 
モチモチつるりんのツルアラメ昆布の
粉末を練りこんだお餅がグッド☆
 
 
お母さん方、あっりがとうございまっした☆
 
 

さてさて、今回も津軽海峡フェリーさんから、うれしいプレゼントがありまっす☆
 
20130430.present9-1.jpg今日ご紹介しました、「大間-函館」航路の
親子ペア往復乗船券を、抽選で3組様に☆
 
ハガキに①住所 ②氏名 ③年齢 ④職業 ⑤電話番号
⑥ご意見・ご感想等も書いて下記へご応募ください☆

〒030-0180  青森市第二問屋町3-1-89
東奥日報社営業局「福ロウ社会科見学」係☆
 

5月24日(金)必着でっす☆ ブログをご覧の皆さんからのご応募も、お待ちしてまっす☆


コメントする


トップページへ