函館旅行体験記の最近のブログ記事

もう、来週からは9月になっちまうってんで、夏の思い出を整理中☆

20150828.kitsune9-1.jpg「何これ?キツネ?キタキツネ?野生?」

おややっ、M姉さん、いい質問でっす☆

ここんところ、ねぶたに花火神戸こぼれ話
遊んでばかり報告の流れついでに、本日は☆


福ロウの夏休み、0泊1日の弾丸ツアー
「ひとりグルメ旅サーカス」を、と☆

20150828.ferry7-2.jpg
お盆休み真っ只中の深夜1時半過ぎのこと☆


20150828.ferry9-2.jpgひとりグルメ旅サーカスの出発点はここっ☆

ズンっと出没したのは、青森市沖館にある
津軽海峡フェリーのターミナルでっす☆

ってことは、青森から3時間40分で行けちゃう
北海道っ、津軽海峡フェリーで函館へってわけ☆





20150828.gu-suka8-1.jpg
お盆期間中の特別ダイヤで、この日の深夜便担当の
新船「ブルーマーメイド」でグースカ寝てれば・・☆

朝6時過ぎには、函館山がもうすぐそこ☆




20150828.touyaku8-1.jpg
夜中に移動すりゃ、0泊の強行グルメ旅も
幸先いいスタートを切れるってわけ☆

ささっ、函館側のターミナルに着きました☆




函館の朝といったら、もちろんこちらっ☆

20150828.kaisendon9-1.jpg
まずは外国人で賑わう朝市で「海鮮丼」、
日本男児も定番は押さえておかなくちゃ☆

ウニ、イクラ、ホタテと具材もたっぷり☆

いきなり満腹満足の展開でっすが、強行スケジュールの
グルメ旅は始まったばかりってんで、ランチはこちら☆





20150828.beer8-1.jpg  早速これこれ、待ちきれなくての生ビールっ☆

  朝は我慢しときましたからね、お待ちかね、
  北海道限定のサッポロクラシック、生っ☆

    もう、この一杯のために青森からわざわざ
    夏の津軽海峡を渡って来ましたって勢いっ☆





ビールとともに、ジュジュっとジンギスカン定食っ☆

20150828.zingisukan9-1.jpg
これまた、北海道っぽいじゃあないでっすか、良し良し☆



20150828.nightspot8-1.jpg  夜は函館市中心部の飲み屋街をぶらりっ☆

  いろいろ旨そな店がいっぱいでっすが、
  やっぱり函館と言ったらイカでっしょ☆


ってんで、いか専門店の活イカで乾杯~っ☆

20150828.katsuika9-1.jpgうぉっ、まだ動いてまっす☆

透き通ったイカ刺しと、ここでも
もちろん、キンキンのクラシック☆

ゲソは厨房で揚げてくれて、
このあと福ロウが美味しく☆



20150828.kanpai7-1.jpg  「しかし、今朝から撮ってるのは飲んでる写真ばかりだよね」

  クラシックをちらつかせて強行ツアーにつき合わせたT美P
  せっかく来たんだから、グイグイ行っちゃってくださいな☆


  「星になれ!」って、例のあれでっすよ☆


星といえば、こういう素材ならありまっすよ☆

20150828.gotakun8-1.jpgあれれ、皆さんご存知ない?

青森の人には知名度まだまだか☆

ヒントはやっぱり、星、星形の城郭といえば・・☆

ハイ、せ~のっ☆



20150828.ikube8-1.jpgどわっ、見覚えのあるキャラも助っ人登場っ☆

五稜郭の星形頭巾をかぶって登場は、青森県の
観光キャラ、いくべぇさんじゃないでっすか☆


来年の北海道新幹線開業を控え、一足先に海を渡り、
青森県・函館DCマスコットキャラで活躍中ってわけ☆



んでお隣が、五稜郭タワーのキャラクターの
「GO太」くん、牛乳ビンじゃございまっせん☆

20150828.3shot10-1.jpg
新幹線新函館北斗駅開業を前に青函キャラ、奇跡の共演っ☆

観光関係者注目のスリーショット、決まったってとこで☆


20150828.simebeer8-1.jpg上機嫌で、青森行きのフェリーの時間まで、
まだあと1時間は行けちゃうぞってんで☆

締めの一軒、行きまっしょっ☆

本州に、戻る前にもクラシック☆

「まだ食べるの?」


20150828.ramen8-1.jpg
    五稜郭タワー近くの老舗っぽい
    中華料理店で、締めの汁麺っ☆

    ビールと言ったら、の追加注文☆



20150828.hoikoro8-1.jpg
締めのはずが、やっぱり回鍋肉~っ☆

ピリ辛で激旨な本格中華とともに刻む
クラシックの記憶、また来る日まで☆

いやはや、超満腹の1日4食達成っ、
滞在約16時間でこりゃよくやった☆



自画自賛&千鳥足で、函館の
夜空に掲げる聖火トーチっ☆

20150828.to-chi10-1.jpg
「これって、五稜郭タワーじゃ・・?」


そんなこんなで、函館ターミナルから22時過ぎの便で青森へ☆

20150828.dangan9-1.jpg1日休みがあれば達成できる、
函館弾丸グルメ旅のススメ☆

「ところで、さっきのキタキツネの
写真もホントに函館で撮ってきたの?」


もちろんでっす☆

まっ、気になる方は函館市内、くまなく探してみてくだっさい☆

ババンっと☆ もう今年はないだろと油断してた方! 出ちゃいまっしたよ☆
 
本日、12月27日(火)の夕刊で、今年最後の
週刊ジュニジュニ「福ロウ社会科見学」企画☆
 
なんと、仕事納めも近い年末のムードを
いいことに、今回は番外編での実施っ☆

 
大人の修学旅行、なぁんてことにして、ワタクシ福ロウが、
「津軽海峡フェリーで行く冬の函館」の魅力をご紹介っ☆
 
 
っということで、今日は、函館の見所ご案内に、ちょいとおまけの内容をプラス☆

なんと、3月初旬に実施してたチームA谷の函館部会の様子も所々挟みつつご報告☆
 
では早速、函館へ渡る船の旅を演出してくれるこちらのご紹介から☆
 
 昨年の夏に就航、上質な船旅が楽しめると
 好評の大型フェリー「ブルードルフィン」でっす☆
 
    わんちゃん専用のスペースも充実で、
    愛犬と一緒の旅行が楽しめちゃう☆

 


ブルードルフィンは、個室も充実☆ 
 
ホテルのように快適な、2名用の
「ファースト(大人5,000円)」が人気☆
 

      家族でゆったり
      過ごすなら・・☆

 
           4人用の「コンフォート(大人4,000円)」も☆
 
 
持ち込み可能なオートレストランなど、
うれしい船内の設備がいっぱい☆


さてさて、チームA谷の函館部会では、
どうしたか、といいまっすと・・☆
 
 

週末土日での強行につき、なんと朝5:20青森発の「びなす」を利用っ☆

グループ旅行におすすめの、広々2等室で寛いで・・☆
 
あららっ、缶ビールを空けたら到着までひと休み☆

これも、お気楽フェリーの旅ならでは☆
 
 それじゃ、ワタクシ福ロウは、
 デッキで海峡の風を浴び・・☆
 
             おっ、いよいよ函館山が見えてきまっした☆


到着後、函館駅前でのおすすめはコチラ☆
 
朝市名物の海鮮丼のお店が
連なる「どんぶり横丁市場」☆
 

    豪華な海鮮丼のお店がたっくさんで、迷っちゃう☆
 
 
 
  各店イチオシの海鮮丼を1,500円で味わえる
  「55GO!GO!キャンペーン」も実施中でっす☆

  おトクな企画は、2012年3月31日まで☆
 
 
さて、朝食後のチームA谷はと言いますと・・☆
 
函館名物の路面電車に乗って、
「十字街」駅へ移動でっす☆


異国情緒たっぷり、赤レンガ倉庫群のベイエリアに出没っ☆


まずは大人の修学旅行に欠かせない、製作体験からっ☆
 
 
「函館浪漫館」で、トンボ玉に挑戦するというK原主任を応援っ☆
 
先生がついててくれるから安心っ☆

バーナーでガラス棒の先端を溶かし、
もう片方の金属棒に巻きつけ・・☆

主任、ほとんど先生任せのような・・☆
 

                    お先に仕上げに取り掛かっている
                    こちらは、A谷部長っ☆
 
「できたガラスの球に金具を取り付ければ、ほら」
 
あらまっ、素敵な手作りストラップに☆
 
K原主任も、お留守番の奥様への
お土産がちゃっかりできたようで☆
 
 
 
    こちら、倉庫群の一角「はこだて明治館」では・・☆


オルゴール作りの体験ができまっす☆
 
好きな小物を選んで、お気に入りの
曲のオルゴール本体に接着っ☆

 
ベイエリアは一日遊んでても飽きないところ☆



お腹が空いたら・・☆

このエリアでのランチタイムは、「ブルームーンダイナー」がおすすめ☆

北海道ならではの食材がたっくさん☆
 
 
 
ランチもディナーも豊富なメニューに大満足の、ビュッフェ形式
 
 
 
お腹いっぱいで、ゆっくりお土産選びと一休みなら、コチラ☆
 
スイーツのセレクトショップ
「ルサマーヤ・スイーツ」☆
 
函館や道内の人気菓子がずらり☆

市内人気10店の生ケーキも食べられる、
魅力的なイートインでコーヒータイムも☆

 
 
       さて、この季節のベイエリアと言えば・・☆
 
        日没からは、さらにムード満点の、
        イルミネーションがとってもきれい☆
 

ロマンチックなこちらの光景は・・☆
 
2012年2月29日まで開催中の
「はこだてイルミネーション」☆
 
元町地区の坂道や公園に、
約5万個の電飾がキラキラっ☆

 
 
さて、チームA谷の旅行の方は、その後どうなってるかといいますと・・☆
 
夜は旅行前から計画してたコチラ、金森赤レンガ倉庫にある「函館ビヤホール」へ☆

こだわりの地ビールで乾杯っ☆
 
北海道ならではの「男爵芋と塩辛の波止場焼き」や、
ビヤホール名物の「ロングソーセージ」をつまみに☆
 
ささっ皆さん、今日のビール伝票担当はK原主任
でっすから、じゃんじゃん飲んでくだっさい☆

 
「まっ、まぁ、ゆっくり飲んでね・・」
 
こりゃ、メンバー全員、ビールが進みまっす☆
 
 
たっくさん食べて飲んで精算も終わり、仕上げはこちら☆
 
翌日のお楽しみランチの運命を占う、
恒例のカラオケ二次会で夜も更けて・・☆
 

       じゃ、締めのラーメン
       行っちゃいまっしょ~☆

 
ってんで、もっちろん、函館名物塩ラーメン☆
 
なんと、カラオケ優勝の
A谷部長のおごりっ☆
 
みんなで、あっりがとうございまっす☆
 

さてさて、超満腹でうっかりしておりまっした☆
 
 
函館でおすすめのお宿のご紹介、湯の川温泉にある「湯の川グランドホテル」さんでっす☆
 
 自家源泉が3本もあるという、豊富な湯量が自慢☆
 
    この地区で最も古い歴史を持つ、海に面した
    絶好のロケーションの温泉宿なんでっす☆

 
 
 
函館近海の魚介や、山の幸をバイキングで
たっぷり楽しめちゃうから、家族連れにも人気☆
 
 
 
翌日は、レンタカーを借りて、市内観光名所をぐるぐる☆
 
           元町散策で、ハリストス正教会や・・☆




郊外へ少し足を延ばして、
トラピスチヌ修道院も見学☆


 
  静寂に包まれる敷地内・・☆

 
                   訪問の記念に、ワタクシ
                   福ロウも、ハイポーズっと☆

 
 
散策途中にカフェでのんびりスイーツタイムも☆
 

落ち着いた、隠れ家的なカフェを
発掘しちゃうのも、旅の醍醐味っ☆
 

それぞれパフェやら
あんみつやら注文っ☆

 
 

続いてレンタカーで移動しましたのは、こちらも人気の観光スポット「五稜郭タワー」☆

市内の景色が一望できる
107メートルのタワー☆


      ではでは、みんなで
      展望台にGOでっす☆
 
      あっ、お願いしまっす☆ 
 

うわ~、五稜郭がくっきり☆
 
この景色はすごいでっすね、K原主任っ☆
 

因みに、五稜郭タワーから楽しめる
冬の恒例イベントもございまっして・・☆

 
 
   2011年2月29日まで実施中の「五稜星の夢(ほしのゆめ)イルミネーション」☆
 
   19時まで延長営業してる、この展望台から
   眺める星形の夜景が人気なんでっす☆
 
      「じゃ、今度はその時間帯にも来たいもんだね」

      次の機会にはぜひ☆ これはおすすめでっす☆
 
 
さてさて、チームA谷の函館旅行、2日目のランチはといいますと・・☆

函館は、福ロウも大好きな、函太郎さんの本拠地ということで、市内の「函太郎美原店」へ☆
 
念願の本場店舗への来店に、テンションが上がる一同っ☆
 
     前夜、課題曲対決で敗れて一日運転係となっちゃった
     特別参加のM姉さんを除いて、ランチビールで乾杯☆

 

ささっ、皆さん、たっくさん召し上がって☆
 
「何から食べようか迷っちゃうけど、やっぱり炙りは
外せない。飲めない分、食べるしかないな」

 
脂ののったサーモンや人気のえんがわを、
メンバー一同、炙りに炙りまくって・・☆

 
             主任っ、これで炙り納めでっすよ☆ 
 
 
    前夜のカラオケで、 " 炙り伝票(あぶでん) " 担当を
    割り当てられた、N田さんが冷や汗かいてまっすから☆
 

 
これまた、ごちになりまっした☆
 
「はいはい、いいんですよ。 ところで、皆さんの旅の終わりに、ちょっと珍しいお土産を手配してますから」
 
 
っと、あぶでん担当のN田さんに案内され、やってきたのは、和洋菓子「はこだて柳屋」さんっ☆
 
こちらで、1日50パイ限定という
名物イカがあるとか、ないとか☆



なんと、函館名物のイカをモチーフにした・・☆

                      「いかようかん」でっす☆


限定品だから、N田さんが予約してくれてたわけで☆
 
ギロっ
 
あららっ、目が合っちゃった☆

足の吸盤までとってもリアルな、コーヒー餡の
イカようかんを、メンバー全員お土産として購入☆
  
 
 
楽しかった函館の旅の報告もそろそろ終わりっ☆

さてさて今回の番外編でも、読者プレゼントが☆
 
おすすめ宿で紹介の「湯の川グランドホテル」さんから
いただいちゃいまっした、こちらを5名様にっ☆

五島軒との共同開発商品、
「旅で見つけた函館朝カレー」☆
 
今回も、ブログをご覧の皆さんへも
こっそり応募方法をお知らせしまっす☆

 

はがきに、①住所 ②氏名 ③年齢 ④職業 ⑤電話番号 ⑥ご意見・ご感想を書いて、〒030-0180 青森市第二問屋町3-1-89 東奥日報社営業編成局「福ロウ社会科見学」係へでっす☆
 
       そして、今回もご意見&ご感想、福ロウの似顔絵
       なんかを描いて応募してくれた方の中から・・☆
 
            抽選で30名様に、こちらもプレゼントでっす☆
            非売品福ロウオリジナルクリアファイルっ☆

 
来年1月26日(木)必着で、たくさんのご応募お待ちしておりまっす☆

「部内で誰でも見られる共有フォルダに、函館ってタイトルのがあるよね?」

あらっ・・、M姉さん・・。

「こないだまで函館旅行を報告してたけど、何やらまだまだいろんな写真があるんじゃないの」
 
    
 
あれれっ、バレてまっした・・? 実は2泊3日の旅でっしたから、ご報告しきれないあんなことこんなことがございまっして・・☆

ではでは、共有フォルダから、福ロウが函館を楽しんじゃった数々の画像が流出しちゃったっていうことにして、この際、秘蔵写真を公開でっす☆

「まぁ、勝手にやっておくれ」


ではではお言葉に甘えまっして☆

まず手始めに、函館といったら朝市でっす☆
 
朝市といったらイカでっす☆
 

スイスイ泳ぐ
真イカちゃん☆
  
 
 
 
 
 

広い市場の敷地をグルグルしまして、
お腹も空いて朝から豪華に海鮮丼をっ☆

ウニ、イクラに帆立のド丼ッと3色☆
 
お母さん~っ!

こちらのテーブル、イカソーメンも追加でっ☆
 
 
 
続いて、函館の名所と言ったら、忘れちゃいけない五稜郭でっす☆

2006年に新しくなった、高さ107mの
五稜郭タワー

         早速、展望台へ・・☆
 
         季節ごとに違った表情を見せる
          星の形の五稜郭公園☆

 
 
 
この季節、12月から来年2月末までは営業時間を延長して「五稜星の夢」開催中☆ 
 
地上に浮かび上がる大きな星形のイルミネーションと、函館市内360°の夜景を味わえちゃう☆

何ともロマンチックっじゃあないでっすか☆
 
 
 
展望台フロアには、暦女の皆様メロメロの土方歳三サマのブロンズ像が☆ ここはひとつ・・

イケメン副長の・・

肘と・・


肩につかまっての
記念撮影でっす☆

 
                              
 
                         激戦の箱館戦争の象徴っ☆

                         ズドンと重厚な大砲とも
                              パシャっと一枚っ☆

 
そしてそしてこの手のものは、
必ずやっときまっす、福ロウでっす☆ 
 
ここでっすよ☆ 
 
 
 
さてさて、五稜郭タワー見学の後、お腹が空いて向かった先はコチラ☆
 
青森県のタウン情報「コンパス冬号」ランチ特集でもお馴染み、福ロウが大好きな函太郎さんの、五稜郭公園店☆

グルメ回転寿司「函太郎」さんは、ここ函館生まれ☆

地元でも愛されてる人気店なんでっす☆

 
 
五稜郭公園店は、回転寿司のホールのほかに、大正浪漫をイメージしたこんな素敵な広間で会席膳が楽しめたり・・☆
 
 
お庭の見える個室で、
のんびりできたり☆

 
 
五稜郭公園店で人気のセットも注文しつつ、大好きな炙りシリーズも大皿いっぱいに別注っ☆
 
 
 

 

本場の函太郎での、大満足のランチタイム☆ 
 
これで、函太郎プレミア会員のK原主任への自慢話、いや土産話もできまっした☆
 
 
さて、最後はベイエリアの金森赤レンガ倉庫での体験もの☆

函館ヒストリープラザ棟の「函館浪漫館」で、トンボ玉とオリジナルキャンドルづくり☆

前回は、オルゴール制作体験をご報告しまっしたが、こちらも函館ならではっ☆
 
キャンドル・フク、癒しのオリジナルキャンドルで女子のハートをがっちり掴みまっすよ☆

まずは、売り場から好きなガラス細工を選びまっす☆

きれいな色の砂で、コップの中にグラデーションを描きっ☆

 

選んだガラス細工を砂の上に並べまして、と☆

スタッフのお姉さんが流し入れてくれたロウが固まるまで待ちまっす☆
 
 
さてさて、待っている間はトンボ玉に挑戦☆
 
こちらも色とりどりのガラスから好きなものを選んで・・☆

バーナーでとかして、鉄の棒に巻きつけていきまっす☆

先生がついててくれるから安心☆ 
 
 

さらに細い別の色のガラスでマーブル模様をつけまっして☆
 

                  ジュッと冷まし用のバケツに入れまして、
                  しばし待って完成でっす☆
 
 
オリジナルキャンドルも、とんぼ玉もうまくできまっした☆

福ロウをまねて挑戦したT美Pのとんぼ玉も
なかなか上出来じゃあないでっすか☆
 
福ロウのとんぼ玉はもちろん青色☆
 
旅先ならではの楽しみを満喫でっした☆ 

 
 
                                    帰り際に訪れた函館山からの景色・・。 

                 帰るのが名残惜しいでっす・・☆

眼下の元町地区の坂道に約5万個の電飾が輝くはこだてイルミネーション開催中の2月末までに、もう一回来たいもんでっす・・☆

もちろん、次回も津軽海峡を渡る快適フェリーの旅で☆

さてさて本日は・・☆ 昨日お伝えしたお得なはこなびのフェリーパックでの函館旅行の続き☆

     人気のベイエリア、おしゃれな雑貨やレトロなショップが
     たくさんの、赤レンガ倉庫群に出没でっす☆

 
 
行く先々で、福を招くふくろうさんがお出迎え☆

           
        青森県からフェリーに乗って
        やってきました福ロウでっす☆

 
 
今回の旅では福ロウ、ここでしかできない新しい挑戦も致しまっす☆
 
倉庫群の一角、はこだて明治館2階の工房で、
世界に一つだけのオルゴール制作を☆
 
明治44年(1911年)に函館に最初に建てられた
郵便局だった建物は、当時の風情も残しながら・・☆

 
今は硝子製品やオルゴール、テディベアショップなどが入居するショッピングモールになってるんでっす☆
 

    館内で販売されているたくさんの種類のガラス細工から
    お好みをチョイスして、好きな曲の入ったオルゴールの
    機械に、くっつけていきまっすよ☆
 
 
ボンドを巧みに使用しまして、と☆ 
 

    福ロウといったら青色っ☆

    青と白の特殊な絵の具をブレンドし、
    丁寧に色を付けまっして・・☆


 
 
完成でっす☆ 

福ロウ作「福ロォゥルゴール」☆
 
純和風の畳の上に、ふるさと・青森県を象徴する
真っ赤なリンゴ、そして幸せバードのふくろうさんっ☆ 

T美Pどうでっす? 

なかなか良くできたかと☆
 
 
      ゆっくりと奏でる、やさしい
      メロディーは「となりのトトロ」☆

 
           「10月に報告のスタジオジブリ・レイアウト展では、随分と
           はしゃいでたジブリファンだものね。納得」
 
 
 
続いて、甘いものを求めて近くのはこだてルサマーヤ・スイーツへっ☆
 
こちらは、北海道各地の厳選スイーツを
集めたお菓子のセレクトショップ☆
 
 
                      スイーツ大好きの福ロウ☆

   お土産選びにも
   迷っちゃいまっす☆

 
 
            函館市内で人気の10店の生ケーキも
            楽しめるカフェコーナーも充実☆

 
「お買い物や散策に疲れたら、ここでひと休みもできちゃうのがいいねぇ」
 
 
夕暮れ時からはイルミネーションが点灯、キラキラ輝きを増すベイエリアの倉庫群☆ 

そろそろお腹も空いてきまっしたよ☆ 
 
おやっ、金森赤レンガ倉庫のヒストリープラザ棟にある
この看板は、もしやもしや☆
 
函館ビヤホールではないでっすか☆
 
北海道→ビール→福ロウで、早速GOでっすよ☆  
 
 
                   もちろん、ここでしか飲めない
                   オリジナル地ビールを注文でっす☆

 
高い天井と重厚なレンガの空間で、1杯目は「函館赤レンガビール」をごくっと☆ 飲みやすい甘口のエールタイプ☆
 
2杯目は「函館開拓使ビール」☆ 
 
明治・開拓使時代の味を再現したんだとか☆
大人の苦さが料理によく合いまっす☆
 
北海道産の食材を取り入れた豊富なメニューもうれしいっ☆
 
新鮮魚介がたっぷりの「シーフードマリネサラダ」と
函館ビヤホール名物「ロングロングソーセージパイ包み」☆

なんと48cmのソーセージ入りっ☆ これは食べ応えありまっした☆
 
 
このほか、函館名物イカバターの鉄板焼があったり、北海道ならではのジンギスカンなど、ビール好きの福ロウにはパラダイスっ☆
 
 
お腹もいっぱい、ほろ酔い気分で、そろそろ2泊目のホテルに向かいまっす☆
 
   12月25日までははこだてクリスマスファンタジー開催中で
   赤レンガ倉庫群前の海上には巨大ツリーが点灯☆

   ベイエリア一帯があたたかな光に包まれロマンチック・・☆
 
 
イルミネーション輝く倉庫群から徒歩で到着したのが・・☆

大正ロマンの風情が魅力のホテルラビスタ函館ベイ

 


 
     落ち着いた雰囲気のロビー、エントランス横の
     カフェ空間もなんともお洒落、趣がありまっす☆

 
 
ベイエリアに立地の便利さに加え、最上階の天然温泉から港と函館山の夜景を一望できるという贅沢も叶えてくれてるリゾートホテル☆ 
 
今回予約のはこなびのフェリーパックなら、朝食付でっすから、夜はベイエリアのたくさんの飲食店からお好きな夕食を楽しんで、というのもおすすめ☆

もちろん、館内にもスペイン料理や海鮮ダイニングなども☆
 
 
部屋からの眺めにもうっとり☆ 函館の夜景を独り占めでっす☆

館内着に着替え、7つの温泉浴槽が楽しめる大浴場へ☆
 
      お部屋には、最上階のお風呂への
      移動に便利な「湯かご」が☆

 
                  タオルや着替えを入れたりできる、
                  女性に優しい細かな心配りでっす☆

 

女性のリピーターも多いと聞いていた、ラビスタ函館ベイ☆ 人気の秘密は、朝食にも☆ 
 
レストラン「北の番屋」で、朝からなんとも贅沢に、近海ものの新鮮な刺身や焼き物など旬の料理のビュッフェ☆
 
和食も大好き福ロウは・・☆

   たっぷりのイクラと新鮮な海の幸をのっけた、
   自分だけの海鮮丼を楽しんじゃいまっした☆

 
 
思い出もたっぷりできた函館旅行☆ いよいよ帰りの船の時間も近づいてまっす☆

今回、格安で借りたレンタカー

フェリーターミナル前に引き取りにきてくれ、返却して函館の街に別れを告げまっす☆
 
そして、帰りの船ブルードルフィンに☆

こちらは、今年7月に就航したばかりの
話題の新しいフェリー☆

 
 
 
        愛犬と一緒に旅をできる「ドッグルーム」に、日本初の
        「ドッグバルコニー」を備え、一緒に潮風を浴びながら
        クルーズを楽しめちゃうんでっす☆

 
 
もちろん、今回も船内を探検っ☆

広々100席の飲食スペースで、
自販機も充実の「オートレストラン」☆


 
    小腹が空いても大丈夫っ☆ 

 
ゆったりソファでくつろいで・・☆ 

マッサージチェアや
ゲームコーナーもあるとは☆


 
      「キッズルーム」にも楽しい
      仕掛けがいっぱいでっす☆


 
今回のはこなびのフェリーパックでは、片道一人1,360円を追加して、2名用の贅沢個室「ファースト」で予約っ☆
 
ベッドがあり、ホテルのような
快適で上質な空間っ☆

 

             通常料金なら、仲間とわいわいできる客室
             「スタンダード」で靴を脱いでくつろげまっす☆

             女性だけなら「レディースルーム」も☆
 
 
             函館の夜景がみるみる遠ざかって・・☆

旅の思い出を振り返り・・☆

快適な個室でしばしゴロリと☆
 
あぁ~、癒しの温泉グルメ旅・・
満足でっした☆

 
 
福ロウの住む青森市のアスパムやベイブリッジの夜景が近づき、旅もクライマックス☆

東北新幹線全線開業で沸く、ふるさとの夜景☆ フェリーから眺めるなんて、これまた素敵な体験っ☆
 
楽しい2泊3日の函館旅行も無事終了☆

  フェリー往復運賃と温泉ホテル2泊、帰りの船の
  個室追加料金を合わせて、一人19,960円☆

  レンタカー代も1日4,400円で、旅行代もお手頃、
  超満足のはこなびのフェリーパックでっした☆


 魅力満点の函館☆ 伝えきれなかったあれこれは、番外編で近々ご報告☆ おったのしみに~☆ 
 

◆今回ご紹介の、フェリー往復と温泉ホテル宿泊がセットになったお得な「フェリーパック」のご予約は、函館のタウン情報も満載のこちら >>「はこなび」のホームページから☆

◆フェリーで行く函館旅行をペア5組に! >>はこなび15周年記念プレゼントページで☆
 

パンパカパーンっ☆
本日、12月4日(土)はっ☆ 東北新幹線全線開業でっす☆

東奥日報でも全20ページの別刷特集を発行でっす☆
これからは、たくさんの県外の方が、青森県の魅力発見の旅をしてくれることでっしょう☆
 
さてさて、新幹線全線開業を機に、福ロウのまわりではどこもかしこも旅ムードが盛り上がっちゃってるこの冬☆
 

青い海が福ロウを呼んでいる~、ってんで☆
 
津軽海峡をフェリーで渡る、冬の函館「温泉&グルメ満喫の旅」に行っちゃいました☆

青森と函館をつなぐ津軽海峡フェリー
 
一度乗って函館に行ってみたいっ!とネット検索したところ・・
 
通年でも利用できて人気の高い、はこなびのフェリーパックから、2011年4月20日までの冬春限定でさらにお得なはこなび15周年プランを発見っ☆
 

フェリー往復運賃と温泉ホテル宿泊がセットになったお手頃パックは、1泊1人10,800円から☆

湯の川温泉のホテルや、天然温泉付シティホテルなど、8つのお宿から選べるとはっ☆
 
1泊目、2泊目を別のホテルにもできまっす☆
片道だけをフェリーにもできたりと、自由度も高いっ☆
 
出発2日前まで、インターネットのはこなびHPから簡単に申し込みできちゃうんでっす☆

時刻表、料金も確認できるから便利☆
 
 
本日発行の東北新幹線開業別刷特集19面で紹介しているのが、このツアーの体験記☆

新幹線開業で、青函が一つのエリアとしてますます注目される予感っ☆
2泊3日の函館旅行で、その魅力を福ロウもこっそり体験してきちゃったんでっすが・・☆

 
 
新聞紙面に福ロウがあんまり出すぎちゃうとM姉さんがうるさいので、海と自然を満喫の「フェリーで行く函館温泉グルメ」体験記を、今日からブログでご紹介でっす☆
 
今回のプランはこんな感じ☆ 

行きの船は「びなす」☆

帰りは今年7月に就航したばかりの「ブルードルフィン」で、片道一人1,360円を追加して、2名用の贅沢個室「ファースト」に☆
 
追加料金でマイカー乗船のプランも組めまっすが、フェリーパック申込でレンタカー予約もお安くなるから、今回は身軽に乗船っ☆ 
 
函館での運転係?もっちろん、T美Pでっすよ☆ 快適クルーズ&温泉にグルメと、こんな素敵なプランを提案して、ついてこないはずがないっ☆

修学旅行以来の函館、というT美P☆ 最近は大人がゆっくり楽しめるベイエリアや、冬限定のイベントなど魅力盛りだくさんでっすからお楽しみにでっすよ☆
 
 
1泊目は、朝夕食付の湯の川温泉のホテル「平成館海羊亭」で予約☆

 

2泊目は朝食付の、ベイエリアの人気ホテル「ラビスタ函館ベイ」をチョイス☆
 
 
 
 
青森市沖館にある津軽海峡フェリーの青森ターミナルから、旅はスタート☆

車を置いて旅する場合も、ターミナル駐車場は無料でっす☆
  
             
       はこなびフェリーパックで
       予約の福ロウでっす☆
  

        「どうぞ楽しい船旅を」

                             お世話になりまっす☆

いよいよ乗船っ☆ 

開放感のある「びなす」のエントランス☆

ゆっくり寛げる充実した設備が魅力☆ 

まずは、初めての船内を見学でっす☆
 
 
はこなびのフェリーパックで申し込めば、気の合う仲間とワイワイできる、こちらの広々2等室で楽しめちゃいまっす☆ 

 
船室にはテレビもついてて快適☆
 
 
 
 
     なんと、「びなす」の船内にはシャワー室もついてて、
     ツーリングのライダーにも好評なんだとか

 

因みに「びなす」「びるご」に4名で乗船なら、個室利用の片道追加料金をプラスして定員4名の1等船室で寛ぐってのもおすすめ☆ 
 
個室のベッドには、浴衣まで☆ 

「子ども連れの家族旅行にも、気兼ねなく寛げる個室はいいねぇ」
 
 
        テレビもついてて
         ホテルのような快適さ☆

 
 
今回は、帰りのブルードルフィンで片道一人1,360円を追加して2名用個室「ファースト」を利用でっすから、帰りもお楽しみにでっすよ☆ 
 

とにかく、旅の目的に応じて快適な船旅を組み立てられる、嬉しいパックということなんでっす☆
 
さてさて、遠くに下北半島や津軽半島が見えてくるころ、広いデッキに出ますれば☆
 
海と空の360度の雄大なパノラマがっ☆
 
 
 
海の資源の宝庫・津軽海峡の真ん中で味わう、何とも贅沢な開放感、船旅ならではでっす☆
 
のんびりと3時間40分の快適クルーズを楽しんで、いよいよ函館山と美しい街並みが近づいてまいりまっした☆ 
 
異国情緒が魅力の函館に到着でっす☆ 
 
 
函館フェリーターミナル前では、予約していたレンタカーがお出迎え☆

はこなびのフェリーパック申込者への特典、「レンタカー」も特別料金でっす☆
 
   便利なナビ付、快適なホンダフィットクラスが
   1日4,400円とは嬉しいっ☆

 
 
車両料金追加でマイカーの乗船もできまっすが、ターミナル前でのお出迎え、しかも配車と引き取りは無料なんだから、レンタカー利用はオトクっ☆
 
 
いよいよ市内に☆ ランチはこちら・・☆
 
海を眺めながらの「ブルームーンダイナー」で☆

市場から仕入れる新鮮食材の函館ならではのバイキングが、お昼はお得な1,500円(税込)☆

 
 
 
イクラを好きなだけ盛って、お寿司や目の前で焼いてくれるサーロインステーキと、あれこれ欲張りましてっ☆


ホテル函館ロイヤルのデザートやアイスも食べ放題っ
 

「相変わらずよく食べるねぇ」
 
 
         そしてそして、はこなびHPで調べていた
         「クーポン」持参で、5%割引という嬉しい特典☆

          ごっちそうさまでっした☆ 
 

レンタカーだから、市内の移動もスイスイ☆ 

季節毎の表情が楽しめる五稜郭公園での史跡めぐりなど、一日目は市内の名所を探訪し・・☆
 
1泊目のお宿、湯の川温泉の「平成館海羊亭」に到着☆

ロビーも広くて大きなホテルっ☆

 最上階12階の
 露天風呂が人気☆

 
 
夜は遠くに漁火を見ながら、函館の夜景も一望できる贅沢なお風呂☆ 湯の川温泉で唯一という「赤湯」を満喫でっす☆
 
 
風呂上がりは、新鮮な海の幸など北海道の食材満載の夕食バイキング☆ 
 
目の前で調理して出してくれるアツアツ料理も☆
 
ホっクホクの北海道産ジャガイモに・・☆
 
カニもいっぱい取りましてっ☆    

 
 
もちろん、ビールで乾杯でっす☆
たくさん食べて飲んだバイキング・・☆
 
大・満・福☆ 
 
 締めは館内の居酒屋で函館名物
 「塩ラーメン」でっす☆

 
「まだ食べるの?ホントに食べっぱなしの旅だね」
 
             せっかく函館に来たんでっすから☆
 
 
さてさて、このはこなびのパックなら、同経営の「平成館しおさい亭」もプラス2,000円で、窓のすぐ外に海が広がる、さらに眺めの良いお部屋を用意してくれるそうでっす☆

「今度はそちらにも泊まってみたいね」
 
 
朝食も満足バイキングで朝から"満福"っ☆
 
明日は、「ベイエリア」の散策&女性に人気のリゾートホテル「ラビスタ函館ベイ」を楽しんじゃった模様をご紹介いたしまっす☆
 
おっ楽しみに~☆
 
 
◆今回ご紹介の、フェリー往復と温泉ホテル宿泊がセットになったお得な「フェリーパック」のご予約は、函館のタウン情報も満載のこちら >>「はこなび」のホームページから☆

◆フェリーで行く函館旅行をペア5組に! >>はこなび15周年記念プレゼントページで☆



ジョシマル

青森旨うま日記

2015年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

「満福ランチブログ」
スマートフォン版はこちら

アーカイブ

最近のコメント