本日は5月最後の火曜、東奥小中学生新聞「週刊JuniJuni」で恒例の社会科見学掲載っ☆

20150526.takken8-2.jpg今月は協同組合タッケンさんを訪問っ☆

不動産屋さんのお仕事や協同組合タッケングループ
手掛けてる業務についてなど、いろいろ伺いまっす☆

協同組合タッケンは平成4年に設立☆


土地や家など不動産を売買したり、貸したり借りたりしたい人の間に入る仲介業のほか、アパート・マンション等の管理、空き家のリフォーム工事などをグループ全体で手掛けています☆


20150526.akusyu8-1.jpg    協同組合タッケン営業部の剱地由美さん、
    初めまして、よろしくお願いしまっす☆

「初めまして、どうぞよろしく!」

ふだんはどのような業務を?



20150526.oshigoto8-1.jpg「お客さんに物件を紹介したり、家や土地を
売りたいという人の相談にのったりしています」


店舗に来れば、新着物件など最新情報を
いち早く聞けちゃうかもしれないでっすね☆




20150526.takkengroup8-3.jpg  相談といえばこちら、お隣の建物にある不動産会社
  「住まいアップタッケン」もグループ企業なのだそう☆

  こちらは、平成11年のオープンっ☆

  家を「売りたい」「買いたい」という人だけでなく、住まいに関するあらゆる
  相談事で、誰でも気軽に立ち寄れる " 住まいのコンビニ " 的なお店☆




「グループ全体で、身近な住まいに関することに、
何でもおこたえしているということなんです!」

20150526.osagashi14-1.jpg
うわわっいきなり登場っ、どなたでしたっけ?


20150526.hakase8-1.jpg「ワタシは不動産博士!ここからはワタシも一緒に、タッケングループのこといろいろ教えちゃいますよ!」

CMなどでもお馴染み、タッケンさんのキャラクター
「不動産博士」さんでしたか、よろしくでっす☆


はかせによると、不動産屋さんを営むにはきまりがあるのだそう☆

「営業にあたり、国土交通大臣または都道府県知事が交付する
宅地建物取引業免許という免許が必要なんです!」

20150526.menkyo8-1.jpg  そういえば、不動産屋さんの事務所には、
  こんな感じのが必ず掲示されてますよね☆

  「これは宅地建物取引業者票といって、事務所には
  免許番号も記載されたこの一覧を掲げるきまりです!」




20150526.kousin11-1.jpg免許証番号の欄に書かれたカッコ内の数字は、免許を更新した回数なのだそう☆

協同組合タッケンの免許証番号にある数字
『青森県知事(6)』の『6』が、免許を更新した回数です」


平成8年以降は5年に1度の更新なのだそう☆



20150526.meyasu8-1.jpgカッコ内の数字が大きいほど長く続いているといえ、
信頼できる業者を探す際の目安にもなるんですね☆

因みに、都道府県知事と国土交通大臣免許の違いは?

「事務所が複数ある場合、ひとつの都道府県だけでの営業なら
知事免許、2つ以上にわたる場合は国土交通大臣免許です」


なるほっど☆


不動産屋さんには、契約の際に物件や取引の条件に関するさまざまな情報を説明し、
法律の知識をもとに的確なアドバイスや提案をする「宅地建物取引士」がいます☆

20150526.takutitatemono9-1.jpg
事務所ごとに従業員の5人に1人の割合で置くよう、
法律で義務付けられてる資格なのだそう☆

タッケングループにも8人の宅地建物取引士が
いて、常時3千件もの物件を扱っています!」





ではでは、日ごろお客さんと接する機会の多い剱地さん、
最近増えている相談についても教えてくだっさい☆

20150526.sodan8-1.jpg 「少し古い住宅を購入し、時代に合わせて
リノベーションするケースが増えています!」


新築よりも低予算で、自分好みの
新しい家を購入できるんですか?




「空き家を社会の財産として有効活用するという時代なんです!」

20150526.renovation16-1.jpg
古い住宅もリフォームやリノベーションすることで再利用ができます☆

タッケングループでは、リフォームやリノベーションで空き家を
再生させる提案も積極的に行っています☆

空き家が解消されて若い世代が住めば地域も元気になりますね☆


浴室やトイレを最新設備に換えるリフォームの他にも、最近は「リノベーション」が人気☆

20150526.dannetsu12-1.jpg住む人の好みに合わせて間取りや設備配管も一新、
断熱や耐震性能も向上させて家の価値を高めるそう☆


耐震工事も、プロの目でしっかり検査するところから☆

グループ内に住宅の専門家が揃ってるからこそ、
検査・工事まで安心してまかせられるというわけ☆




脱衣所も広くとり、キッチンは明るく開放的なオープンスタイルに☆

20150526.stlye18-1.jpg
子育て世代にもぴったりの間取りに!リノベーションで建物の価値もアップでっす☆



タッケングループが目指す「不動産相談のワンストップ化」とは?

20150526.takkengroup12-1.jpg
中古住宅の物件購入からリノベーション、銀行申し込みまで
ここに来れば、一括でおまかせできちゃうという便利な仕組み☆

建築士事務所や弁護士・税理士などとも連携しているから、手続きが面倒な
住宅の購入はもちろん、各種工事も安心して任せられることが好評なんでっす☆


20150526.takken8-1.jpg「物件探しからリノベーション等の工事までお任せいただける
ワンストップの仕組みをこれからも充実させていきます!」


不動産を通じて地域活性化に貢献していくことが
モットーという協同組合タッケングループさん☆


今後もグループ全体で住まいの相談に総合的にこたえていく、ということでっすね☆


そして、不動産博士から耳寄り情報☆

20150526.kengakukai13-1.jpg
話題のリノベーション住宅の見学会が、今週末
5/30(土)、31(日)の2日間青森市沖館で行われまっす☆

物件の詳細はこちら>>住まいアップタッケンのホームページにも☆
リノベーション住宅を体感できるチャンス、ぜひお気軽にお出かけください☆


20150526.present8-1.jpgさらにさらに、協同組合タッケングループ&不動産博士さんから読者プレゼントをいただいておりまっす☆

図書カード1,000円分を10名様に☆

ハガキに、①住所 ②氏名 ③年齢 ④職業
⑤電話番号⑥ご意見・ご感想を書いて下記へ☆

〒030-0180 青森市第二問屋町3-1-89 東奥日報社 営業局 「福ロウ社会科見学」係☆

6月26日(金)必着☆ たくさんのご応募、お待ちしてまっす☆
ババンっと、青森の空の玄関口、青森空港にやってまいりましたっ☆

20150522.aomoriairport8-1.jpg「平日の昼間っから空港に足を運ぶなんて、
普段からほとんど遊んでるとしか思えない」


というM姉さんのお小言が聞こえてきそうですが☆

空港に来ると何かワクワクしちゃいまっすね☆


福ロウが働く東奥日報社から15分もあれば着いちゃいますし、ランチに来ない手はないっ☆

20150522.hiba8-2.jpg福ロウ、本日のランチはここと決めておりました☆

   青森空港内にある3つの飲食店のうち、
   今日は「レストランひば」をチョイス☆

   おそばや定食、青森の新鮮な海の幸を使った海鮮丼に
   地酒も各種豊富に揃った和風レストランなんでっす☆



特別ゲストに、A谷部長をお呼びしたわけで☆

20150522.stamp8-1.jpg今日はぜひ、これに一緒に挑戦いただきたっくて☆

「ペアソウル旅行が当たる、青森空港オリジナル
チャジャンミョンスタンプラリー?」


そうなんでっす、こちらもご覧ください☆

福ロウが追っかけているジョシマル
サイトで発見しちゃったんでっすけど☆



20150522.ipad8-1.jpg 我らがジョシマルの公式スポンサーでもあります
 青森空港ビルさんが実施のスタンプラリー☆

 青森ソウル線20周年を記念して開催されてまして☆

 3店それぞれのオリジナルチャジャンミョンを
 楽しんで、スタンプ3個を集めて応募すると☆


なんと、ペアソウル旅行が1名に当たっちゃうっていうんでっすから☆

今日はスタンプラリー挑戦開始の1個目をぜひ部長と一緒にと思いまして☆

20150522.jajangmyeon9-1.jpgてなわけで待ってまっした
「ひば風チャジャンミョン」☆

こちら、「レストランひば」さんのチャジャンミョンは
稲庭風うどんに茹でキャベツがたっぷりの豪華な一皿☆


因みにチャジャンミョンは、韓国で人気の麺料理でして、
お隣・岩手では「じゃじゃ麺」として有名なアレでっす☆


20150522.onion7-1.jpg
     「別添のたまねぎに、この甘辛い味噌をつけて
     食べるっていうのも、本場韓国流らしいよ」


     うわっ、食欲そそる甘味噌のいい香り☆

     玉ねぎも生なのに、辛味が抜けてほんのり甘いっ☆


20150522.cyanjya8-1.jpg「このチャンジャも辛さがくせになりそう」

こりゃまた、ビールが飲みたくなる一品☆

ではいよいよ、メインの
チャジャンミョンいきまっしょ☆



特製の味噌タレを絡めてズルズルっと、おややっ、味のしみたコロコロの豚肉もまた美味☆

20150522.eat9-1.jpg「この旨さ、青森国際ホテルの老舗中華料理店
吉慶(きっちゅん)の料理長監修と聞けば納得」


  そうなんです、こちら「ひば」さんは
  青森国際ホテルさんのお店なんでっす☆

  そして、ひばのチャジャンミョンセットには・・☆


20150522.dessart7-1.jpg食後のデザート、自家製リンゴシャーベットつき☆

「リンゴのジューシーさを感じる
シャーベット、さっぱりするね」


3店それぞれが食材やレシピも工夫してるっていうから
他の2軒も早く食べに行ってみたくなっちゃいました☆




20150522.kaikei7-1.jpg  スタンプラリー制覇&ソウル旅行応募目指して、
  今月は青森空港に通っちゃいそな予感っ☆

  ソウル旅行が当たったら、もちろん本場の
  チャジャンミョンも試してみたいわけで☆



20150522.hiba8-1.jpgまずは3つスタンプためて応募、応募☆

ジョシマル会員の皆さんにだけ耳寄り情報っ☆

3店いずれかのお好きなチャジャンミョン1食分を無料で
試せるお食事券の会員限定プレゼント、応募受付中☆



締め切りは5/27(水)につき、青森女子の皆さんっ、>>ジョシマルサイトから急ぎご応募を☆
今週はなんか定食気分ってんで、880円のおまかせランチが好評の千花にやってきました☆

20150515.teisyoku8-1.jpgふむむ、おまかせランチと同価格、Bランチは
福ロウの大好きなオム焼きそばライス入りか☆

こっちも小鉢つきだから、
やっぱこっちにしよかな☆




「先月出たばかりのコンパス春号リーフレット版が各席にセットされてるね」

20150515.compass8-1.jpgそうなんでっす、わっくわくのランチ特集が
さらに見やすくなったコンパス春号っ☆

千花さんのクーポンは、夜の利用で
お好きなワンドリンクとオトクでっすし☆





20150515.bansyaku8-1.jpgしかも夜は夜で、お料理さん3品に生ビール2杯
いけちゃう、晩酌セット1,700円が超お得なわけで☆

日本酒か酎ハイにも変更オッケーのお得セット☆

アルコールをしない日は、焼魚とか唐揚だとかの
定食だけ注文で、おふくろの味満喫ってのもあり☆



20150515.omu9-2.jpgんで、ドドンっときました、オム焼きそばライス入り☆

野菜もいっぱいの日替わりの小鉢が
ついて、880円と良心価格でっす☆

ボリューム満点のBセット☆

こちら、最初からおまかせランチ狙いのM姉さんは・・☆



20150515.bibin9-1.jpg
本日のメインはビビンバ丼と、焼き魚☆

「来るたびに楽しみなおまかせメニュー、
今日のビビンバ丼もまたボリュームあるね」

一気に食べて、満腹、満足っ☆


20150515.coffee8-1.jpgランチセットにはコーヒーつきだから、
小上がり席でゆったり業務打ち合わせも☆

「ママとの会話を楽しみながらランチって感じの
常連さんたちが今日も続々来店してくるね」


やっぱ、一度来ると、千花さんの
居心地の良さがわかりまっすからね☆



一人のときはカウンター、大勢ならゆったりの小上がりなど使い分けがおすすめ☆

宴会料理も充実だから、女子会なんかもお料理上手のママに気軽にご相談くだっさい☆

今日のランチ
20150515.last7-1.jpg「ランチ&居酒屋 千花 (ちばな)

青森市古館1-11-17   MAP   TEL 017-744-9110
定 休日=日・祝日   駐車場=10台
営業時間:LUNCH11:00-14:30   居酒屋17:30-22:30
2015年5月30日まで有効の「ランチ&居酒屋 千花(ちばな)」の
お得なクーポンは>>タウン情報コンパス春号「ランチ特集」で☆
バンっと、連休もひと休みの週末金曜は、誰も福ロウのブログなんぞ見てないだろってんで☆

20150508.takamaru9-1.jpg人気キャラにあやかっての登場でっすっ☆

青森県在住の皆さんの認知度は、だいぶ
高いんじゃないかっていう「たか丸くん」☆

えっ、どこのご当地キャラかご存知ない方も?

まっさか、まさか、福ロウよりは有名でっしょ☆



20150508.sotobori8-1.jpg福ロウ恒例の、大型連休の過ごし方といえば、こちらでっす☆

桜前線があっという間に北上しちゃうってんで
弘前さくらまつりに行っとくっきゃないっしょ☆

「5月8日の今日時点で、県内全域サクラが散ってからだいぶ
経ってる、ブログ更新の " このほど感 " が半端ないわな」



どえっ、M姉さん、黙って適宜、連休しててくだっさい☆

このほど感がぬぐえないなか、ご報告いたしまっすと・・☆

20150508.chirihajime8-1.jpg4月の中旬に弘前支社に出張で
寄った
ときには、つぼみでしたが☆

満開を逃すまいと慌てて訪問した
4/25(土)、すでに散りはじめ☆




20150508.hanaikada8-1.jpgそうなると、散りはじめの醍醐味を味わわなきゃってことに☆

  お堀を花びらが埋め尽くす「花筏(はないかだ)」☆

  桜色に染まる水面、西日を浴びてきらきらでっす☆

  GW前半で、こんなきれいに花びらのじゅうたんが
  出現しちゃうとは、今年の津軽の春は駆け足でっす☆



  
でもって、毎年恒例、弘前公園内の桜を記録しとかなきゃってんで、まずはハイこちら☆


20150508.nishihori9-1.jpg恒例の「西堀2015」っ☆

むむっ、満開のモリっと感は、西堀2014に軍配っ☆

まあ、2013年の原因不明、衝撃の
スッカスカ感に比べりゃ上出来か☆



弘前公園のさくらまつりっつったら、下乗橋からのこのポイントでハイチーズっ☆

20150508.gejyobashi12-1.jpg
そいえば、去年の出没では、この画が10年くらいは
撮れなくなるなんて書いてしまいましたが☆


20150508.tensyukaku7-1.jpgまだいつものとこにあったのね、天守閣☆

橋の上から見下ろすと、おやや・・☆

石垣がいつもより高くなった
ような勢いを感じますでっしょ☆




20150508.ippankaijyo8-1.jpgというのも、昨年あたりから話題となっていたこちら☆

  本丸石垣大改修に伴い、天守が約70メートルも
  曳屋(ひきや)されて、大移動しちゃうわけでして☆

  この夏からの曳家を前に、今年のさくらまつり期間中は
  埋め立てた内堀を一般開放、って聞いちゃ見とかなくては☆




20150508.hori8-2.jpg
去年はお堀だったとこを歩けちゃうとは☆

むむっ、向こうに見えるのが見慣れた天守閣☆

なんか、よそのお城に来たみたいっ☆




20150508.miageru8-1.jpg
いつもの撮影ポイント・下乗橋を、堀の中から
見上げちゃうっつうのは、この春限りの体験っ☆

今年のさくらまつり、橋の下にも
人、人、人というわけでっして☆




20150508.iroiro10-1.jpg過去に無いアングルでの写真が
今年はいろいろ撮れますってんで☆

昔から見慣れた美しいフォルムのお城ちゃんも、
石垣の高さが増えた分、なんだか勇壮でっす☆

高さ約14.4mと、天守としてはさほど大きくはないわけでっすが、
堀の底からシャチホコまでとなると、28mにもなるってんで納得☆




20150508.omocha8-1.jpg
むむっ、このアングルだと、
ブロックおもちゃのような・・☆

改修が必要っていう石垣、
ここから見た限りでは・・☆

角んとこはシュキーンっと尖って、
それほど問題無いようでっすが☆



よ~く見ると、けっこう膨らんじゃってるところが目立つんでっす☆

20150508.hukurami12-1.jpg
ってなわけで、これらが崩れないように、
積みなおす作業に10年くらいかかるってんで☆



20150508.kaisyu10-1.jpgしかも、のってる天守は解体せず、お城まるごと動かして、
積みなおしてる間は、どいといてもらおってんだから☆

大スペクタクルの予感、今年は楽しみ
いっぱいの弘前公園ってわけでっす☆

そして、お城がこの位置に帰ってくるまで、来年からはしばし
新アングルの弘前さくらまつり報告になるはず、おっ楽しみに☆




「えっ?これで終わり?ただの、休みに桜見てきたよ報告ってこれ、個人のブログ?」

まあまあ、それもこれも、連休ハザマの開店休業週ってことでご容赦くだっさい☆
4月も最終火曜といえば、東奥日報夕刊で東奥小中学生新聞「週刊JuniJuni」発行でっす☆

月イチ恒例の福ロウ社会科見学企画は、弘前に出張してきました☆

20150428.kojyocyo8-1.jpg今回訪問したのは、弘前市栄町にある
「ニッカウヰスキー弘前工場」でっす☆

今回、取材協力をお願いした戸田貢司工場長っ☆

「初めまして、よろしくね」

通常は見学を受け付けていない工場ということで・・☆


20150428.doko8-1.jpg今回の福ロウ社会科見学は・・☆

「週刊JuniJuni」で「東目屋中リンゴ園日記」連載を
担当する外崎英明記者の取材に同行して実現☆

今日はよろしくお願いいたしまっす☆



20150428.nikka8-1.jpgアサヒビールの関連会社「ニッカウヰスキー」の
工場は、日本全国に7か所あるのだそう☆

弘前工場では、県産リンゴを主原料とした発泡酒「ニッカシードル」をはじめ、
「アップルワイン」「アップルブランデー」などリンゴを使った商品を主に生産☆


工場で働くスタッフは50人、そのうち
約8割が地元の出身なのだそう☆


東京出身の戸田工場長は、15年前にも弘前工場で勤務、昨年工場長として赴任したそう☆

ニッカ弘前工場といえば、やはり「ニッカシードル」ですよね☆

20150428.interview8-1.jpg「地元でとれる新鮮な生のリンゴを使ったシードルづくりが
できるのも、生産地に工場があるからこそなんです」


地元のリンゴで美味しいシードルをつくって、農家を
応援したいという、熱い思いを持った戸田工場長☆



実はこの日は特別に、東奥日報女性倶楽部ジョシマル
会員も取材班の一員として、外崎記者の取材に同行したんでっす☆


20150428.joshimaru7-1.jpg福ロウのことをご存知というジョシマル会員さん☆

どうもどうも光栄でっす、ジュニジュニの
社会科見学
、ぜひご覧くだっさい☆



ということで、ここからは福ロウも・・☆

20150428.aisatdu8-1.jpgジョシマル取材チームと一緒に
ニッカ弘前工場の歴史を学びまっす☆

ニッカとリンゴの関係とは・・?

ニッカウヰスキーの「ニッカ」という名称は、創立時の社名
「大日本果汁株式会社」を略した「日果(ニッカ)」に由来☆



20150428.teketsuru10-1.jpgニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝の生涯を
題材としたドラマも話題になりましたよね☆

そして、ドラマでも有名となりましたが☆


20150428.yoiti9-1.jpgニッカの発祥の地といえば余市☆

1934年、北海道の余市に、ニッカの前身
「大日本果汁株式会社」が設立されました☆

余市もリンゴの産地なんでっす☆


創業者の竹鶴政孝は、熟成に長い年月がかかるウイスキーを生産するかたわら、
地元余市のリンゴでジュースやお酒を製造・販売して収入を得ていたのだそう☆

そして、1950年代に、ここ弘前でもシードルづくりの機運が生まれます☆


20150428.kiun9-1.jpg市内の造り酒屋・日本酒造(現在の吉井酒造)の
吉井勇社長が欧米訪問時にシードルに着目☆

地元産リンゴを使ったシードルを製造する新会社を
現在のアサヒビールの支援で1954年に設立☆

新会社は「朝日シードル株式会社」という名前でした☆


1957年、同社が発売していた「朝日シードル」の販売をニッカ社が受託、
余市で培ったりんご酒づくりの技術を弘前で引き継ぐことになったんです☆


20150428.cidre9-1.jpgシードル事業を引き継ぎ、弘前市吉野町で
ニッカ弘前工場として操業開始したのが1960年☆

その後、1965年に現在の栄町に工場が新設され、
1972年からシードルの製造・販売を再開させたんです☆


より美味しいシードルを目指し改良を加え現在に至るそう☆


ところで、シードル(CIDRE)とはフランス語でして、ワインと同じ製法で
リンゴを発酵させた「リンゴ100%の醸造酒」のことでっす☆


20150428.kaburimono8-1.jpgニッカとシードルの歴史を学んだところで、いよいよ
外崎記者と場内取材を体験させてもらうタイム☆

装着しておりますのは、衛生面も考慮し
食品工場見学では恒例のあれでっす☆


そんでもって・・☆


20150428.met7-1.jpg場内をまわるため、安全第一のヘルメット着用☆

福ロウの分までご用意いただいて
こりゃまた、あっりがとうございまっす☆



20150428.met8-1.jpgビビっと、準備完了っ☆、

では、工場施設内でシードルづくり工程の
一部をのぞかせていただきまっしょ☆




20150428.hasso8-1.jpg全国に出荷される「ニッカシードル」は全て、
この弘前工場で生産されているんですね☆

新鮮な生のリンゴを地元から調達できるからこそ、仕込みから
醸造、充填まで弘前工場で完結できるってことに改めて納得っ☆



ニッカ弘前工場のシードル製造の流れはこんな感じ☆

20150428.koutei20-1.jpg
リンゴが収穫される秋以降から仕込みが本格化し、冬にかけてピークを迎えます☆


20150428.ringo8-1.jpgこちらは、原料のリンゴが大きなコンテナで
洗浄ゾーンに移されていくところでっす☆

大量のリンゴたちでっすが、秋冬の仕込みの
ピークに比べればこれでも少ない方だそう☆


洗浄されたリンゴたちが、向かった先は・・☆


20150428.ringogorogoro8-1.jpg
ゴロゴロゴロっと、運ばれてきたのは選果ゾーン☆

潰れたり、汚れたりした実を取り除く作業は全て
人の手で行ってるんですね、こりゃスゴイ☆



続いてこちらは、大きな醸造タンクの内部を上からのぞけるということでっして☆

20150428.dousimasita8-1.jpg階段を上りきった先にあるこの扉の向こうが?

まずはジョシマル取材チームが、交代で見学中☆

外崎記者、中から感嘆の声が上がってますが、
次はようやく福ロウたちの番でっすねっ、ねっ☆



搾ったリンゴ果汁に酵母を加えることで発酵が進み、アルコールが作り出されるそうで☆


20150428.bukubuku8-2.jpgタンク上部の小窓からのぞくと、ブクブクと
リンゴジュースが泡立っているのが見えます☆

酵母が果汁のなかの糖分を食べて
分解しているからなんでっすって☆

うわっ、まさに酵母が生きてるって感じですね☆


さて、ここから先は外崎記者と福ロウだけが代表取材でっす☆

20150428.megame8-1.jpg「瓶詰め工場内部は、万が一の瓶の破損などに
備えて、メガネを着用するきまりなんです」


ってんで、福ロウもメガネスタイルに☆



20150428.binzume8-1.jpg
シャキーンっと、決まって☆

精密ろ過され、瓶に充填されたシードルが
ズンズン流れていくラインを見学でっす☆


720ml瓶、これは青だからドライでっすね☆

20150428.dry9-1.jpg
上下を機械に押さえられて瓶がクルクルクルっと
回転、目にもとまらぬ速さでラベルが貼られます☆

因みに、ニッカシードル「スイート」と「ドライ」の
味の違いは、発酵の長さにあるのだそうで☆




酵母が糖を食べる期間が長ければ発酵が進んでアルコール度数も上がり、
「スイート」に比べて甘さ控えめのすっきりした味わいの「ドライ」になるってわけ☆


そして、こちら、瓶が流れていく先には女性が二人向かい合って着席?

20150428.cidremiru9-1.jpg
じっと、1本1本眺めていらっしゃいまっす☆

「厳しい訓練を受けた検査員が、30分交代で、商品に
異物が混入していないかを目視でチェックしてるのです」


うわっ、こりゃ集中力が必要な大変なお仕事☆



20150428.cidreset9-1.jpgリンゴ100%のニッカシードルは、水や糖分、香料は
一切加えず、徹底した温度・水質管理のもと製造☆

酵母を取り除くろ過の工程でも熱を加えないので、フレッシュな
リンゴの香りがいきた美味しいシードルになるんでっす☆




こんなこだわり製法の「ニッカシードル」は今や、世界でも認められているんです☆

毎年、英国ロンドンで開催され、世界中から約150種のシードルが出品される
国際品評会「インターナショナルサイダーチャレンジ2014」でなんとっ☆

20150428.international15-4.jpg
ニッカシードル「スイート」「ドライ」がともに、銀賞を受賞したんでっす☆

青森県の美味しいリンゴでつくられたニッカシードル
世界でも評価されてるなんて、うっれしい☆


ニッカシードルを販売するアサヒビールでは
2013年から「シードルの街・弘前」のポスターもつくってるんです☆

20150428.poster12.jpg
弘前に根付いて55年のニッカ弘前工場☆

美味しいお酒づくりを通して、これからもリンゴ生産地域を応援していきます☆


20150428.sakura8-1.jpg開会中の弘前さくらまつりのお土産にもぴったり☆

青森県が誇る自慢のニッカシードルを、県外からの観光客の
皆さんに、福ロウも自信をもっておすすめしちゃいまっす☆

大型連休前に早くも満開になっちゃった今年の
弘前さくらまつりの話題は、また次回にでも☆

読者プレゼントもありまっす☆

取材協力のアサヒビールさんからアサヒ飲料のソフトドリンク6本セットを4名様に☆

ハガキに、①住所 ②氏名 ③年齢 ④職業 ⑤電話番号⑥ご意見・ご感想を書いて
〒030-0180 青森市第二問屋町3-1-89 東奥日報社 営業局 「福ロウ社会科見学」係へ☆

5月22日(金)必着☆ たくさんのご応募、お待ちしてまっす☆
新年度の4月がバタバタ始まって、いっつの間にかコンパス春号も発行されており☆

20150423.kantaro8-1.jpg平日ランチ訪問でやってきたのは、
恒例の「函太郎青森佃店」でっす☆

年度またいじゃってた、例の
業務報告も兼ねておりまして☆




20150423.sinpan7-1.jpg  特別許可で同行できたジョシマル岐阜ツアー

  3月末のJuniJuni社会科見学企画での
  レポート掲載は終わってはいたものの☆

  A谷部長に審判を仰ぐのを忘れてまっして☆


20150423.menu8-1.jpg「ほら、まずは何を食べるのかな」

この春からさらに美味しくリニューアルした、
函太郎青森佃店と弘前店の平日限定ランチ☆

お寿司もレベルアップしてセットも各種豊富に☆


それじゃ、報告は後回しにさせていただいて、まずは堪能しちゃいまっしょうか☆


20150423.soba9-1.jpgワオッとこちら、豪華なセットは・・☆

A谷部長がご注文の新登場メニュー
「海老天そばランチ(税別1,050円)」☆

「後のせの大きな海老天が2本!天ぷらそばにお寿司、
茶碗蒸しまでついてる、これはお得なセットだね」


いろいろ食べたい欲張りさんにオススメ☆


20150423.ninkineta9-1.jpgこちら、M姉さんも盛りだくさんのセットですね☆

「コンパス春号ランチ特集で紹介されてた、
人気ネタ6種盛りランチ1,150円(税別)だよ」


函太郎自慢のうれしい新鮮ネタがさらに豪華に
バージョンアップ、天ぷらに茶碗蒸しつき☆



A谷部長のゴチってんで、遠慮知らずの福ロウは一番の好物を、と☆


20150423.namatirshi9-1.jpg「海の幸 生ちらし丼(税別1,500円)」☆

いくら、ほたて、ずわいがになど
彩り豊かな豪華ネタ満載の丼は☆

実はネタとご飯の間にも、ゴロゴロの
バラネタもギッシリ詰まってるんでっす☆


こちらのセットも揚げたて天ぷらつきですが☆

20150423.cyawanmushi8-1.jpg
茶碗蒸しは別注になるわけでっしてっ☆

今日は福ロウに届いたDMハガキを出しまして☆

めでたく福ロウも茶碗蒸しつきにできたってわけ☆


三種三様の満腹ランチを楽しみましてと☆


20150423.houkoku7-1.jpg「さてさて、では今回のミッションに
関する報告をしてもらいましょうかね」


おっと満腹でうっかり、そうでっした☆



20150423.junijuni8-1.jpg
まずは、ジュニジュニ紙面をご覧くだっさい☆

部長からの3つの指令をきっちり
真面目にこなしておりまっす☆

ど、ど、どうでっしょ・・☆

続いてブログをご覧くだっさい☆

20150423.ipad8-1.jpg多治見、恵那、中津川と今回福ロウも初めて訪問した
岐阜・東美濃エリアには隠れた魅力がいっぱいでした☆

当選し参加してくれたジョシマル
メンバーとご家族にも好評でっしたし☆

「部長!こんな遊んでばっかりのレポートじゃ、認められない
ですよね。こんなんで入社志望者が増えたらと思うと・・」



ね、姉さん、余計なこと言わないでくだっさいな☆

ではでは、部長の審判は・・☆ ドラムロール~~♪☆


20150423.yatta9-1.jpg
「まずは自らが楽しんで魅力を伝える、さすが親衛隊長、
ジョシマルコンセプトに合致した報告だったからオッケー!」


やった、あっりがとうございまっす☆


「・・・、まったく、どんな会社なんですか・・」

M姉さんたちの世代の処世術とは違うんでっすって☆


20150423.goti7-1.jpg部長のオッケーもいただきホッとしたうえ、
ちゃっかりゴチにもなりまっして、と☆

新年度スタートで、新たな展開&ジョシマル
追っかけイベント出没もおっ楽しみに☆


そうそう、青森佃店・弘前店の平日限定ランチセットはGW期間はお休みにつきご注意を☆


今日のランチ
「グルメ回転寿司 函太郎」
20150423.last7-1.jpg■ 青森佃店 青森市南佃2-27-17 MAP TEL017-765-0405
■ 弘前店   弘前市城東北4-5-3 MAP TEL0172-29-1603
 営業時間=11:00-22:00(L.O21:45)※ランチ注文は15時入店迄
 休=元日のみ  P=有  http://www.kantaro-hakodate.com/
 ※両店の平日限定ランチは4/25(土)~5/10(日)まではお休みです。
 2015年4月26日まで有効の「函太郎青森佃店・弘前店」の
 お得なクーポンは>>タウン情報コンパス春号「ランチ特集」で☆
今週4月14日(火)、訳ありで弘前に出張できちゃった福ロウ☆

20150417.hirosakipark9-1.jpg 弘前といえば桜、県内も今年は早咲き傾向で
弘前公園の桜も今年はやったら早いようで☆

全国から人が集まる弘前さくらまつりは、
4月23日が正式な開幕日でっすが☆




20150417.tsubomi7-1.jpg外堀のつぼみもだいぶデブンと膨らんで、間もなくでっすね☆

     ってなわけで明日18日から出店が営業を
     始めるなど「準まつり体制」に入るとか☆

おーい、もう少し待ってておくれっと☆


んでもって、外堀の桜の開花状況も気になるとこでっすが☆

20150417.hirosakishisya8-1.jpg
午前中の出張案件を無事終えて、
弘前支社に立ち寄りまっしょ☆

外堀の通り沿い、まつり期間中は毎日が花見的な
ベスポジにあるのが東奥日報の弘前支社でして☆




こんにちはッス、と弘前支社にお邪魔しますと、支社4年目に突入の編集部のS藤記者☆

20150417.skisya8-1.jpg
「わ~、お久しぶりですね!」

こちらこそ、ご無沙汰でっす☆

5年前に福ロウがブログ始めたあの頃、
本社で大変お世話になりまっしたっ☆


こんな福ロウも営業マン6年目に突入しちゃってましてですね・・☆



さて、弘前支社に立ち寄ったからには、この御方にもご挨拶を☆

20150417.bucyo9-1.jpgこの春、弘前支社に転勤となったK部長っ☆

「ずいぶんベテラン風吹かせて、
汚れが目立つんじゃないの?」


ふへっ、わかりまっす?



20150417.atogama8-1.jpg
E倉さんが年季明けると思しき来年の春、
福ロウ、弘前転勤、狙ってるんでっすよ☆

「うぇ?希望すればそんな簡単に君レベルで
来れちゃうもんなの、E倉君の後釜って?」



20150417.bucyo8-1.jpgそこんとこは要相談でっすよ、部長☆

ランチが美味しい店がいっぱいの弘前でっすからね☆

ってんで、ちょっと支社近くのお店にふらりランチに
行ってきますんで、電話番よろしくお願いしまっす☆


そんでもって、やってきたのは、弘前支社からもすぐ近く☆

20150417.baton8-1.jpg昨日発行になったばかり、コンパス春号
「ランチ特集」
でも紹介の「喫茶室 baton」☆

弘前公園内、市民会館管理棟の
2Fにある、シャレオツなカフェ☆



20150417.menu8-1.jpg
「K部長、置いてきちゃったけどいいの?私なんか
弘前勤務時代は部長を差し置いて先に昼など・・」


まったく、心配性なM姉さん

もう時代が変わってんでっすって、
ゆとり上等っ、ささっ選んで選んで☆



20150417.curry9-1.jpgさあさ、お楽しみのお食事は、ハイこれっ、
福ロウチョイスのこちらから登場っ☆

焼き立てアツアツのカレードリア、850円☆

とろとろたまご入り、スパイシーな絶品ドリア☆





20150417.niapolitain9-1.jpg
よよっ、E倉さんの「ナポリタン バトン風(850円)」も
うっまそうでっす、盛り付けもおっしゃれでっすね☆


「ここのナポリタンは、人気あるんだよ」



20150417.kanicream9-1.jpgM姉さんもパスタ部門からチョイス、濃厚な
蟹の旨みたっぷり、カニのトマトクリーム(850円)☆

「ランチ注文で、ドリンクが350円でつけられるようだけど、
部長も待たせてるから次回にとっといて、今日は食べたら帰るよ」


全く心配性なんでっすから、叱られても馬耳東風、
我らゆとり世代をぜひ見習っていただきたいっ☆



こちら>>ウェブ版・コンパス春号にも、バトンさんのこの春イチオシランチメニューをご紹介☆

さらに、ランチ注文でコーヒー1杯無料のクーポンもありでっすから、ぜひお試しを☆

今日のランチ
20150417.last7-1.jpg「喫茶室 baton」

弘前市下白銀町1-6 (弘前市民会館管理棟2階)   MAP
TEL 0172-88-8928   休=弘前市民会館と同じ  P=有
営業時間:10:00−18:00(L.O 17:30)
2015年6月30日まで有効の「喫茶室 baton」の
お得なクーポンは>>タウン情報コンパス春号「ランチ特集」で☆
1週間ぶりのご無沙汰で、なんやかんやでもう4月、皆様、おはようございまっす☆

20150407.sika9.5-1.jpg前回も報告のジョシマル岐阜ツアーの後編は
こちら、中津川市の道の駅「五木のやかた」から☆

「いつきじゃないよ、ごぼくだよ~♪」

おやや、誰の声っ?


まっ、とにかく、FDAの青森‐名古屋小牧便を利用して3月上旬に実施した
ジョシマル岐阜ツアー潜入報告の第2弾を今日はご紹介でっす☆


20150407.cyosyoku9.5-1.jpg1日2組限定のおもてなしの宿で迎えた朝、
手間ひまかかった温かな朝食からスタート☆

ツアー初日からすっかり馴染んで、寛いで
くれてる夫婦ペア、親子ペア4人様はというと☆




20150407.okawari8-1.jpg   和気あいあい、楽しい朝食タイム♪

   「杣人の里 挽家(そまびとのさと ひきや)
   田んぼで無農薬でつくってるというお米☆

   白米に合うおかずいっぱいで、お代わりじゃんじゃんっ☆


20150407.kinen8-1.jpgお世話になった田口臣一オーナー夫妻と
参加者揃って出発前の記念撮影でっす☆

初日から大活躍のS子記者
シャッターパチリで、ハイチーズっ☆




20150407.okamisan7-1.jpgゆったりくつろげるおもてなし、あっりがとうございまっした☆

広大な庭の木々たちに花が咲く
シーズンにもまた来たいでっす☆


さてさて、緑のバスに乗り込んだ一行の2日目は☆

20150407.map9-2.jpg前回も報告のこの地図をご覧くだっさい☆

岐阜県中津川市の東側、もうちょっと行けば
長野県ってな県境エリアを目指しまっす☆





中山道43番目の宿場町「馬籠宿(まごめじゅく)」に到着でっす☆

20150407.magomejyuku11.5-1.jpg

江戸時代の旅人になった気分、石畳の坂道が
特徴の中山道43番目の宿場町なんです☆



20150407.enasan9-1.jpgまずは、坂を上りきったところにある展望ゾーン、
恵那山と馬籠のまちを見渡して朝の深呼吸っ☆

日本百名山にも選ばれてる恵那山は、岐阜と
長野にまたがる、中央アルプス最南端のお山☆





20150407.tumagome8-1.jpg
お隣、長野県の妻籠宿まで7.7㎞、日本ブームで
宿場町間を歩いてみる外国のお客さんも多いそう☆



さてさて、初めての馬籠宿☆

20150407.ishiharasan8-1.jpgやっぱ地元の方に案内してほしいってんで☆

前日の戦国アスレチック、苗木城跡もガイドしてくれた
中津川市観光課の石原美穂子さんにお願いしました☆


「今日もよろしくね」



20150407.magomejyukuannai8-2.jpg 作家・島崎藤村の生誕地でもある馬籠宿☆

岐阜県中津川市の馬籠宿は、平成の大合併前は、
なんと、長野県山口村というとこだったのだそう☆


珍しい、越県合併が行われたエリアなんだそう☆



20150407.daigappei11-1.jpg
トーソンの故郷が長野から岐阜県になったってわけ☆


20150407.goheimochi8-1.jpg馬籠宿には、美味しい誘惑もいっぱい☆

うっかり八兵衛的なこちらの画、ちゃっかりと
石原さんにごちそうになっちゃった五平餅☆

「このエリアは、団子型が特徴です」

わらじ型を想像してましたので、まるでみたらし団子☆



20150407.akusyu8-1.jpg  お土産屋のアイドル、すかさず福ロウを見っけて握手☆

どうも、わたくし、青森から来まっした☆

ん? なになに、せっかくだから
ツーショットも撮りまっしょとな?


ハイポーズ、と☆

20150407.boy9-1.jpgって、外国のお客さんも毎日たくさん来るだけに
まごめ坊や、カメラ写りなかなか慣れてまっす☆

「ほらほら、先進んでるよ~」

わ~、皆さん、待ってください☆



約600mの坂道を散策、いい感じにお腹も空いて、お昼でっす☆

20150407.lunch9-1.jpg馬籠宿の日本料理店「萩乃屋」さんで
特製のお弁当をいただきまっす☆

なめこの雑炊も美味~っ☆

この辺りでとれる山菜など、地元食材たっぷりの
和のお弁当で、散策後のほっとするランチタイム☆


ゆったり過ごして、最後の訪問地へGOでっす☆


さあさ、到着したこちらは湖のようですが☆

20150407.enakyo8-1.jpg最後は恵那市で乗船体験、「恵那峡クルーズ」でっす☆

2日間、雨を降らさず頑張りましたので、ここはなんとか
クルーズタイム終了まで、雨無し君でシクヨロでっす☆





20150407.cruise8-1.jpg    大井ダムをつくるために、木曽川を
    せきとめてできたという人造湖☆

    奇岩、巨岩がいっぱいのスゴイ景色を楽しめる、
    30分に1本のジェット船遊覧が人気でっす☆




20150407.nami8-1.jpg船長さんが、自由自在にスピードも操り☆

先発の船とすれ違う、いいシーンも☆

ざぶーんっ☆



ややっ、あの岩もまた☆

20150407.kigan11-1.jpg
すんごいデカイっ☆


20150407.sencho8-1.jpg船内にテープで案内が流れるほかに、特別に
船長さんが解説もしてくださいまっして☆

訪問した3月上旬は、まだまだオシドリなどの
渡り鳥たちもたっくさん、優雅に泳いでました☆




20150407.nami7-2.jpg  春は桜、夏は花火大会、秋は紅葉と季節ごとに
  楽しめるのも恵那峡クルーズの魅力なんでっす☆

うわっとっと☆



自然の造形美に見とれておりましたが、そろそろ30分の遊覧も終了☆

20150407.sencho8-2.jpg湖岸に桜が咲き誇るっていう4月中旬にも
また訪れてみたい、そんな恵那峡でっした☆

これで、2日間ゆったりかけてゆったり巡った
岐阜県東濃エリアの旅、全行程が終了☆



一行は、夕方の便で青森に帰るべく、名古屋小牧空港へ☆

20150407.fdaorenge9-1.jpg空港着と同時に雨も本降りでっすが、旅先では
ほぼ雨に濡れずで、天晴れ男の面目維持☆

帰りのFDA機の色は、雨空にも
鮮やかに映えるオレンジでっす☆



20150407.nagoyakomaki9-1.jpg
名古屋小牧空港はワンフロアでチェックインから
搭乗手続きまで全て終えられるコンパクトな空港☆

搭乗時刻まで皆さん、最後の
お土産購入もゆったりどうぞ☆



20150407.nagopyon8-1.jpg
どはっ、新しいキャラ発見☆

空港のキャラ、なごぴょん、か☆

青い、鳥、という共通点に若干親近感☆



20150407.kaeri7-1.jpgそして、幸せ運ぶブルーバードが搭乗ってえと
わがふるさと、青森に向かう上空はもう晴れ☆

やっぱり、福ロウの向かうとこに青空ありっ☆

さあ、FDAの飛行機に乗ったらお楽しみは機内サービス☆



20150407.chateraise8-1.jpg この便では、シャトレーゼのプチマドレーヌ☆

 桜ういろうが登場の行きの便では本格静岡茶をチョイス、
 今回は香り高い淹れたてコーヒーをいただきまっす☆

次の機会はまた違う色の飛行機にも乗りたいな
なんぞ考えてるうちに、あっという間に青森到着☆



2日間の旅を一緒に楽しませてもらった参加者の皆さんとも、青森空港到着をもってお別れ☆

20150407.owakare8-1.jpgすっかり一緒になって楽しみ、お世話になりまっした☆

福ロウのブログジョシマルブログ
新聞掲載後にぜひご覧くださいね☆

そうだ、空港到着で思い出したっ☆



初日朝の青森空港、集合に合わせ超早めに到着の福ロウ、FDAさんのカウンターで・・☆


20150407.counter8-1.jpg3/25に新登場の9号機、新色は何色でっしょうか?

って、このツアー実施の3/8時点ではまだ発表前でっして、
「ネイビー」とか「シルバー」とかも選択肢にありまっしたが・・☆





正解は、バ、バ~んっ☆
メタリックに輝く「ゴールド」なのでっした☆

20150331.gold11-2.jpg
毎度楽しみなFDAの機体カラー、色が異なる全9機を制覇するのが福ロウの目標☆

今回の社会科見学密着を記念したFDAさんからの
オリジナルグッズプレゼントの詳細は、>>前回報告のブログページで☆


そして、岐阜・東美濃のジョシマル旅レポート、言うなればマジメ編は>>ジョシマルサイトへ☆
本日、3月31日(火)、東奥日報夕刊で東奥小中学生新聞「週刊JuniJuni」

年度末だって、月末は恒例の福ロウ社会科見学の掲載がございまっして☆

20150331.fda9-2.jpgババンっと、非日常のド派手は画からスタート☆

こちら、愛知県の名古屋小牧空港でっす☆

後ろの機体はもっちろん、青森と名古屋小牧を結ぶ、
フジドリームエアラインズの飛行機でっしてっ☆




今回の社会科見学は、ジョシマルサイトでも話題沸騰の
「FDAで行く! 春の岐阜・東美濃 歴史・伝統・浪漫にふれる大人旅」に福ロウが密着☆

20150331.tabi20-1.jpg
えっ、社会科見学じゃない、ただの観光ではって?


まあ、そんな意見もあるなか、ジョシマル親衛隊長の福ロウが、
旅の同行スタッフを勝ち取れた経緯は・・☆

20150331.kaiso7-1.jpg
こちら>>3月上旬に遡りまして・・☆

で、ただの観光じゃないってのを証明すべく、紙面に載りきれなかった裏話をブログで☆


旅のスタート、3月8日(日)の朝はもちろん天晴れ快晴っ☆

20150331.kinai8-1.jpg青森空港発の名古屋小牧便の機内☆

このジョシマルツアーに協賛してくれたFDAさんが
しっかり、福ロウの座席もご用意くださいまして☆

ルンルン気分で旅がスタート♪


20150331.kinai8-2.jpg  前の席には、今回のジョシマルモニターツアーに
  見事当選された、ペア2組さんが座ってまっす☆

夫婦ペアと親子ぺア、4名の参加者さん
岐阜・東濃の魅力をたっぷり味わって♪



20150331.hanashisan8-1.jpg後ろの席だから、機内サービスも一番最初っ☆

FDAの客室乗務員、端無柚花(はなしゆうか)さんに、
お世話になりまっす、と福ロウもご挨拶しときまっす☆


んでもって、お待ちかねの機内サービス☆





20150331.kinaiservice8-1.jpg
FDAのオリジナルサービス、行きの飛行機では
春らしく、季節限定の桜のういろうが登場☆

本格的な静岡茶とも相性抜群っ☆

ほっと一息し、そうだそうだ、忘れてた☆


20150331.shirei8-1.jpg今回の旅の福ロウの役目は・・☆

これこれ、A谷部長からの
この3つの指令でっす☆

まずは指令①をオープン☆

なになに?


= 指令その① =
『名古屋小牧空港と岐阜県・東濃エリアの地理関係を解説せよ!』

ではでは、青森空港から名古屋小牧空港到着までの85分のうちに、解説しちゃいまっす☆


愛知県の北に位置する岐阜県、今回は東濃エリアと呼ばれる
県東南部の「多治見」「恵那」「中津川」の3市をゆっくり周遊するプラン☆

20150331.map13-1.jpg
名古屋駅まで直通バスで30分の名古屋小牧空港は、名古屋市の北に位置し、
岐阜県境とも近いってわけで、東濃エリアも高速道路を利用して、1~1.5時間圏内☆

地図をご覧いただければわかりまっすが、さらに足を延ばすと有名な下呂温泉や
世界遺産の白川郷などの観光にも青森-名古屋小牧便は便利ってわけ☆



20150331.fujisan8-1.jpgうわっと、そんなこんなしてるうち、
左手には富士山が見えてきました☆

写真じゃわかりにくいでっすが、
雲の上にちょこっと顔出してます☆




20150331.cyakuriku8-1.jpg  あっという間に、名古屋小牧空港到着☆

  乗るたびに機体の色が楽しみな、FDA機☆

  今回の行きの便は、鮮やかなレッドでっした☆




20150331.bus8-1.jpgさて、名古屋小牧空港に着いた一行は☆

これまった鮮やかなグリーンのバス、しかも参加者4名と
福ロウたちスタッフでの貸し切りでゆったり移動の贅沢旅☆


グリーンといえば、この方っ☆


20150331.green7-1.jpg
取材用のこのグリーンのリュックに隠れて
来なくちゃならんかと思ってたところに・・☆

事前にいいアドバイスで、福ロウ同行実現の
アシストをしてくれたS子記者も一緒でっす☆



で、実施後の取材企画掲載も兼ねたこのツアー☆

早速、最初の訪問地は、名古屋小牧空港から、高速利用で40分くらいのこちらっ☆

20150331.kappa8-1.jpg多治見市内に出没でっす☆

八戸でいうところの " いかずきんズ " 的な
かおりがプンプンの「うながっぱ」・・☆

なんと、やなせせんせー作と聞いてビックリ☆



っということで、多治見といったら、うなぎ、なんでっす☆

20150331.unagi8-1.jpgお昼は創業明治30年の老舗、
「老鰻亭 魚関(ろうまんてい うおせき)」さん☆

ジョシマル旅の醍醐味、ご当地グルメは
ぜったい攻めとかなきゃでっす☆



しかも、多治見ってところは美濃焼のふるさとってんだから、ハイっこれっ☆

20150331.minoyaki8-1.jpg 美しい、美濃焼の器で登場でっすよ☆

この地域の焼き物販売の拠点として栄えた多治見☆

商談の折、うなぎが好まれたから美濃焼の丼で
うなぎを食べるという食文化が根付いたのだそう☆



オープン・ザ・丼の蓋っ☆

20150331.unadon10-1.jpg
備長炭で焼いた香ばしいうなぎと
食欲そそるタレのいい~香り☆


20150331.kaisyoku8-1.jpg参加ぺア、初顔合わせのランチタイムでっすが☆

美味しい料理で会話も弾み☆

しかも、福ロウがたちが、珍しい
青森からやってきたということで☆



20150331.dessart8-1.jpgお店の計らいで、デザートにプリンをいただいちゃいました☆

うなぎの旨さに夢中になってた福ロウ、肝心のご主人の話はというと・・☆

四代目主人・村手洋之さんのお話は、S子記者
うなぎお預けでしっかり取材してくれまっして・・☆

こちら>>ジョシマルサイトのツアー報告ページで紹介☆



午後は、同じ多治見市内にある美濃焼の窯元「虎渓窯(こけいがま)」さんで陶芸体験☆


20150331.togei8-1.jpg陶芸家の若尾昌宏さんと圭介さん親子でやってます☆

本日は、圭介先生が指導してくれまっす☆

「よしっ、これで美味しいビールを飲む!」
張り切ってるのは、夫婦ペアの小野泰裕さんっ☆



20150331.kyosho9-1.jpg
巨匠感満載で、どっちが先生っ?

しかも小野さん(右)、初めてというのに
手つきもなかなか様になってまっす☆



そして、こちらは?

20150331.rokuro9-1.jpg親子で参加、娘の佐藤奈保子さん☆

容赦なく回り続ける電動ろくろと格闘中っ☆

先生もすかさず救助っ☆



で、皆さんの作品は1~2カ月程度で焼き上がったら青森県内のご自宅に届くそう☆


さてさて、さきほどの地図を思い出してくださいな☆

20150331.map9-2.jpg県境寄りの名古屋小牧空港から、岐阜を
東に進むのが今回の旅、ってんで☆

続いては恵那市でっすが、恵那市訪問は
翌日にとっといて、中津川市にGOでっす☆





というのも、1泊2日の今回の旅で利用するお宿が中津川市にあるわけでっす☆

20150331.naegijyo8-1.jpgで、宿に到着する前に、立ち寄ったのがこちらっ☆

お城マニアの間では " 天空の城 " と話題、
中津川市の国指定史跡「苗木城跡」でっす☆

中津川市内を東西に流れる木曽川の右岸、一段と高く
そびえる山のうえに天守跡の見晴台がありまっす☆





20150331.yamashiro8-1.jpg    下から見上げると、山城感が半端ないっ☆

    上まで結構距離ありそうってんで、
    参加者全員でひたすら歩きまっす☆




こんな大きな自然の岩を利用して、築かれてたお城☆

20150331.rock10-1.jpg
うううわわわっ☆


20150331.kesiki10-1.jpg 20分ほどかけて、ようやく上った見晴台では、
ご褒美に恵那山と木曽川の絶景が☆

こりゃ、スゴ~いっ☆

戦国浪漫ただよう、この景色☆



20150331.yamashiro10-1.jpg

木曽川から霧がたちこめる早朝には・・☆

ふもとから見上げれば、霞に浮かぶ城が
出現ってんで「霞ヶ城」とも呼ばれてるそう☆





20150331.camera8-1.jpgひたすら登って息がきれた福ロウ、取材担当の
S子記者も何とかシャッターを切り続け☆

そして、撮りながらまた、歩く、歩く☆




20150331.matte7-1.jpg  旅慣れた参加者の皆さんは、自然の岩と岩の間を
  すり抜け、下りもけっこうスタスタ行くんでっす☆

  パンフレットにあったキャッチコピー、こりゃまさに
  戦国アスレチックの苗木城、待ってくだっさ~い☆




2日目の馬籠宿と、この苗木城を案内してくれた中津川市観光課の石原美保子さんの
解説は>>ジョシマルサイトのツアー報告後編で詳しく紹介してまっす☆


さてさて、歩いて爽やか~な汗をかいた一行は、いよいよこの日の宿泊先に移動☆

20150331.hikiya8-1.jpg 8つの市町村が合併して誕生したという、広~い
中津川市、苗木城跡から車で北上しまして☆

その先はもう下呂温泉という加子母地区にある
「杣人の里・挽家(そまびとのさと・ひきや)」さんに到着☆

指令②は、1日2組限定という、里山の
おもてなしのお宿に関するものでは?



= 指令その② =
『女性に大人気のもてなしの宿、その魅力をリポートせよ!』


20150331.wagashi8-1.jpg こりゃ、もう、お宿のすみからすみまで
おくつろぎのとこ、ちょっと失礼しまっす☆

まずは、ウェルカム和菓子が登場っ☆



20150331.maneki7-1.jpg
広さ30畳のロビーで、旅の疲れをいやす、ほっと一服☆

おばあちゃんの世代から受け継がれてるという
素朴な置物たちも和モダンな雰囲気にマッチ☆


ゆったり桜のお菓子を楽しんで、それぞれお部屋にご案内☆

20150331.room11.5-2.jpg
明治時代の古い建物をモダンに改装したお部屋は、
どちらもゆったりの和室・和洋室の2タイプから選べます☆


んでもって、一番のお楽しみの夕食タイム☆


20150331.kanpai9-1.jpg一日の疲れも癒す、カンパ~イっ☆

参加の皆さん、和気あいあいの夕食シーン☆

おもてなしのお宿の夕食、和風モダンな
お食事スペースでいただくのは・・☆



20150331.dinner8-1.jpg自家栽培の畑でとれた野菜や季節ごとの里山の
山菜をふんだんに使った創作和食がメイン☆

どれもほっとするやさしい味つけ☆


そして、この地域の特産といったら☆

20150331.dinner9-1.jpgA5ランクの国産和牛「飛騨牛」でっす☆

写真は、撮影用に3人前ドドンっと☆

S子記者にお願いして福ロウも脇で
撮影班させていただきまっして、と☆



超豪華な夕食のラインナップ☆

20150331.dinner11-1.jpg
料理の詳細は>>ジョシマルブログにっ☆


20150331.satsuei8-1.jpg  って、リポートするだけじゃ物足りないし、
  同行スタッフとしてここは役得をでっすね・・☆

  S子記者、撮影後はジュジュっと飛騨牛を焼いて
  福ロウたちも夕食を楽しんじゃいまっしょうね☆


  「間もなく終わるよ、もうちょい待ってね~」


ってんで、福ロウもしっかり皆さんと同じごちそうをいただき☆

20150331.dinnerdessart8-1.jpg締めは、自家栽培の無農薬米のお茶漬け☆

そして、女性に嬉しい充実デザートも☆

白玉抹茶アイスにフルーツまで、
こりゃ男性も女性も大満足っ☆

じゃ、福ロウたちも離れのお部屋でゆったりしまっしょ☆



20150331.help7-1.jpgしか~し、取材業務で随行のS子記者は、本日取材したネタを
その日のうちにまとめとくってんだから、さらにここからひと仕事☆

福ロウ、役に立ちませんが、なんか手伝いまっしょか?

「はいはい、いいから、いいから」

じゃ、先にお風呂はいっちゃってまっす☆

20150331.furo9-1.jpg夜は暗くてうまく写らないだろからと、
明るいうちに風呂場は撮っときまっした☆

鉄分とラドン豊富な地下水を沸かして
入れてるという、ゆったりの貸切風呂☆


体ぽっかぽかで湯冷めなしでっした☆


20150331.ipad7-1.jpg
S子記者もお仕事終了して、続けてザブンとどうぞ☆

待ってる間に福ロウも、一応仕事してる
感じのアリバイ写真を撮っときましてと☆



そして、就寝前のお疲れ様の乾杯でっす☆

20150331.kanpai8-1.jpg「ソウル以来だね」

でっす、昨夏のソウルナイトも思い出しまっす☆

すっかりほろ酔い気分で
就寝しちゃったってんで・・☆



翌日から続く、2日目の旅模様は、また近日公開っ☆

でもって、ここで終わると『指令③』がクリアできてまっせんってんでオープンっ☆


= 指令その③ =
『3月25日にデビューのFDAの9号機、その新カラーを報告せよ!』


こちらは旅行後に発表になりましたので、取り寄せた資料でご報告っ☆

20150331.gold11-2.jpg
新登場は、メタリックに輝く「ゴールド」でっした☆

デビュー当日、記念すべき最初のフライトはなんと
名古屋小牧から青森空港だったんでっすね☆


そして、3/29から夏ダイヤスタートで、青森-名古屋小牧便は1日3往復に増便☆

20150331.time11.5-1.jpg
まっすます便利になったFDA名古屋小牧便で、楽しさ広がる自分だけの旅プランをどうぞ☆


今回、ご協力くださったFDAさんから、オリジナルグッズの読者プレゼント
「1/300エアクラフトモデル」と「飛行機ぬいぐるみ」をいただいてまっす☆


20150331.present10-1.jpg機体ごとに色が異なるFDAの飛行機、
プレゼントも当たる色はおっ楽しみに♪

各20名様、いずれか選んでご応募を☆

①住所 ②氏名 ③年齢 ④職業 ⑤電話番号⑥希望の
商品名⑦ご意見・ご感想を書いてハガキで下記へ☆



〒030-0180 青森市第二問屋町3-1-89 東奥日報社 営業局 「福ロウ社会科見学」係へ☆

2015年4月24日(金)必着☆ たくさんのご応募、お待ちしてまっす☆
来週からはもう4月、青森県も間もなく春でっすが・・☆

雪が解ける前に、このジョシマルイベントにも顔出しとこってんで、3/20(土・祝)に出没☆

20150327.golfkanban8-2.jpgジョシマルで今年の1月から始まった、
冬期限定の室内ゴルフレッスンっ☆

青森カントリー倶楽部さんが運営する、こちらの
冬期練習場もいよいよ今季の営業は3/31まで☆

月イチ開催、土曜レッスンはジュニア連れOKってんで、
今回はジュニア連れの会員さんがいるかな?



20150327.golfkanban8-1.jpg     「ハイ、やってきました!オレ、今回2回目~っ」

     むむっ、叔母さんに連れられて弘前から
     来たという、小学2年生の元気な男の子っ☆

     なんでも、前回2月に参加のときに、青森市内から
     参加の同じ2年生の男の子と意気投合したとか?



今回も参加できるよう、示し合わせていたとかいないとか☆

20150327.boy8-1.jpg早速、室内練習場に入ってみると・・☆

会員のお母さんに連れてきてもらって、
こちらの2年生の子も、早くも練習中☆

なかなかセンスあり、いい画が撮れそうでっすよ☆


指導は、ジョシマル女子ゴルフといったらお馴染みの、天内一君レッスンプロ☆

20150327.juniorlesson8-1.jpg
前回のレッスンから1か月・・☆

さっきの弘前からのチビッコは、少しフォームも
忘れたようで、まずはクラブの持ち方から復習☆






20150327.juniorlesson8-2.jpg          フォームが良くなってきたから、
          先生が動画撮影してくれてます☆

          フムフム、なかなかいい構えに
          なってきたじゃあ、あっりませんか☆




20150327.check8-1.jpgその場ですぐチェックして☆

先生がやさしく改善点を指導してくれるから、
低学年の子でも目に見えて良くなるんでっす☆





20150327.check8-2.jpg
こちら、青森市の男の子には、撮影したフォームと
録画済みの上級者のを見比べて指導してまっす☆

柔軟性があるのか、チビッコたちは上達も早いっ☆



前回終業後に出没見学した、M姉さんT美P軍団とは、飲み込みが段違いかもでっす☆


20150327.kongo9-1.jpg青森カントリー倶楽部協賛のジョシマルゴルフは、
雪解け以降も新展開が予定されてるそう☆

こりゃ自分の上達も企んで、親衛隊長の福ロウ
しましても、今後の展開も要チェックでっす☆


ジョシマル

青森旨うま日記

2015年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

「満福ランチブログ」
スマートフォン版はこちら

アーカイブ

最近のコメント