先週末、何してたかって話☆

20170519.bakery8-1.jpgドリップコーヒー仲間のS子さんにいただいた、
イートファンさんの母の日ベーカリーで昼食を☆

母の日に本物のお花を贈るのもいいけど、
食べられる花の形のパンもいいねってんで☆


先週の金曜はこれでランチタイムを☆



20170519.bakery8-2.jpg
最近は、お花だけじゃなく、いろんな形で
母の日ありがとうを伝えるってのが乙っ☆

食いしん坊の福ロウなんかは、やっぱり
食べられるプレゼントがいいなってわけ☆



となれば、こないだの日曜日、母の日当日っ☆

20170519.mothersday8-1.jpg
そんなイートファンさんに
事前に予約しといたコレっ☆

今年の新作、カーネーションのデコも
かわいらしい、母の日アントルメっ☆

母の日のプレゼントってことにして☆



ちゃっかりお相伴にあずかるのはいつものこと☆

20170519.mothersday9-1.jpg
美味しいスイーツで、今年の母の日もバッチリ☆


で、金と日の間の土曜は何してたかってえと☆

20170519.asameshisyokudo8-1.jpg青森市浅虫で、福ロウが前から
気になってたスポットへの出没☆

コンパス春号にも登場の
「浅めし食堂」でっす☆



20170519.omiyage8-1.jpg
店舗に入ると、手づくりの商品群っ☆

ここで手作りされた各種味噌やコンポートなど、
やさしい手作りの味をお持ち帰りできちゃう☆




20170519.menu7-1.jpg14時までいただける、日替わりの
ランチセットは、なんと600円っ☆

カロリーも計算されてて、健康にも気を使いつつも☆

「フライ」や「オムライス」など、バラエティ豊かな
日替わりメニューカレンダーにテンションアップ☆



日替わりカレンダーは浅めし食堂のfacebookにアップしてるんだそう☆

で、来ました、この日は「鮭フライ」☆

20170519.lunch9-2.jpg
野菜もしっかり添えられて☆

小鉢のスキ昆布も、ダシの香りでいただく上品な味付けがグッド☆



20170519.lunch9-1.jpg休みにクルマを出してくれたT美Pも健康食っ☆

「手作りのサバ味噌煮を750円の定食で。
小鉢の煮物もやさしい手作りの味」


ついてくる米ぬか茶は、おかわり自由っ☆

蕎麦湯のように血圧を下げる効果もあるとかで、
無料のヤーコン茶と交互にゴクゴクいただき☆



20170519.drink8-1.jpg
5/31まで有効のコンパス春号クーポンも持参だから☆

二人分の飲み物を無料でいただき☆

「これはいい店発見って感じだね。
たまにはやるじゃん、うんうん」


まっ、コンパス春号に載ってたんで、福ロウの
手柄じゃないっちゃあ、それまでなんでっすが☆



20170519.omiyage8-2.jpg定食にも小鉢でついてたコンポートや、
味噌味のねぎ炒めなども、瓶詰で購入可☆

健康を気づかいながらも、美味しいものも
食べたいって人にオススメのカフェ的食堂☆





日替わりランチは14時まで、その他定食類は15時までオーダーできちゃううえに☆

手づくりスイーツで16時までゆったりカフェタイム利用、ってのもオススメでっす☆


今日のランチ
20170519.last7-1.jpg「浅めし食堂」
青森市浅虫字蛍谷65-34 ストンキ1F   MAP
TEL 017-752-3322
定休日=無   駐車場=有
営業時間=11:00~16:00 (食事メニューのLO=15:00)
2017年5月31日まで有効の「浅めし食堂」の
お得なクーポンは>>タウン情報コンパス春号「ランチ特集」で☆
木曜ランチは、コンパス春号で紹介の青森市栄町国道沿いの「泰苑」に来てまっして☆

どなたと一緒かと申しまっすと・・☆

20170512.sabadashinokaori9-1.jpgきょ、局長っ、何をなさってるんで?

「ん~、飲み会明けのランチはやっぱり泰苑の
支那そばだよね。さば節ダシの香りが最高だ」


むむむっ☆



20170512.nonki8-1.jpg
(しかし呑気な局長・・っ☆)

(あのことに、気づいているんでっしょうか?)

え、A谷部長、あわわっ、
じゃなかった、A谷局長っ☆



20170512.kyokucyo9-2.jpg
(もしかして、もしかして、呑気に
支那そばをすすりながらも・・☆)

(この1年間、あのことをずっと怒ってたりして・・☆)




20170512.kuishinbo8-1.jpg
「おっ、今日もセットとは相変わらず食いしん坊だ」

でっす、支那そばとチャーハンのセット、
ランチタイム限定で、お得な750円☆

・・・って、そんなことよりなにより☆



ずるずるっと美味しそうに、泰苑名物「支那そば(550円)」をすする局長・・☆

20170512.sinasoba8-2.jpg
(ホントに根に持ってないのでっしょか?)

(昨春には既に局次長になられてたってのに、
この1年ずっと「A谷部長」と書き続けてたこと☆)





20170512.coffee8-1.jpg
「いや~、相変わらずうまかった~!
食後のコーヒーサービスもグッドだわ」


でっ、ですよねぇ☆



すっかりゴチになり☆

20170512.noren8-1.jpg最後に天罰が待ってまっした☆

あわわわわっ☆

旨い店の証明、年季入った
暖簾にぶっささり・・☆



今年度も福ロウなりに頑張る所存につき、新局長っ!引き続きシクヨロでっす☆


今日のランチ
「泰苑(タイエン)」
20170512.last7-1.jpg 青森市栄町2丁目9-18   MAP
 TEL 017-743-4660(FAX兼)
 定休日=水曜日    駐車場=2台
 営業時間  LUNCH  11:00-15:00
         DINNER 18:00-22:00
連休中は更新しないだろと思われがちでっすが、春の風物詩だけはアップせねばっ☆

20170503.sakuramatshuri9-1.jpg4月最後の週末、こちらに出没してまして☆

全国屈指の桜の名所、弘前公園っ☆

早咲き傾向の今年は、GWの
前半で早くも外堀散り始め☆



20170503.booth8-1.jpg
明るいうちに出没してたのは、追手門広場☆

津軽の観光土産やグルメなど
各種ブースが並ぶ中に発見っ☆




青森県と友好交流協定を結んでおりまっす、
「韓国・済州特別自治道(済州島)」のPRブースっ☆

20170503.pr15-1.jpg
なんと、済州島から2名の道庁職員さんも来県しての展開っ☆
左のお二人の男性、コ・ヨンゴンさんにジャン・ムンボンさん☆


県国際交流員のパクスヨンさんと県庁の男性職員さんも一緒に済州をPR☆



で、福ロウが会いに来たのが一番右の方っ☆

20170503.tomotakesan8-1.jpgこちら、済州観光公社東京広報事務所長☆

渡守武祐子さん、トモタケさんと読みまっす☆

「ようやくお会いできました!」と感慨無量の握手☆

ふぇっ、後ろの石のオジサンも気になる?




済州島のいたるとこに鎮座してるっていう、島の守り神
「トルハルバン」、石のおじいさんなんでっすよね☆


20170503.goods8-1.jpg
「自然豊かな済州島へぜひ!」

もちろん、行きたいでっす☆

福ロウがトモタケさんの来青情報を
入手して駆けつけたのも、実はっ☆


福ロウのマイブーム「済州」行きを狙ってるからでっして☆

20170503.tomotakesan9-2.jpg勝手に観光大使になり切って、今後も
バンバン、済州をPRしちゃいまっす☆

ってのも、3月にジョシマルがおもてなしした
"済州3人娘の青森女子旅"をきっかけに☆


今度は福ロウが3人娘に会いに行きたいってわけ☆


で、女子旅2日目夜のジョシマル会員との交流会で、済州PRの
ポスターや動画を提供手配してくれたのが、トモタケさんでして☆


20170503.jejudinner12-1.jpg

当日の東奥日報取材班による、総力取材
>>交流会当日の動画もまた懐かしいっ☆





20170503.poster8-1.jpg
自称・青森県を代表するキャラクター、流行りの
インフルエンサー・福ロウといたしまっしては☆

やっぱり実際に済州に行って、島の魅力を
青森の皆さんにPRしたいって意気込み☆





えっと、サクラ報告がすっかり、済州行き実現の決意表明となったところで☆


20170503.bonbori8-1.jpg
一杯引っ掛けて、辺りはすっかり夜っ☆

弘前公園そばの東奥日報社弘前支社の前に、
今年も灯るぼんぼり群っ、なんか増えたような☆




20170503.sotobori8-1.jpg
弘前公園内、夜桜見物にGOでっす☆

桜の花びらが散り水面に浮かんで広がる外堀の
花筏には、この日はまだちょっと早かったよう☆




園内がちょうど満開となったこの日、いい感じに
ライトアップされた桜とお堀、ビューティフルっ☆

20170503.ohori12-1.jpg
んでもって、弘前公園といえば弘前城なわけでっすが☆

昨年の桜報告でもお伝えしましたが☆


20170503.kaizoucyuu8-1.jpg
天守を支えてきた石垣が膨らんで、崩落の
恐れありってんで、本丸石垣大改修中っ☆

総数2千個以上の石に番号を付け、解体&調査後は
再び元の場所に戻すっていう、気の遠くなる作業っ☆




20170503.honmaru8-1.jpg
石垣の改修工事に伴って、天守は本丸に引っ越し中☆

鮮やかな朱色の下乗橋から、今年も
お城が遠くに見えてる状態でっして☆

向こうにぼんやり見えてる天守も
2021年度に、天守台に戻るそう☆



20170503.gejyoubashi9-1.jpgお城と桜をバックに撮影できる、
定番の構図復活はもう少し先☆

この春は、石垣解体・修復の作業を間近に
眺めることができる展望デッキもできたんで☆


GW後半の弘前公園サクラ観光は、
石垣改修現場にもぜひご注目を☆

昨日の木曜日までの今週っ、何してたかって話☆

20170428.tsukanosakurasaido9-1.jpg今週が桜ピークの青森県内☆

弘前市の北の玄関口、国道7号
津賀野地区の桜並木でっす☆

いつの間にか「つかの桜街道」なんぞと素敵な
名前がついたらしく、桜満開なのであります☆



弘前出張から青森市への帰路もM姉さんに運転していただいて、
免許無しの福ロウは、夕暮れの桜街道を助手席から満喫っ☆


20170428.cake8-1.jpg
昨日4/27(木)に、とある業務で
弘前に行っていた福ロウは☆

協力依頼の御礼で立ち寄った、弘前市内の
人気スイーツ店のケーキをゲットして帰社☆





20170428.break7-1.jpg
18時過ぎに戻った社内で、
美味しいコーヒーを淹れて☆

残業前のひとときを楽しんだわけで☆




20170428.hahanohi8-1.jpg
そういえば、ケーキで思い出しました☆

母の日におすすめのギフト満載の特集が
4/26(水)の夕刊でも掲載されたってんで☆




20170428.hahanohi8-2.jpg
福ロウも大好きな、青森市のイートファンさんが発表の
今年の母の日スイーツ新作を紙面でしっかりチェック☆

ということで、実は、実は、このところ
なんだかんだでスイーツづいてまして☆



20170428.eatfun9-1.jpgむふふっ、じゃじゃ~んっと☆

S子さんが、イートファンさんから
早速買ってきてくれた、こちらのケーキ☆

彩り豊かな「お花のケーキ」を
週のアタマにゴチになっており☆


>>コンパス春号でも紹介されてた、これでっす☆


こんときも、ハンドドリップのコーヒーを優雅に楽しみながらの、残業タイムだったわけで☆


20170428.coffee8-1.jpg
「結局、ケーキとコーヒーばっかり楽しんで、
先週末から一週間、どんな仕事したの?」


M姉さんの厳しい言葉に負けず、S子さんと同盟を
組んで、スイーツ&コーヒー部が続きそうな予感☆


サクラ満開の弘前訪問の真相は、いずれ報告でっす☆
もう今週も金曜だってんで、先週の金曜日は何をしてたかってのを上げるだけの金曜日☆

20170421.kanpai8-1.jpg金曜の夜は残業しないぞってんで、
謎の美女と、おデートでっす☆

お久しぶりでっすと、ビールで乾杯っ☆

謎の美女は八戸市のご出身ってんで☆



20170421.saba8-1.jpg
なんとっ、週末実家に帰られたときに
買ってきてくれたというお土産を頂き☆

八戸名産の鯖ジャーキ~、うまっそ☆

人気のご当地おつまみ「なかよし」との
うれしいセット、ありがとうございまっす☆


久々にお会いするってんで、福ロウもなんかお土産持参できないかなと思ってたら☆

席の後ろに、こんな良いもん見っけちゃいまっして☆


20170421.winepresent9-1.jpg
M姉さんが北海道出張行った時に工場見学を
させてもらった、「はこだてわいん」のワイン☆

ジョシマルツアーの試飲タイムで、女性たちに
一番人気だった種類、って言ってました☆




20170421.winepresent7-1.jpg
「いいんですか?」

もちろんでっす☆



20170421.potekotan9-1.jpgあと、これでっす「ぽてこタン」☆

福ロウが姉さんの出張中に、何度も遠隔操作で探させて、
フェリーターミナルで逆転ゲットのお土産ニューフェイス☆


「ありがとうございます~!いつもブログを
見てますよ♪ ところで、今日はどんなランチを?」



今日のお昼でっすね、そうそうこちらでっす☆

2月の社会科見学企画で特集した「蓬田村」☆


20170421.lunch9-1.jpg 村の特産品販売施設「マルシェよもぎた」の
カフェコーナーに、遅めのランチで出没っ☆

特産のトマトを使った、各種手作りの
メニューがうれしい、こちらでドンっ☆


オムライス(800円)をいただきまっす☆

フルーツのような中玉トマト、「よもぎた4姉妹」の
三女「サマーセレブ」に、卵ももちろん蓬田村産☆




20170421.sea8-1.jpg
すぐ目の前に陸奥湾が広がる、
なかなかのシチュエーションっ☆

春の海を眺めながら、
ゆっくりランチを、と☆



「それほどゆっくりもしてられないわけよ」

20170421.lunch9-2.jpgてへっ、ってM姉さん、お昼くらいは
慌てずゆっくりいただかなくちゃ☆

姉さん注文のキーマカレー(800円)にも
蓬田産のトマトが使われてるんでっすの?


村オリジナルの「とまとけちゃっぷ」を使用した
ナポリタン(800円)と迷って選んだキーマカレー☆



20170421.curry8-1.jpg
「ひき肉がたっぷりのキーマカレーは、隠し味に
トマトの酸味もきかせ、ピリ辛仕上げってわけよ」


小鉢で野菜がついてて、ヘルシ~☆





20170421.goma8-1.jpg食後は、気になっていたこれこれ☆

季節到来っ、岩手県雫石町の牧舎
「松ぼっくり」さんのジェラート入荷☆


ゴマ味、くだっさいな☆



20170421.kawauchisan8-1.jpg
2月の社会科見学企画の取材でも
お世話になった、川内恵理子さんっ☆

カフェのメニュー開発&調理も担当してる方☆

美味しいランチ、ありがとでっした☆



20170421.present8-2.jpgところで、日中に蓬田村まで行った
目的はこちらでっした、よいしょっと☆

社会科見学企画の読者プレゼントで
ご提供いただいた品物をお預かりに☆

村特産の「とまとけちゃっぷ」「トマトピューレ」「パスタソース」
「トマトチリソース」「トマトジャム」が入った加工品5点セット☆




20170421.fukuillust7-1.jpg
「応募が100通以上来てた人気プレゼントだったね。
イラストつきもあって、ちょっとした人気モンじゃん」


およよっ、福ロウでっすね☆


「トマトかぶったアンタもあるよ」

20170421.fukutomatoillust7-1.jpgうほほっ、トマト福ロウでっすか☆

世界中の福ロウファンの皆さん、
丁寧なイラストありがとでっす☆


とはいえそこは、厳正なる抽選の東奥日報社
イラストあっても、当たるかどうかは時の運っ☆



ってなわけで、どなたに当たったかは、今週発送しましたんで☆

20170421.yuusou10-1.jpg
週末、ご自宅に届いた方は、美味しいトマト加工品で
パスタにオムライス、楽しんじゃってくだっさい☆

残業前に、腹ごしらえしちゃおっていう、今週も後半、木曜夜の話っ☆

20170414.kantaro8-1.jpg福ロウのブログを、日々職場のパソコンで
隠れチェックしてる「隠れ福シタン」の皆さん☆

もうここの専属キャラになっちゃえば
なんて思っちゃってるでしょうが☆


青森市佃の「函太郎青森佃店」さん☆



20170414.kupon8-1.jpg
なにを隠そう、3月から東奥日報に定期掲載中の
「東奥のれん街」歓送迎会編を張り切って持参っ☆

メニューを一新した函太郎青森佃店のお寿司、
240円迄の皿から一皿サービスクーポンつき☆


では、夜ごはんを☆

20170414.aburi9-1.jpg新しくなったメニューで、なんと発見っ☆

大好きな「えんがわ炙り」が、全て240円皿で
バリエーション豊かにシリーズ展開されてまして☆


「えんがわ焦がし味噌炙り」に
「えんがわ焦がし醤油炙り」☆




20170414.kuponaburi8-1.jpg
「えんがわ塩だれ炙り」、どれも240円だから
うち1枚はクーポンつき「のれん街」で無料☆

ジュワジュワっと脂の旨みを堪能した後は☆




20170414.hotate8-1.jpg

口ん中をさっぱりさせるのに最適の、
ぷりっぷりのホタテと鯛一郎くんを☆




20170414.taiichirokun8-1.jpg

こっちの透き通ったのが、鯛一郎クン☆

愛媛直送、ブランド真鯛っ☆



いっぱい食べて、さあ会社に戻って残業だって机についたら☆

20170414.gekioko9-1.jpg
「ちょっとアンタ!今日、4/13(木)は何の日か
知ってて脳天気に行ったの、函太郎?」


うわわっ、 " 激おこ " のM姉さんっ☆

なんでっしたっけ?まさか、まさか?



20170414.compass8-2.jpg
あれれっ、そいえば、今日は4月らしからぬ寒気到来で
雪が舞い、いったん春が遠のいたのかな何ぞと油断☆

それなのに、コンパス春号、もう出てました?

「そのまさかだよ。すっかり中堅気取りで、遊んで
手伝わないでるうちに、奔走してたよ、若手たち」




20170414.compass9-1.jpgふががっ、うっかりさんしちゃった☆

もうだいぶ中堅の福ロウ、美味しいとこだけ
いただいちゃう主義が板についてきまして☆


じゃ、早速定番の告知を☆

新年度が始まり、春のうきうき情報が
満載のコンパス春号が出てまっした☆



また来週あたりから、呑気にランチ特集の店を回る新年度スタートってとこでっす☆

前回のご報告の続きというか、こぼれ話を☆

20170407.bukiccyofuku9-3 .jpg「済州まで送る荷物だから、丁寧に扱わねばだよ」

ぶきっちょ福ロウに代わり、事務仕事の鬼
「T美P」、梱包作業しくよろでっす☆

あの楽しかった3/3(金)~5(日)の3日間から、
早くも1か月が経ってたんでっすな~、しみじみ☆





韓国・済州島からやってきた、3人の女性たちの女子旅に勝手に密着した3日間☆

20170407.norosan8-1.jpg
2日目の朝に訪れた、五所川原市の津軽金山焼☆

陶芸家、野呂理紗子さんに教わって
チャレンジしたあの本格的な陶芸体験☆





20170407.tougei8-1.jpg
あのとき、真剣に挑戦した各々の
オリジナル器が、焼き上がり☆


まさに、韓国・済州島へ向けて
発送しようってとこだったわけで☆



温度が上がりやすく、高温でギュっと焼き締められる登り窯☆

20170407.kama8-1.jpg
当日は赤々と火の入った窯も見学させてもらい、
自分たちのもどんな風に焼きあがるか、楽しみだったってわけ☆



「行く先々でご当地の皆さんにお世話になってたね、動画で見た」

20170407.douga8-1.jpgでっすよ☆

とにかく本編じゃ、公開できないよな
仕事を忘れての、あっ、いやいや☆

ガチンコの真剣おもてなしの数々だったわけで☆



まっ、てなわけで、梱包作業をしながら、こぼれ話を続けますってえと☆


20170407.omukae8-1.jpg
初日、青森空港までお出迎えした福ロウ☆

済州の御一行は、前夜のうちに済州島から
韓国の首都・ソウル(仁川)に入ったうえで☆


仁川-青森直行便で来県☆




20170407.ishikawasan8-1.jpg
お迎えして早速、五所川原市の
「立佞武多の館」を訪問しまして☆


ここで出会った石川マミ子マネージャーが
元気印だなんのって、おもてなし力がピカイチ☆





20170407.ishikawasan8-2.jpg
名刺いただきまっして、
初対面のご挨拶を☆


東奥日報の社員っつう福ロウのキャラに
ちょいちょい、驚きのマネージャー☆



高さ20m以上もある立佞武多を実際に制作している工房も
見学させていただいたり、金魚ねぷたの制作体験にお付き合いいただいたり☆

20170407.kingyo8-1.jpg
なんと、「立佞武多の館」ブログでも、訪問当日の福ロウを掲載してくれてまっす☆



でもって、宿泊した鰺ヶ沢町「ホテルグランメール山海荘」で、
なんとも衝撃的なサプライズもあったんでっす☆


同社社長と若おかみさんの歓迎挨拶に続き、豪華海の幸の夕食を堪能する御一行☆

20170407.grandmer20-1.jpg
和と洋がいい感じにコラボした創作料理も登場☆


新鮮なお刺身も、しっかりS子記者
撮影してくれてまっすから、と☆

20170407.sashimi9-1.jpg


20170407.kanpai7-1.jpg20170407.kanpai7-2.jpg 撮影が終わったとなれば、もう福ロウも一杯いただいちゃいまっす☆

そうこうやって、盛り上がっていた福ロウたちの個室に登場したのが☆




「あれ?このお給仕さんたち?」

20170407.surprise8-1.jpg昨年11月に伊勢神宮や富士山で開運祈願したジョシマル旅に、モデルで参加してくれたあの二人☆

そうなんでっすよ☆

なんと、グランメール山海荘さんで、
偶然、配膳のお仕事中だったそうで☆


福ロウたちがいるらっしいと聞きつけ来てくれたそう☆


まさかの、初日から仕込みナッシングでのジョシマル会員さんと
ガチンコ遭遇ってんで、パチリっと記念撮影☆

20170407.surprise12-1.jpg
「翌日夜のジョシマル会員との懇親会や最終日のワ・ラッセでの
跳人隊歓迎シーン以外にも、こんなサプライズがあったのね」


でっす、ある種の奇跡☆



20170407.danshi9-2.jpgで、こっちが個室で実際にお給仕を
してくれた、ホテルスタッフ・翔馬くん☆

初めての若い青森男子登場ってんで、モテモテ☆

てきぱきとした仕事ぶり、ありがとでっした☆



20170407.wasaotrack8-2.jpg
出会いといえば、わさお先輩との
再会
もやっぱり思い出深く☆

「軽トラ、張りぼてじゃん」

あっ、この写真ではないでっした☆



20170407.chomecyan9-1.jpg こっち、こっち☆

「ん?なんか似てるようなわさおじゃないような」

わわわっ、わさお先輩似のこっちの
白わんこは、養女のちょめでっした☆


「養女もいるの?嫁さんはいるとは聞いてけど」


20170407.tsubaki7-1.jpg

そうそう、こちらが先輩の
お嫁さんの「つばき」☆





鰺ヶ沢町のアイドル犬の癒しの表情を撮ろうと、もう3人とも必死なのでありまっす☆

20170407.fever11-1.jpg


福ロウだって、奇跡の一枚を撮りたいってんで☆

20170407.wasao2shot9-1.jpg
わさお先輩に後頭部をぺろりっと
やられながらも、撮ったった~☆

このときのわさお先輩たちの様子が、Web東奥内の
先輩のブログ>>「わさお通信 今日のしっぽ」にも☆


20170407.wasaotsubaki9-1.jpg
「さすがわさお、今回の女子旅の動画閲覧数も
ピカイチ、数字持ってる。やっぱアイドルだね」



>>東奥日報の「YouTube」ページ、あおもり女子旅
9つの動画で、わさお先輩の動画がダントツ☆




「わんこ動画といえば、猫にも会ってたね、動画で見た」


20170407.cat9-1.jpgそうそう、「弘前シードル工房kimori」で
遭遇した黒ネコちゃん、この辺の主かな☆

夕陽にたたずむにゃんこ先生との遭遇シーンも
>>東奥日報の「YouTube」動画にあるわけで☆




いろんなサプライズがあったなか、これがやっぱピカイチでっすかな☆


20170407.nebutasurprise9-1.jpg前夜、懇親会に参加のジョシマル会員さんが、最終日の「ワラッセ」にアポなし参上☆

3人へお土産のりんごを届けてくれて、
同席だったカンさん、感激の涙でっす☆


そしてさすが、東奥日報・動画班☆

この時の模様もしっかり押さえてまっした☆

3日間をしっかり記者目線でまとめたS子記者のブログがジョシマルサイトに☆


クールビューティーなコさんと、感激やさんのカンさんとお別れの日☆

20170407.saikai20-1.jpg
済州での再会を誓い合うのでっした☆



「っていうか、済州に行く気なの?」

20170407.kakusaku8-1.jpgなんやかんやで、行けるよう
今後いろいろ画策でっすわ☆

荷物に入ってくってわけにもいかんでっすし☆

コさん、カンさん、チェ記者、待っててくださいね☆

3/28付の東奥小中学生新聞「週刊ジュニジュニ」福ロウ社会科見学掲載☆

20170328.jeju9-1.jpg3月3日~5日の3日間、済州島から3人の
女性たちが青森県に来てくれたんです☆

青森県と姉妹提携協定を結ぶ済州特別自治道(済州島)は
年間1千万人の観光客が訪れるという世界的なリゾート地☆


そんな温暖な済州島から、まだ雪残る
青森県にやってきてくれたのは、この3名☆



20170328.kosan8-1.jpg
実家は済州島のミカン農家、コ・クィヘさん☆

ネット活用で販路拡大を手伝っているというしっかり者☆

世界各地を旅してきたブロガーの
コさんも、青森県は初めてだそう☆



20170328.kansan8-1.jpgこちらも済州島の人気ブロガー、
笑顔がキュートなカン・ジヒさん☆

昨年の秋に、夫婦で済州に
移住したばかりの新婚さん☆




このお二人が、3月3日(金)から5日(日)の行程で、津軽地方を
中心とした青森県内を巡り、青森の魅力を発信してくれるってわけ☆



20170328.chesan8-1.jpgこちらは、済州島の有力新聞
「漢拏(ハンラ)日報」のチェ・ヘウォンさん☆

ワタクシ、青森の新聞社「東奥日報社」の
営業マン・福ロウでっす、よろしくでっす☆




20170328.sinbunkisya7-1.jpg
3日間、一緒に青森の旅を楽しみながら、
その様子を取材してくれる女性記者さん☆





済州島から仁川を経由し、青森空港直行便で
来県した3人がまず訪れたのがココっ☆


20170328.tachinebutanoyakata8-1.jpg
五所川原市の「立佞武多の館」でっす☆



20170328.tachinebuta11-1.JPG高さが23メートルもあるという、
立佞武多の迫力に驚いた様子☆


毎年、8/4~8/8に行われる祭りの賑わいも
大型スクリーンで体感できちゃうミュージアム☆

祭り当日は建物の壁が全開し、実際に展示されてる3台の
「立佞武多」が町に繰り出すって聞いた3人はさらにびっくり☆





20170328.tachinebuta11-2.JPG
そんな3人には、祭りに欠かせない、
このアイテムづくりを体験いただきました☆




20170328.kingyo2shot8-1.JPG
「金魚ねぷた」の色付け体験でっす☆

館内にある工房スペースで、
1,200円で体験できまっす☆



20170328.kingyosakusei9-1.JPG
定番の色は「赤」ですが、好きな色を選んで
自由な発想で楽しめちゃうのがうれしいとこ☆

青色の金魚ねぷたも、意外と新鮮っ☆




20170328.fukutaiken7-1.jpg金魚ねぷたの目玉、
どっかで見たような形?

福ロウの目に、似てるっちゃ似てる、道理で
前から親近感あるよな気がしたんでっす☆





ワイワイ、楽しく作業して完成でっす☆

20170328.kingyokansei15-1.JPG
それぞれ個性的なオリジナル金魚ねぷた☆

箱付きでお持ち帰りOK、旅の記念に☆


館内見学や、金魚ねぷた制作体験の様子は
>>東奥日報の「YouTube」ページにも☆ (ハングルの解説付き)


20170328.ishikawasan8-1.JPG「立佞武多の館」のスタッフで、見学の案内や
制作指導をしてくれた石川マミ子さん☆

とびっきりの笑顔満開、明るく
楽しくおもてなししてくれました☆





20170328.grandmersankaiso9-1.JPG
お宿は、日本海に面した鰺ヶ沢町にある
「ホテルグランメール山海荘」でっす☆

海の幸満載の夕食と
自慢の温泉を堪能っ☆





20170328.okamisan9-1.JPGなんと、台湾のご出身という、若おかみの
杉澤知恵さんも流暢な日本語でおもてなし☆

舟盛りで登場、新鮮なやりいかの
お刺身と一緒に記念撮影パチリ☆





鮮度抜群のアワビは、踊り焼きにして地元・鰺ヶ沢の地酒とともに☆

20170328.awabi9-2.JPG

食後は、お宿からさらに粋な計らいも☆

毎晩20:30からホテルエントランスで実施の人気アトラクション☆

20170328.syamisen9-1.JPG津軽地方の伝統楽器「津軽三味線」の
生演奏を、この日は特別に個室で披露っ☆

コさんとカンさんは、
三味線にトライっ☆




笑顔が素敵な若おかみさんのおもてなしと、ブロガー二人の
津軽三味線初体験の様子も、>>東奥日報の「YouTube」ページで☆




たくさん食べて、ゆったり温泉も楽しんだ翌朝はこちらっ☆

20170328.wasaotdubaki9-1.JPG鰺ヶ沢町の人気犬「わさお」とご対面でっす☆

飼い主の菊谷節子さんと、わさおの
お嫁さんの「つばき」も一緒でっす☆

菊谷さんは、捨て犬だったわさおを拾い、愛情を
たっぷり注いで育ててきた、わさおの「お母さん」☆


お嫁さんの「つばき」は2014年から同居☆



当日訪問の裏側は、不細工だけどカワイイ=「ぶさかわ犬」として人気の
わさおの日常を綴った、Web東奥内の>>「わさお通信 今日のしっぽ」に☆


20170328.wasaobestshot9-1.JPG
地元のアイドル「わさお」は撮影も慣れたもの☆

コさん、カンさん、それぞれが狙った
ベストショットがお二人のブログに☆

>>コさんのブログ
>>カンさんのブログ


もちろん、動くわさおを見たいって方、あります!>>東奥日報の「YouTube」ページ


翌日はまた五所川原市に移動し、「津軽金山焼」を訪問☆

20170328.kanayamayaki9-1.JPG金山と呼ばれるこの地域で
とれる粘土を使った焼き物☆

釉薬を使わず焼き締める独特の風合いが
人気で、和食にも洋食にも合う器ばかり☆





地元のアカマツを燃料に使っているという「登り窯」を見学した後は☆

20170328.noborigama9-1.JPG


20170328.tougeitaiken9-1.JPG実際に体験しちゃいまっす☆

電動ろくろを使った本格的な陶芸に挑戦☆

事前予約でこういった体験も
できちゃうところなんでっす☆



20170328.norosan8-1.jpg
3人に陶芸指導をしてくれた
陶芸家の野呂理紗子さん☆

あっりがとうございまっした☆




雪降る丘の上にある工房や、3人の悪戦苦闘の陶芸体験シーンも
>>東奥日報の「YouTube」ページでのぞけちゃいまっす☆



2日目の午後は、青森の冬ならではのアクティブな体験も☆

世界自然遺産・白神山地で、スノーシューで雪上散歩☆

20170328.snowwalk15-1.JPG
ベテランガイドの土岐司さんの案内で楽しみましたっ☆


20170328.snowlunch8-1.JPG雪の上で作ってくれた具だくさんラーメンに
おにぎりや手作りスイーツでのおもてなし☆

大自然の中で、冬ならではの遊びをたっぷり体験☆

雪原に大の字に寝転ぶブロガーのコさん&カンさんの
様子とともに>>東奥日報の「YouTube」ページに☆




たっぷり遊んだ後は、日本一のりんごの産地「弘前市」へ移動☆

20170328.cidre9-1.JPG弘前市りんご公園の中にある
「弘前シードル工房kimori」を訪問っ☆

まだ雪残るりんご畑に囲まれた工房で、
りんごのお酒「シードル」で乾杯でっす☆





りんごづくりに情熱を注ぐ地元の農家の力を結集して、誕生させたご当地シードル☆

20170328.narasan8-1.JPG
工房スタッフの奈良卓馬さんも、
りんご農家のお一人なのだそう☆

秋に美味しいりんごを収穫するための努力や、
農家の1年について詳しく解説してくれました☆




穏やかな春のような日差しが降り注ぐ
工房での乾杯シーンは、まるでCMのよう☆

20170328.cm15-1.JPG
福ロウもちょぴっと映り込んじゃった
>>東奥日報の「YouTube」ページもチェック☆



さてさて、2日目の夜は、いよいよお楽しみのジョシマルイベントがありまして☆

ジョシマルとは、福ロウの勤める青森県の新聞社「東奥日報社」の女性倶楽部組織☆

活発な女性たちが登録&活動している、元気な会員組織でっす☆


20170328.chikurinbou12-1.jpg
福ロウも会場をのぞき込むと、うわわっ、
通訳さんも全員女性ばかりっ☆


20170328.dinner9-1.JPG済州島からやってきた3人の女性たちと、
青森の食材満載の"美食"を囲んで交流会☆

女性同士、にぎやかに楽しく懇親っ☆





20170328.konshinai15-1.jpg
ハングル講座や、青森と済州島のクイズで盛り上がった
懇親会の様子も>>東奥日報の「YouTube」ページに☆



青森滞在最後の夜を、元気いっぱいの"青森女子"たちと過ごした3人☆

翌朝は、青森市内の古川市場「のっけ丼」で朝食を☆

20170328.nokkedon9-1.JPG海に囲まれた青森県は新鮮な魚介類が豊富☆

市場で体験するご当地ならではの朝ごはん☆

食券を購入し、どんぶりご飯と引き換えてから、
各店好きな具を選んでのっけていきます☆



動画で見れば一目瞭然ってんで>>東奥日報の「YouTube」ページでどうぞ☆


20170328.nokkedonkansei11-1.JPG
さあさあ、お二人は、どんな
オリジナル丼をつくりましたか?

うわわっ、脂ののったトロや青森名産の
活ホタテなど、豪華豪華で美味しそっ☆





朝の市場の活気を体感しながら、女子3人で朝食を☆

20170328.morningnokkedon15-1.JPG

20170328.fukusisyoku7-1.JPG
「一口、どうぞ(笑)」

福ロウはちゃっかり、チェ記者から
一口いただいちゃいまっした☆




すっかりお腹いっぱいになった一行は、この旅最後となる青森市内の人気観光スポットへ☆

20170328.warasse9-1.JPG青森駅前の「ねぶたの家 ワ・ラッセ」
人気の夏祭り「青森ねぶた」を体感っ☆

8/2~8/7の祭り期間、夜空を彩る大型ねぶたを、ここでは
一年中見学できて、祭り本番の熱気も体感できるんでっす☆




ここで、2つのサプライズがありましてっ☆

オリジナルのねぶた衣装を着たジョシマル会員が、囃子に
合わせて跳び跳ねる祭りの盛り上げ役「ハネト隊」として登場っ☆

20170328.hanetotai15-1.JPG


さらに、前夜の懇親会に参加したジョシマル会員さんが、
帰国直前の3人へのお土産を持って駆けつけてくれまして☆

20170328.surprise11-1.JPG
驚いたカンさんとの涙・涙の再会の様子も
>>東奥日報の「YouTube」ページでどうぞ☆



おもてなし力にあふれた、たくさんの青森県民との出会いもあった今回のあおもり女子旅☆

>>コさんのブログと、>>カンさんのブログにも、3日間の滞在の様子がアップされてまっす☆

もっちろん、チェ記者による取材記事は>>漢拏日報ホームページに☆


20170328.chisonsan8-1.JPG済州島からの3人と青森女子たちの交流に
協力してくれた、青森在住のパク・チソンさん☆

3日間の通訳同行で、青森県と済州島の
女性同士の絆をがっちり深めてくれました☆


あっりがとうございまっす☆




済州島のコさん、カンさん、チェさん!

20170328.lastshot11-1.JPG
今度はぜひ、済州島でもお会いしましょう☆

カムサハムニダっ☆

なんと、今回のブログは「ハングル版」でも!
こちら>>福ロウブログ「ハングル版」からどうぞ☆


で、今回の取材旅を記念して、うっれしい読者プレゼントも☆

20170328.present9-1.jpg 津軽金山焼オリジナルマグカップ、
通称・マグ丸をペアで1名様に☆

ハガキに、①住所 ②氏名 ③年齢 ④職業
⑤電話番号 ⑥ご意見・ご感想を書いて下記へ☆





〒030-0180  青森市第二問屋町3-1-89 東奥日報社広告局「福ロウ社会科見学」係☆
4月20日(木)必着、たくさんの皆さんのご応募、お待ちしてまっす☆

※このページは、3/28付社会科見学企画のハングル版です!【日本語版は>>こちら】
여러분 안녕하세요☆

20170328.map9-1.JPG저는 일본 아오모리현에 있는 신문사 「동오일보사」에서
영업맨을 맡고 있는 「후쿠로」예요☆

2017년3월3일~5일의 3일간, 제주도에서
3명의 여성들이 아오모리에 와 줬어요☆

今이번에는 제주에 거주하고 있는 여성 3인조의 아오모리 여행에
후쿠로가 밀착한 이야기를 소개할게요☆



아오모리현과 자매결연 협정을 맺고 있는 제주특별자치도(제주도)는
연간 1천만 명의 관광객이 찾는 세계적인 리조트지☆


그런 따뜻한 제주도에서 아직 눈이 남아 있는 아오모리에 와 준 것은 이 3명☆

20170328.kosan8-1.JPG집이 제주도의 감귤 농가라는 고귀혜 씨☆

인터넷을 활용해 판매를 확대하여 돕고 있다는 똑부러진 사람☆

세계 각지를 여행한 블로거 고귀혜 씨도
아오모리 현에 온 것은 이번이 처음이라고 한다☆



20170328.kansan8-1.JPG
두 번째 제주에 거주 중인 인기 블로거
웃는 얼굴이 매력적인 강지희 씨☆

작년 가을에 결혼하면서
제주도로 이주하게 된 신혼부부☆



이 두 사람이 3월3일(금)부터 5일(일)의 일정 중 쓰가루 방면을 중심으로
아오모리 현내를 둘러보고 아오모리의 매력을 발신해줍니다☆



20170328.chesan8-1.JPG그리고 이 분은 제주도의 유력 신문
「한라일보」의 채해원 씨☆

3일간 함께 아오모리 여행을 즐기면서
그 모습을 취재해주는 여기자님☆




제주도에서 인천을 경유해 아오모리공항의 직항편을 이용해
아오모리에 도착한3명이 먼저 방문한 곳이 여기☆

20170328.atamakingyo10-1.JPG
고쇼가와라의「다치네푸타 회관」이에요☆



20170328.tachinebuta11-1.JPG
높이가 23미터나 되는
다치네푸타의 박력에 놀란 모습☆


매년 8/4~8/8에 실행되는 축제의 활기도
대형 스크린으로 체감할 수 있는 뮤지엄☆






축제 당일은 건물의 벽을 개방하여 전시되어 있는 3대의 대형 다치네푸타가
실제로 마을을 행진한다는 것을 들은 3명은 더욱 깜짝 놀랬어요☆

20170328.tachinebuta11-2.JPG
그런 3명이 축제에서 뺄 수 없는
이 아이템 만들기 체험을 했어요☆




20170328.kingyo2shot8-1.JPG
「금붕어 네푸타」에 색을 칠하는 체험이에요☆

관내에 있는 공방안에서
1,200엔을 지불하고 체험할 수 있어요☆



20170328.kingyosakusei9-1.JPG
기본적인 색은 「빨강」이지만 원하는 색을 선택해
자유로운 발상으로 즐길 수 있는 게 이 체험의 매력☆

파란색의 금붕어 네푸타도 의외로 신선하네☆




시끌벅적 즐겁게 작업을 하다보니 어느새 완성됐어요☆

20170328.kingyokansei15-1.JPG
각각 개성을 살린 오리지널 금붕어 네푸타☆

상자에 넣어 집에 가져갈 수 있다니 모두 여행의 기념으로☆


관내 견학과 금붕어 네푸타 체험의 모습은
>>동오일보의 「YouTube」페이지에서도 확인할 수 있어요☆ (한글 해설 첨부)


20170328.ishikawasan8-1.JPG「다치네푸타 회관」의 스태프로서 견학의 안내와
제작 지도를 해주신 이시카와 마미코 씨☆

멋진 미소로 밝게
환영해주었습니다☆





20170328.grandmersankaiso9-1.JPG
숙소는 일본해를 마주보는 아지가사와마치에 있는
「호텔 그랜드멜 산카이소」예요☆

해산물이 가득한 저녁 식사와
호텔의 자랑인 온천을 만끽☆





20170328.okamisan9-1.JPG대만 출신의 젋은 여사장님 스기사와 토모에 씨도
유창한 일본어로 환영해줍니다☆

신선한 오징어 회를 담은 배 모양의 그릇을 들고
함께 기념 촬영 찰칵☆





신선도가 뛰어난 전복은 철판구이로 현지・아지가사와의 술과 함께☆

20170328.awabi9-2.JPG

식후에는 호텔에서 특별히 준비해준 이벤트☆

매일 밤 20:30부터 호텔 현관 홀에서 실시되는 인기 어트렉션☆

20170328.syamisen9-1.JPG쓰가루 지방의 전통 악기 「쓰가루 샤미센」의
라이브 연주를, 이날은 특별히 개인실에서 피로☆

고귀혜 씨와 강지희 씨는
샤미센에 도전☆




웃는 얼굴이 멋진 젊은 여사장님의 환영과 블로거 두 명의
쓰가루 샤미센 첫 체험의 모습도>>동오일보의 「YouTube」페이지에서 확인 가능해요☆




맛있게 식사를 하고 느긋하게 온천을 즐긴 다음날 아침은 여기에☆

20170328.wasaotdubaki9-1.JPG아지가사와마치의 인기 개 「와사오」와 만났어요☆

주인인 기쿠야 세츠코 씨와 와사오의
신부인 「쓰바키」도 함께했어요☆

기쿠야 씨는 유기견이었던 와사오를 집으로 데려와 애정을
가득 쏟아 부으며 키워온 와사오의 「어머니」☆


신부인 「쓰바키」는 2014년부터 함께 살고 있어요☆



「못생겼지만 귀여운(부사카와) 개」로서 인기를 얻게 된 경위는
채해원 기자님이 쓴>>한라일보의 웹 기사를 참고해주세요☆


20170328.wasaobestshot9-1.JPG
현지의 아이돌 「와사오」는 촬영에도 익숙해요☆

고귀혜 씨, 강지희 씨가 각각 겨냥한
베스트 샷이 두 사람의 블로그에☆

>>고귀혜 씨 블로그
>>강지희 씨 블로그


물론, 움직이는 와사오를 보고 싶은 분은 여기에서 확인!>>동오일보의 「YouTube」페이지☆


다음은 고쇼가와라시로 이동해「쓰가루가나야마야키」를 방문☆

20170328.kanayamayaki9-1.JPG가나야마라는 지역에서 나오는
점토를 사용하여 만든 도자기☆

유약을 사용하지 않고 구운 독특한 감촉이 인기로
일본 음식에도 서양 음식에도 어울리는 그릇이 가득☆





현지의 소나무를 원료로 쓰고 있는 「노보리가마(계단 모양의 가마)」를 견학한 후에는☆

20170328.noborigama9-1.JPG


20170328.tougeitaiken9-1.JPG실제로 체험했어요☆

전동 녹로를 사용한 본격적인 도예에 도전☆

사전 예약으로 이런 체험도 가능한 곳이에요☆



눈 내리는 언덕 위에 위치한 공방과 3명의 악전고투 속의 도예 체험 모습도
>>동오일보의 「YouTube」페이지에서 들여다 볼 수 있어요☆



2일째 오후에는 아오모리의 겨울에 어울리는 액티브한 체험☆

세계 자연 유산・시라카미 산지에서 스노우슈로 설상 산책☆

20170328.snowwalk15-1.JPG
베테랑 가이드 도키 쓰카사 씨의 안내로 즐거운 시간을 보냈어요☆


20170328.snowlunch8-1.JPG눈 위에서 만들어주신 재료가 가득 들어간 라면과
주먹밥, 손수 만든 디저트로 대접해주셨어요☆

대자연 속에서 겨울의 놀이를 만끽☆

설원에 큰대자로 누워 보는 블로거 고귀혜 씨&강지희 씨의
모습도>>동오일보의 「YouTube」페이지에서 확인☆




충분히 즐긴 후에는 일본 제일의 사과 산지 「히로사키시」로 이동☆

20170328.cidre9-1.JPG히로사키시 사과 공원 안에 있는
「히로사키 시드르 공방kimori」을 방문☆

아직 눈이 쌓여 있는 사과 밭에 둘러싸인 공방에서
사과 술 「시드르」로 건배☆





사과 만들기에 공을 들이는 현지 농민의 힘을 모아 탄생시킨 지역 시드르☆

20170328.narasan8-1.JPG
공방 스태프 나라 타쿠마 씨도
사과 농가의 일원이라고 해요☆

가을에 맛있는 사과를 수확하기 위한 노력과
농가는 1년을 어떻게 보내는지 자세하게 해설해주셨어요☆




온화한 봄과 같은 햇살이 쏟아지는
공방에서의 건배 장면은 마치 CF광고 처럼 보였어요☆

20170328.cm15-1.JPG
후쿠로도 살짝 찍힌
>>동오일보의 「YouTube」페이지도 체크☆



자, 2일째의 밤은 드디어 기대했던조시마루이벤트가 열렸어요☆

조시마루는 후쿠로가 근무하고 있는 아오모리 현의 신문사「동오일보사」의 여성 클럽 조직☆

활발한 여성들이 가입&활동하고 있는 활력있는 회원 조직이에요☆

20170328.dinner9-1.JPG제주도에서 온 3명의 여성들과 아오모리의 식재료가 가득한 "미식"을 둘러싸고 시작 된 교류회☆

여성끼리 떠들썩하고 즐겁게 이야기를 나누며 친목을 다집니다☆





20170328.konshinai15-1.jpg
한글 강좌, 아오모리와 제주도에 관련된 퀴즈로 분위기 업된
교류회 모습도>>동오일보의 「YouTube」페이지에서 확인☆



아오모리 체류 마지막 밤을 활기 넘치는 "아오모리 여성"들과 보낸 3명☆

다음날 아침은 아오모리 시내의 시장에서 「놋케돈」으로 아침 식사☆

20170328.nokkedon9-1.JPG바다에 둘러싸인 아오모리현은 신선한 해산물이 풍부☆

시장에서 체험하는 현지의 아침 밥☆

식권을 구입하고 먼저 밥과 교환한 후
각 점포에서 좋아하는 재료를 그 위에 올립니다☆



동영상으로 보면 일목요연하게 알 수 있으니 >>동오일보의 「YouTube」페이지에서 확인해보세요☆


20170328.nokkedonkansei11-1.JPG
두 사람은 어떤 오리지널 덮밥을 만들었어요?

우와! 부드러운 참치 뱃살과 아오모리 특산품인
활가리비 등 신선한 재료가 가득해서 맛있을 거 같아요☆






아침 시장의 활기를 체감하면서 여자 3명이 아침식사를 합니다☆

20170328.morningnokkedon15-1.JPG

20170328.fukusisyoku7-1.JPG
「한 입 드세요(웃음)」

후쿠로는 재빠르게 채해원 기자님의 놋케돈을 한 입 먹었어요☆




아침 식사를 마친 일행은 이 여행 마지막 일정인 아오모리 시내의 인기 관광 명소로 이동☆

20170328.warasse9-1.JPG아오모리역 앞의 「네부타의 집 와랏세」에서
인기 있는 여름 축제 「아오모리 네부타」를 체감☆

8/2~8/7의 축제 기간, 밤하늘을 물들이는 대형 네부타를
이곳에서는 일년 내내 견학할 수 있고, 축제 당일의 열기도 체감할 수 있어요☆




이곳에서 두 가지 서프라이즈가 있었어요☆

오리지날 네부타 의상을 입은조시마루회원이 축제 연주에 맞춰 춤을 추며
축제의 분위기를 띄우는 역할「하네토 부대(춤꾼 부대)」로서 등장☆

20170328.hanetotai15-1.JPG


또한, 전날 교류회에 참석한 조시마루 회원님이
귀국 직전의 3명에게 전할 기념품을 가지고 와 주셨어요☆

20170328.surprise11-1.JPG
놀란 강지희 씨와 눈물의 재회를 한 모습도
>>동오일보의 「YouTube」페이지에서 확인해보세요☆



아낌없이 환영해주는 많은 아오모리 현민과의 만남이 있었던 이번 아오모리 여자 여행☆

>>고귀혜 씨 블로그>>강지희 씨 블로그에도 3일간의 여행 모습이 업로드 되었어요☆

물론, 채해원 기자님의 취재 기사는>>한라일보 홈페이지를 확인☆


20170328.chisonsan8-1.JPG제주도의 3명과 아오모리 여자 교류에
협력해준 아오모리 거주 중인 박지선 씨☆

3일간 통역동행으로 아오모리현과 제주도의
여성들의 유대를 탄탄히 다져주는 역할을 해주었어요☆


감사합니다☆




제주도의 고귀혜 씨, 강지희 씨, 채해원 씨!

20170328.lastshot11-1.JPG
다음에는 꼭 제주도에서 만나요☆

감사합니다☆
年度末までいろいろ溜めこんでた仕事山積の中、A谷部長に呼び出され☆

コンパス冬号ランチ特集でも紹介されてる「中華料理 広州 橋本店」へ☆

20170324.tantanmenset9-1.jpg今日は朝から、Aずま部員に雷落ちてたし、
なんか珍し~く、機嫌悪そぉでっすな・・☆

部長大好物の、広州名物「タンタン麺」とチャーハン(中)の
セット(税別1,150円)がもうできてますよ、ってんのに・・☆


大辛チョイスで、いい感じに旨辛な香り☆



20170324.kakunin8-1.jpg
「キミね、ちょっとこれ、なんだね」

うへっ?なんか載ってました、スキャンダル的な?

うわっ?



あれ?東奥日報のYouTubeページ

20170324.mikirefuku9-1.jpg今週アップされたばかりの、もしかしまっすと
済州島の3人娘の「あおもり女子旅」動画?

「ちょっとコレ、見たまえ」

ドキっ☆



20170324.syutsubotsu9-1.jpg
「この見切れてる物体は、どうみてもキミだよね?」

うわわっ、出てきた、出てきたっ☆

「韓国・済州島から女性ブロガー&漢拏(ハンラ)日報記者が
来てくれたジョシマルのおもてなし旅に、同行してたってわけ?」


あれれ、言ってませんでっしたっけ・・?


どわわわっ☆

20170324.youtube9-1.jpg事前に根回ししとく予定が、M姉さんの丸投げ仕事を
やっつけてるうちに、すっかりうっかり忘れてたっ☆

「忘れてたってキミ、3日は平日金曜だから、外回り直帰かと
思いきや、そのまま週末までついてったってことだね?」


まっ、まあ、宿泊した鰺ヶ沢町では、日本海の海の幸三昧を
堪能するも、一応スタッフで潜入ってことでお酒は控え・・☆



あっそういうことじゃなく?


「っていうか、ちゃんと部長の許可もらってるから居たのかと思ってたけど。
動画にグイグイ食い込んできたり、人一倍、楽しんでたじゃないのさ」


20170324.suuraa8-1.jpg
どわわわっ、M姉さんっ、ちょっと、ちょっと、
余計なこと言わずでお願いしまっすよ、全く☆

ほらほら、コンパスランチ特集で紹介のアツアツ旨うまな
「スーラータンメン(税別800円)」が冷めちゃいまっすよ☆




20170324.okori8-1.jpg 「キミはね、もう新年度からかばいきれないよ」

あらららら・・、A谷部長、珍しく怒ってらっしゃる?

「っていうか、4月からもうアンタの部長じゃなくなるし、今後
アンタのようなガラパゴス社員は、部長の出世の足枷だわ」




20170324.garapagosu9-1.jpg
うわっこりゃマズイ、なんとか考えなくては☆

もう、こうなったら、来週火曜午後までには何とか
挽回しまっすから、チャーハンいただっきまっす☆


ところで、部長でなくなるってどういうこと
でっしょ?福ロウもいよいよ、異動が・・?



まっ、とにかくこの週末は、東奥日報YouTubeページ

20170324.joshimaru9-1.jpgジョシマルの青森女子たちがおもてなしした
「女子旅3日間」の賑わいを動画で確認、確認☆

済州から来てくれた3人が青森県を満喫してる9つの動画、
出たがり福ロウが採用されたシーンを探しちゃおっと☆


挽回の秘策も今週末に仕上げましてと☆


年度末でお忙しい皆さんも、次回、3/28(火)午後の報告をおっ楽しみに☆



ジョシマル

青森旨うま日記

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

「満福ランチブログ」
スマートフォン版はこちら

アーカイブ

最近のコメント