2/28付の東奥小中学生新聞「週刊ジュニジュニ」福ロウ社会科見学掲載☆

20170328.jeju9-1.jpg3月3日~5日の3日間、済州島から3人の
女性たちが青森県に来てくれたんです☆

青森県と姉妹提携協定を結ぶ済州特別自治道(済州島)は
年間1千万人の観光客が訪れるという世界的なリゾート地☆


そんな温暖な済州島から、まだ雪残る
青森県にやってきてくれたのは、この3名☆



20170328.kosan8-1.jpg
実家は済州島のミカン農家、コ・クィヘさん☆

ネット活用で販路拡大を手伝っているというしっかり者☆

世界各地を旅してきたブロガーの
コさんも、青森県は初めてだそう☆



20170328.kansan8-1.jpgこちらも済州島の人気ブロガー、
笑顔がキュートなカン・ジヒさん☆

昨年の秋に、夫婦で済州に
移住したばかりの新婚さん☆




このお二人が、3月3日(金)から5日(日)の行程で、津軽地方を
中心とした青森県内を巡り、青森の魅力を発信してくれるってわけ☆



20170328.chesan8-1.jpgこちらは、済州島の有力新聞
「漢拏(ハンラ)日報」のチェ・ヘウォンさん☆

ワタクシ、青森の新聞社「東奥日報社」の
営業マン・福ロウでっす、よろしくでっす☆




20170328.sinbunkisya7-1.jpg
3日間、一緒に青森の旅を楽しみながら、
その様子を取材してくれる女性記者さん☆





済州島から仁川を経由し、青森空港直行便で
来県した3人がまず訪れたのがココっ☆


20170328.tachinebutanoyakata8-1.jpg
五所川原市の「立佞武多の館」でっす☆



20170328.tachinebuta11-1.JPG高さが23メートルもあるという、
立佞武多の迫力に驚いた様子☆


毎年、8/4~8/8に行われる祭りの賑わいも
大型スクリーンで体感できちゃうミュージアム☆

祭り当日は建物の壁が全開し、実際に展示されてる3台の
「立佞武多」が町に繰り出すって聞いた3人はさらにびっくり☆





20170328.tachinebuta11-2.JPG
そんな3人には、祭りに欠かせない、
このアイテムづくりを体験いただきました☆




20170328.kingyo2shot8-1.JPG
「金魚ねぷた」の色付け体験でっす☆

館内にある工房スペースで、
1,200円で体験できまっす☆



20170328.kingyosakusei9-1.JPG
定番の色は「赤」ですが、好きな色を選んで
自由な発想で楽しめちゃうのがうれしいとこ☆

青色の金魚ねぷたも、意外と新鮮っ☆




20170328.fukutaiken7-1.jpg金魚ねぷたの目玉、
どっかで見たような形?

福ロウの目に、似てるっちゃ似てる、道理で
前から親近感あるよな気がしたんでっす☆





ワイワイ、楽しく作業して完成でっす☆

20170328.kingyokansei15-1.JPG
それぞれ個性的なオリジナル金魚ねぷた☆

箱付きでお持ち帰りOK、旅の記念に☆


館内見学や、金魚ねぷた制作体験の様子は
>>東奥日報の「YouTube」ページにも☆ (ハングルの解説付き)


20170328.ishikawasan8-1.JPG「立佞武多の館」のスタッフで、見学の案内や
制作指導をしてくれた石川マミ子さん☆

とびっきりの笑顔満開、明るく
楽しくおもてなししてくれました☆





20170328.grandmersankaiso9-1.JPG
お宿は、日本海に面した鰺ヶ沢町にある
「ホテルグランメール山海荘」でっす☆

海の幸満載の夕食と
自慢の温泉を堪能っ☆





20170328.okamisan9-1.JPGなんと、台湾のご出身という、若おかみの
杉澤知恵さんも流暢な日本語でおもてなし☆

舟盛りで登場、新鮮なやりいかの
お刺身と一緒に記念撮影パチリ☆





鮮度抜群のアワビは、踊り焼きにして地元・鰺ヶ沢の地酒とともに☆

20170328.awabi9-2.JPG

食後は、お宿からさらに粋な計らいも☆

毎晩20:30からホテルエントランスで実施の人気アトラクション☆

20170328.syamisen9-1.JPG津軽地方の伝統楽器「津軽三味線」の
生演奏を、この日は特別に個室で披露っ☆

コさんとカンさんは、
三味線にトライっ☆




笑顔が素敵な若おかみさんのおもてなしと、ブロガー二人の
津軽三味線初体験の様子も、>>東奥日報の「YouTube」ページで☆




たくさん食べて、ゆったり温泉も楽しんだ翌朝はこちらっ☆

20170328.wasaotdubaki9-1.JPG鰺ヶ沢町の人気犬「わさお」とご対面でっす☆

飼い主の菊谷節子さんと、わさおの
お嫁さんの「つばき」も一緒でっす☆

菊谷さんは、捨て犬だったわさおを拾い、愛情を
たっぷり注いで育ててきた、わさおの「お母さん」☆


お嫁さんの「つばき」は2014年から同居☆



当日訪問の裏側は、不細工だけどカワイイ=「ぶさかわ犬」として人気の
わさおの日常を綴った、Web東奥内の>>「わさお通信 今日のしっぽ」に☆


20170328.wasaobestshot9-1.JPG
地元のアイドル「わさお」は撮影も慣れたもの☆

コさん、カンさん、それぞれが狙った
ベストショットがお二人のブログに☆

>>コさんのブログ
>>カンさんのブログ


もちろん、動くわさおを見たいって方、あります!>>東奥日報の「YouTube」ページ


翌日はまた五所川原市に移動し、「津軽金山焼」を訪問☆

20170328.kanayamayaki9-1.JPG金山と呼ばれるこの地域で
とれる粘土を使った焼き物☆

釉薬を使わず焼き締める独特の風合いが
人気で、和食にも洋食にも合う器ばかり☆





地元のアカマツを燃料に使っているという「登り窯」を見学した後は☆

20170328.noborigama9-1.JPG


20170328.tougeitaiken9-1.JPG実際に体験しちゃいまっす☆

電動ろくろを使った本格的な陶芸に挑戦☆

事前予約でこういった体験も
できちゃうところなんでっす☆



20170328.norosan8-1.jpg
3人に陶芸指導をしてくれた
陶芸家の野呂理紗子さん☆

あっりがとうございまっした☆




雪降る丘の上にある工房や、3人の悪戦苦闘の陶芸体験シーンも
>>東奥日報の「YouTube」ページでのぞけちゃいまっす☆



2日目の午後は、青森の冬ならではのアクティブな体験も☆

世界自然遺産・白神山地で、スノーシューで雪上散歩☆

20170328.snowwalk15-1.JPG
ベテランガイドの土岐司さんの案内で楽しみましたっ☆


20170328.snowlunch8-1.JPG雪の上で作ってくれた具だくさんラーメンに
おにぎりや手作りスイーツでのおもてなし☆

大自然の中で、冬ならではの遊びをたっぷり体験☆

雪原に大の字に寝転ぶブロガーのコさん&カンさんの
様子とともに>>東奥日報の「YouTube」ページに☆




たっぷり遊んだ後は、日本一のりんごの産地「弘前市」へ移動☆

20170328.cidre9-1.JPG弘前市りんご公園の中にある
「弘前シードル工房kimori」を訪問っ☆

まだ雪残るりんご畑に囲まれた工房で、
りんごのお酒「シードル」で乾杯でっす☆





りんごづくりに情熱を注ぐ地元の農家の力を結集して、誕生させたご当地シードル☆

20170328.narasan8-1.JPG
工房スタッフの奈良卓馬さんも、
りんご農家のお一人なのだそう☆

秋に美味しいりんごを収穫するための努力や、
農家の1年について詳しく解説してくれました☆




穏やかな春のような日差しが降り注ぐ
工房での乾杯シーンは、まるでCMのよう☆

20170328.cm15-1.JPG
福ロウもちょぴっと映り込んじゃった
>>東奥日報の「YouTube」ページもチェック☆



さてさて、2日目の夜は、いよいよお楽しみのジョシマルイベントがありまして☆

ジョシマルとは、福ロウの勤める青森県の新聞社「東奥日報社」の女性倶楽部組織☆

活発な女性たちが登録&活動している、元気な会員組織でっす☆


20170328.chikurinbou12-1.jpg
福ロウも会場をのぞき込むと、うわわっ、
通訳さんも全員女性ばかりっ☆


20170328.dinner9-1.JPG済州島からやってきた3人の女性たちと、
青森の食材満載の"美食"を囲んで交流会☆

女性同士、にぎやかに楽しく懇親っ☆





20170328.konshinai15-1.jpg
ハングル講座や、青森と済州島のクイズで盛り上がった
懇親会の様子も>>東奥日報の「YouTube」ページに☆



青森滞在最後の夜を、元気いっぱいの"青森女子"たちと過ごした3人☆

翌朝は、青森市内の市場で「のっけ丼」で朝食を☆

20170328.nokkedon9-1.JPG海に囲まれた青森県は新鮮な魚介類が豊富☆

市場で体験するご当地ならではの朝ごはん☆

食券を購入し、どんぶりご飯と引き換えてから、
各店好きな具を選んでのっけていきます☆



動画で見れば一目瞭然ってんで>>東奥日報の「YouTube」ページでどうぞ☆


20170328.nokkedonkansei11-1.JPG
さあさあ、お二人は、どんな
オリジナル丼をつくりましたか?

うわわっ、脂ののったトロや青森名産の
活ホタテなど、豪華豪華で美味しそっ☆





朝の市場の活気を体感しながら、女子3人で朝食を☆

20170328.morningnokkedon15-1.JPG

20170328.fukusisyoku7-1.JPG
「一口、どうぞ(笑)」

福ロウはちゃっかり、チェ記者から
一口いただいちゃいまっした☆




すっかりお腹いっぱいになった一行は、この旅最後となる青森市内の人気観光スポットへ☆

20170328.warasse9-1.JPG青森駅前の「ねぶたの家 ワ・ラッセ」で
人気の夏祭り「青森ねぶた」を体感っ☆

8/2~8/7の祭り期間、夜空を彩る大型ねぶたを、ここでは
一年中見学できて、祭り本番の熱気も体感できるんでっす☆




ここで、2つのサプライズがありましてっ☆

オリジナルのねぶた衣装を着たジョシマル会員が、囃子に
合わせて跳び跳ねる祭りの盛り上げ役「ハネト隊」として登場っ☆

20170328.hanetotai15-1.JPG


さらに、前夜の懇親会に参加したジョシマル会員さんが、
帰国直前の3人へのお土産を持って駆けつけてくれまして☆

20170328.surprise11-1.JPG
驚いたカンさんとの涙・涙の再会の様子も
>>東奥日報の「YouTube」ページでどうぞ☆



おもてなし力にあふれた、たくさんの青森県民との出会いもあった今回のあおもり女子旅☆

>>コさんのブログと、>>カンさんのブログにも、3日間の滞在の様子がアップされてまっす☆

もっちろん、チェ記者による取材記事は>>漢拏日報ホームページに☆


20170328.chisonsan8-1.JPG済州島からの3人と青森女子たちの交流に
協力してくれた、青森在住のパク・チソンさん☆

3日間の通訳同行で、青森県と済州島の
女性同士の絆をがっちり深めてくれました☆


あっりがとうございまっす☆




済州島のコさん、カンさん、チェさん!

20170328.lastshot11-1.JPG
今度はぜひ、済州島でもお会いしましょう☆

カムサハムニダっ☆

なんと、今回のブログは「ハングル版」でも!
こちら>>福ロウブログ「ハングル版」からどうぞ☆


で、今回の取材旅を記念して、うっれしい読者プレゼントも☆

20170328.present9-1.jpg 津軽金山焼オリジナルマグカップ、
通称・マグ丸をペアで1名様に☆

ハガキに、①住所 ②氏名 ③年齢 ④職業
⑤電話番号 ⑥ご意見・ご感想を書いて下記へ☆





〒030-0180  青森市第二問屋町3-1-89 東奥日報社広告局「福ロウ社会科見学」係☆
4月20日(木)必着、たくさんの皆さんのご応募、お待ちしてまっす☆

※このページは、3/28付社会科見学企画のハングル版です!【日本語版は>>こちら】
여러분 안녕하세요☆

20170328.map9-1.JPG저는 일본 아오모리현에 있는 신문사 「동오일보사」에서
영업맨을 맡고 있는 「후쿠로」예요☆

2017년3월3일~5일의 3일간, 제주도에서
3명의 여성들이 아오모리에 와 줬어요☆

今이번에는 제주에 거주하고 있는 여성 3인조의 아오모리 여행에
후쿠로가 밀착한 이야기를 소개할게요☆



아오모리현과 자매결연 협정을 맺고 있는 제주특별자치도(제주도)는
연간 1천만 명의 관광객이 찾는 세계적인 리조트지☆


그런 따뜻한 제주도에서 아직 눈이 남아 있는 아오모리에 와 준 것은 이 3명☆

20170328.kosan8-1.JPG집이 제주도의 감귤 농가라는 고귀혜 씨☆

인터넷을 활용해 판매를 확대하여 돕고 있다는 똑부러진 사람☆

세계 각지를 여행한 블로거 고귀혜 씨도
아오모리 현에 온 것은 이번이 처음이라고 한다☆



20170328.kansan8-1.JPG
두 번째 제주에 거주 중인 인기 블로거
웃는 얼굴이 매력적인 강지희 씨☆

작년 가을에 결혼하면서
제주도로 이주하게 된 신혼부부☆



이 두 사람이 3월3일(금)부터 5일(일)의 일정 중 쓰가루 방면을 중심으로
아오모리 현내를 둘러보고 아오모리의 매력을 발신해줍니다☆



20170328.chesan8-1.JPG그리고 이 분은 제주도의 유력 신문
「한라일보」의 채해원 씨☆

3일간 함께 아오모리 여행을 즐기면서
그 모습을 취재해주는 여기자님☆




제주도에서 인천을 경유해 아오모리공항의 직항편을 이용해
아오모리에 도착한3명이 먼저 방문한 곳이 여기☆

20170328.atamakingyo10-1.JPG
고쇼가와라의「다치네푸타 회관」이에요☆



20170328.tachinebuta11-1.JPG
높이가 23미터나 되는
다치네푸타의 박력에 놀란 모습☆


매년 8/4~8/8에 실행되는 축제의 활기도
대형 스크린으로 체감할 수 있는 뮤지엄☆






축제 당일은 건물의 벽을 개방하여 전시되어 있는 3대의 대형 다치네푸타가
실제로 마을을 행진한다는 것을 들은 3명은 더욱 깜짝 놀랬어요☆

20170328.tachinebuta11-2.JPG
그런 3명이 축제에서 뺄 수 없는
이 아이템 만들기 체험을 했어요☆




20170328.kingyo2shot8-1.JPG
「금붕어 네푸타」에 색을 칠하는 체험이에요☆

관내에 있는 공방안에서
1,200엔을 지불하고 체험할 수 있어요☆



20170328.kingyosakusei9-1.JPG
기본적인 색은 「빨강」이지만 원하는 색을 선택해
자유로운 발상으로 즐길 수 있는 게 이 체험의 매력☆

파란색의 금붕어 네푸타도 의외로 신선하네☆




시끌벅적 즐겁게 작업을 하다보니 어느새 완성됐어요☆

20170328.kingyokansei15-1.JPG
각각 개성을 살린 오리지널 금붕어 네푸타☆

상자에 넣어 집에 가져갈 수 있다니 모두 여행의 기념으로☆


관내 견학과 금붕어 네푸타 체험의 모습은
>>동오일보의 「YouTube」페이지에서도 확인할 수 있어요☆ (한글 해설 첨부)


20170328.ishikawasan8-1.JPG「다치네푸타 회관」의 스태프로서 견학의 안내와
제작 지도를 해주신 이시카와 마미코 씨☆

멋진 미소로 밝게
환영해주었습니다☆





20170328.grandmersankaiso9-1.JPG
숙소는 일본해를 마주보는 아지가사와마치에 있는
「호텔 그랜드멜 산카이소」예요☆

해산물이 가득한 저녁 식사와
호텔의 자랑인 온천을 만끽☆





20170328.okamisan9-1.JPG대만 출신의 젋은 여사장님 스기사와 토모에 씨도
유창한 일본어로 환영해줍니다☆

신선한 오징어 회를 담은 배 모양의 그릇을 들고
함께 기념 촬영 찰칵☆





신선도가 뛰어난 전복은 철판구이로 현지・아지가사와의 술과 함께☆

20170328.awabi9-2.JPG

식후에는 호텔에서 특별히 준비해준 이벤트☆

매일 밤 20:30부터 호텔 현관 홀에서 실시되는 인기 어트렉션☆

20170328.syamisen9-1.JPG쓰가루 지방의 전통 악기 「쓰가루 샤미센」의
라이브 연주를, 이날은 특별히 개인실에서 피로☆

고귀혜 씨와 강지희 씨는
샤미센에 도전☆




웃는 얼굴이 멋진 젊은 여사장님의 환영과 블로거 두 명의
쓰가루 샤미센 첫 체험의 모습도>>동오일보의 「YouTube」페이지에서 확인 가능해요☆




맛있게 식사를 하고 느긋하게 온천을 즐긴 다음날 아침은 여기에☆

20170328.wasaotdubaki9-1.JPG아지가사와마치의 인기 개 「와사오」와 만났어요☆

주인인 기쿠야 세츠코 씨와 와사오의
신부인 「쓰바키」도 함께했어요☆

기쿠야 씨는 유기견이었던 와사오를 집으로 데려와 애정을
가득 쏟아 부으며 키워온 와사오의 「어머니」☆


신부인 「쓰바키」는 2014년부터 함께 살고 있어요☆



「못생겼지만 귀여운(부사카와) 개」로서 인기를 얻게 된 경위는
채해원 기자님이 쓴>>한라일보의 웹 기사를 참고해주세요☆


20170328.wasaobestshot9-1.JPG
현지의 아이돌 「와사오」는 촬영에도 익숙해요☆

고귀혜 씨, 강지희 씨가 각각 겨냥한
베스트 샷이 두 사람의 블로그에☆

>>고귀혜 씨 블로그
>>강지희 씨 블로그


물론, 움직이는 와사오를 보고 싶은 분은 여기에서 확인!>>동오일보의 「YouTube」페이지☆


다음은 고쇼가와라시로 이동해「쓰가루가나야마야키」를 방문☆

20170328.kanayamayaki9-1.JPG가나야마라는 지역에서 나오는
점토를 사용하여 만든 도자기☆

유약을 사용하지 않고 구운 독특한 감촉이 인기로
일본 음식에도 서양 음식에도 어울리는 그릇이 가득☆





현지의 소나무를 원료로 쓰고 있는 「노보리가마(계단 모양의 가마)」를 견학한 후에는☆

20170328.noborigama9-1.JPG


20170328.tougeitaiken9-1.JPG실제로 체험했어요☆

전동 녹로를 사용한 본격적인 도예에 도전☆

사전 예약으로 이런 체험도 가능한 곳이에요☆



눈 내리는 언덕 위에 위치한 공방과 3명의 악전고투 속의 도예 체험 모습도
>>동오일보의 「YouTube」페이지에서 들여다 볼 수 있어요☆



2일째 오후에는 아오모리의 겨울에 어울리는 액티브한 체험☆

세계 자연 유산・시라카미 산지에서 스노우슈로 설상 산책☆

20170328.snowwalk15-1.JPG
베테랑 가이드 도키 쓰카사 씨의 안내로 즐거운 시간을 보냈어요☆


20170328.snowlunch8-1.JPG눈 위에서 만들어주신 재료가 가득 들어간 라면과
주먹밥, 손수 만든 디저트로 대접해주셨어요☆

대자연 속에서 겨울의 놀이를 만끽☆

설원에 큰대자로 누워 보는 블로거 고귀혜 씨&강지희 씨의
모습도>>동오일보의 「YouTube」페이지에서 확인☆




충분히 즐긴 후에는 일본 제일의 사과 산지 「히로사키시」로 이동☆

20170328.cidre9-1.JPG히로사키시 사과 공원 안에 있는
「히로사키 시드르 공방kimori」을 방문☆

아직 눈이 쌓여 있는 사과 밭에 둘러싸인 공방에서
사과 술 「시드르」로 건배☆





사과 만들기에 공을 들이는 현지 농민의 힘을 모아 탄생시킨 지역 시드르☆

20170328.narasan8-1.JPG
공방 스태프 나라 타쿠마 씨도
사과 농가의 일원이라고 해요☆

가을에 맛있는 사과를 수확하기 위한 노력과
농가는 1년을 어떻게 보내는지 자세하게 해설해주셨어요☆




온화한 봄과 같은 햇살이 쏟아지는
공방에서의 건배 장면은 마치 CF광고 처럼 보였어요☆

20170328.cm15-1.JPG
후쿠로도 살짝 찍힌
>>동오일보의 「YouTube」페이지도 체크☆



자, 2일째의 밤은 드디어 기대했던조시마루이벤트가 열렸어요☆

조시마루는 후쿠로가 근무하고 있는 아오모리 현의 신문사「동오일보사」의 여성 클럽 조직☆

활발한 여성들이 가입&활동하고 있는 활력있는 회원 조직이에요☆

20170328.dinner9-1.JPG제주도에서 온 3명의 여성들과 아오모리의 식재료가 가득한 "미식"을 둘러싸고 시작 된 교류회☆

여성끼리 떠들썩하고 즐겁게 이야기를 나누며 친목을 다집니다☆





20170328.konshinai15-1.jpg
한글 강좌, 아오모리와 제주도에 관련된 퀴즈로 분위기 업된
교류회 모습도>>동오일보의 「YouTube」페이지에서 확인☆



아오모리 체류 마지막 밤을 활기 넘치는 "아오모리 여성"들과 보낸 3명☆

다음날 아침은 아오모리 시내의 시장에서 「놋케돈」으로 아침 식사☆

20170328.nokkedon9-1.JPG바다에 둘러싸인 아오모리현은 신선한 해산물이 풍부☆

시장에서 체험하는 현지의 아침 밥☆

식권을 구입하고 먼저 밥과 교환한 후
각 점포에서 좋아하는 재료를 그 위에 올립니다☆



동영상으로 보면 일목요연하게 알 수 있으니 >>동오일보의 「YouTube」페이지에서 확인해보세요☆


20170328.nokkedonkansei11-1.JPG
두 사람은 어떤 오리지널 덮밥을 만들었어요?

우와! 부드러운 참치 뱃살과 아오모리 특산품인
활가리비 등 신선한 재료가 가득해서 맛있을 거 같아요☆






아침 시장의 활기를 체감하면서 여자 3명이 아침식사를 합니다☆

20170328.morningnokkedon15-1.JPG

20170328.fukusisyoku7-1.JPG
「한 입 드세요(웃음)」

후쿠로는 재빠르게 채해원 기자님의 놋케돈을 한 입 먹었어요☆




아침 식사를 마친 일행은 이 여행 마지막 일정인 아오모리 시내의 인기 관광 명소로 이동☆

20170328.warasse9-1.JPG아오모리역 앞의 「네부타의 집 와랏세」에서
인기 있는 여름 축제 「아오모리 네부타」를 체감☆

8/2~8/7의 축제 기간, 밤하늘을 물들이는 대형 네부타를
이곳에서는 일년 내내 견학할 수 있고, 축제 당일의 열기도 체감할 수 있어요☆




이곳에서 두 가지 서프라이즈가 있었어요☆

오리지날 네부타 의상을 입은조시마루회원이 축제 연주에 맞춰 춤을 추며
축제의 분위기를 띄우는 역할「하네토 부대(춤꾼 부대)」로서 등장☆

20170328.hanetotai15-1.JPG


또한, 전날 교류회에 참석한 조시마루 회원님이
귀국 직전의 3명에게 전할 기념품을 가지고 와 주셨어요☆

20170328.surprise11-1.JPG
놀란 강지희 씨와 눈물의 재회를 한 모습도
>>동오일보의 「YouTube」페이지에서 확인해보세요☆



아낌없이 환영해주는 많은 아오모리 현민과의 만남이 있었던 이번 아오모리 여자 여행☆

>>고귀혜 씨 블로그>>강지희 씨 블로그에도 3일간의 여행 모습이 업로드 되었어요☆

물론, 채해원 기자님의 취재 기사는>>한라일보 홈페이지를 확인☆


20170328.chisonsan8-1.JPG제주도의 3명과 아오모리 여자 교류에
협력해준 아오모리 거주 중인 박지선 씨☆

3일간 통역동행으로 아오모리현과 제주도의
여성들의 유대를 탄탄히 다져주는 역할을 해주었어요☆


감사합니다☆




제주도의 고귀혜 씨, 강지희 씨, 채해원 씨!

20170328.lastshot11-1.JPG
다음에는 꼭 제주도에서 만나요☆

감사합니다☆
年度末までいろいろ溜めこんでた仕事山積の中、A谷部長に呼び出され☆

コンパス冬号ランチ特集でも紹介されてる「中華料理 広州 橋本店」へ☆

20170324.tantanmenset9-1.jpg今日は朝から、Aずま部員に雷落ちてたし、
なんか珍し~く、機嫌悪そぉでっすな・・☆

部長大好物の、広州名物「タンタン麺」とチャーハン(中)の
セット(税別1,150円)がもうできてますよ、ってんのに・・☆


大辛チョイスで、いい感じに旨辛な香り☆



20170324.kakunin8-1.jpg
「キミね、ちょっとこれ、なんだね」

うへっ?なんか載ってました、スキャンダル的な?

うわっ?



あれ?東奥日報のYouTubeページ

20170324.mikirefuku9-1.jpg今週アップされたばかりの、もしかしまっすと
済州島の3人娘の「あおもり女子旅」動画?

「ちょっとコレ、見たまえ」

ドキっ☆



20170324.syutsubotsu9-1.jpg
「この見切れてる物体は、どうみてもキミだよね?」

うわわっ、出てきた、出てきたっ☆

「韓国・済州島から女性ブロガー&漢拏(ハンラ)日報記者が
来てくれたジョシマルのおもてなし旅に、同行してたってわけ?」


あれれ、言ってませんでっしたっけ・・?


どわわわっ☆

20170324.youtube9-1.jpg事前に根回ししとく予定が、M姉さんの丸投げ仕事を
やっつけてるうちに、すっかりうっかり忘れてたっ☆

「忘れてたってキミ、3日は平日金曜だから、外回り直帰かと
思いきや、そのまま週末までついてったってことだね?」


まっ、まあ、宿泊した鰺ヶ沢町では、日本海の海の幸三昧を
堪能するも、一応スタッフで潜入ってことでお酒は控え・・☆



あっそういうことじゃなく?


「っていうか、ちゃんと部長の許可もらってるから居たのかと思ってたけど。
動画にグイグイ食い込んできたり、人一倍、楽しんでたじゃないのさ」


20170324.suuraa8-1.jpg
どわわわっ、M姉さんっ、ちょっと、ちょっと、
余計なこと言わずでお願いしまっすよ、全く☆

ほらほら、コンパスランチ特集で紹介のアツアツ旨うまな
「スーラータンメン(税別800円)」が冷めちゃいまっすよ☆




20170324.okori8-1.jpg 「キミはね、もう新年度からかばいきれないよ」

あらららら・・、A谷部長、珍しく怒ってらっしゃる?

「っていうか、4月からもうアンタの部長じゃなくなるし、今後
アンタのようなガラパゴス社員は、部長の出世の足枷だわ」




20170324.garapagosu9-1.jpg
うわっこりゃマズイ、なんとか考えなくては☆

もう、こうなったら、来週火曜午後までには何とか
挽回しまっすから、チャーハンいただっきまっす☆


ところで、部長でなくなるってどういうこと
でっしょ?福ロウもいよいよ、異動が・・?



まっ、とにかくこの週末は、東奥日報YouTubeページ

20170324.joshimaru9-1.jpgジョシマルの青森女子たちがおもてなしした
「女子旅3日間」の賑わいを動画で確認、確認☆

済州から来てくれた3人が青森県を満喫してる9つの動画、
出たがり福ロウが採用されたシーンを探しちゃおっと☆


挽回の秘策も今週末に仕上げましてと☆


年度末でお忙しい皆さんも、次回、3/28(火)午後の報告をおっ楽しみに☆

月曜火曜と、うるさいM姉さんがいなかったことは、今週の何よりの幸せ☆

でもそれだけじゃ、満足しないのが福ロウ☆

20170318.rusuban9-1.JPG代打でジョシマル旅が舞い込んだM姉さん

津軽海峡フェリーの新造船「ブルーハピネス」で行く、
北海道、登別温泉でゆったりなんてうらやまっしい


行くはずなかった出張がいきなり決まったからと
膨大な残務を福ロウに押し付けてった代わりに☆


お土産、買ってきていただけたんでっしょね?



20170318.imo8-1.JPG
「はいっ、洞爺湖銘菓のわかさいもを揚げた、いもてん」

阪急交通社とタイアップのジョシマル旅は、うれしい
ちょっぴりプレゼントでわかさいも1個もらえたとか☆

「そうそう。揚げたバージョンのいもてんが
会員の皆さん大絶賛だったから買ってきた」


ふむ、これは部員の皆さんへでんな、で、お次は?

20170318.tororo8-1.JPG「そうそう、ちょっぴりプレゼントといえば、
昆布館ってとこで、とろろ昆布ももらったよ」


無料のミュージアム併設で、オリジナル昆布製品も
多種販売、道南・七飯町の人気スポットでっすな☆




20170318.tororoomiya8-1.JPG
「そうそう。各種買い込んだわ。輸入原料が多い
この手のも地元産と珍しく、自分用にゲットね」


なんか、ピンチヒッターとか言いつつ、率先して
楽しんできちゃったよな感じじゃあないでっすか☆



「そんで、さすがジョシマル限定旅だよね」

20170318.wine9-1.JPGふむむ、そろそろ、福ロウに?

「はこだてわいんでは、ワイナリー見学後
参加者全員に、ワインのプレゼントも」


しかもラベルにジョシマル限定ってスゴイ☆



20170318.omiyawine8-1.JPG
「試飲でみんなに好評だった商品のミニボトルを
赤白セットで、これは知人へのお土産用に購入」


おっ、お酒のお土産と来れば、
そろそろ福ロウにも例のあれを☆




20170318.classic9-2.JPG
「あっ、これでしょ。サッポロクラシック」

待ってまっした、本州じゃ売ってない、
北海道限定のそれそれ、それでっす☆





20170318.classic9-1.JPG
「350ミリ缶はすぐだろから、
大きいのも一応買っといた」


うほっ、こりゃ気の利かない福ロウを
叱りつけてくるだけある気の利き様☆

ご配慮、あっりがとうございまっす☆




20170318.jibeer9-1.JPG「んで、登別温泉や2日目に寄った大沼にも
それぞれご当地ビールがあったんで、ほれ」


わわっ、いつになく大サービス☆

金の缶が、登別「鬼伝説 青鬼ピルスナー」か☆



20170318.saisoku9-1.JPG
これだけビールが出そろったからには、
例のアイツは見つかったんでっしょか?

「あ~、道中、何度も催促&指令の
メールを送って寄越した、これね」



うわっと、見つかりまっしたか「ぽてコタン」☆

20170318.potekotan11-1.JPGこないだ、誰かが買ってきてくれた出張土産で、
激うま新発見、北海道土産のニューフェイスっ☆

「一般の土産店はどこも無し、さすが津軽海峡フェリーの
函館ターミナルは品揃え豊富、最終日に逆転ホームランよ」


それは流行に疎い姉さんにしちゃ、グッジョブ☆

道内でも空港など一部でしかまだ扱いないらししく☆


こいつと地ビールで今週末からの3連休は、宅飲み三昧でっす☆


福ロウの方がもっといい旅の報告ができるってのに、すっかり楽しんできただけの
M姉さん、道中の画的な紹介もすることなく、まったく呑気なもんでっす☆


20170318.omiyage12-1.JPG北海道土産もいっぱい買い込めちゃう
新造船ブルーハピネスで行く登別ツアー☆

3/13~14のジョシマル限定版の先行開催を受け、
4/16(日)~17(月)の催行も決定らしく☆


福ロウも美味しい北海道ゲットしに行きたい☆


月曜代休とりゃ行けそな曜日配列、>>ジョシマルオフィシャルスポンサーの
阪急交通社さんのホームページ
で、空き状況を調べちゃいまっしょ☆

営業マンはどういうお昼タイムをしてるか、っていうドキュメントだけを載せる日☆

20170310.kantaro9-1.jpg函太郎のランチが3月から新しくなったよって聞きつけ、
佃店のある東エリアで午前中のパトロール☆

で、「近くまで来たから☆」
心の中で言い訳なんぞしまして☆

そろそろお昼だから、この流れなら
函太郎しかないでっしょ、と☆





20170310.kantaromenu8-1.jpg
コンパスでも毎度紹介、平日限定のランチセットが人気☆

15時入店まで頼めるのも、うっれっしい☆

とはいえ、腹ペコ福ロウは12時にはもう
ほとんど来ちゃってるんでっすけどね☆




で、しかも今日はこれがありまっすから、と大きめの独り言☆

20170310.waribiki8-1.jpg「恵方巻」を事前予約したときにもらってた
500円分の割引券、本日これを使いまっしょ☆

お手頃な函太郎ランチ980円よりも
上のグレードにしちゃえってんで☆


旬彩ランチ1,500円を注文っ☆



どわっときました、新鮮ネタの寿司10種☆

20170310.kantarolunch9-1.jpg
大好きなえんがわ炙りも入ってます☆


これに、アツアツの茶わん蒸しと汁物つき☆

20170310.kantarolunch9-2.jpg一人ゆったり、贅沢な昼のひととき☆

ランチセット注文後は、コーヒーも
135円のセット価格で頼めちゃう☆


こんなのんびりしてたのは、3月第1週までの話☆


実はこの後、怒涛の週末を過ごしてましたよ、って報告はまた近々、おっ楽しみに☆

本日最終火曜、2/28付の東奥小中学生新聞「週刊ジュニジュニ」福ロウ社会科見学掲載☆

20170228.hurusatosenter8-1.jpg今回は、東津軽郡の蓬田村での体験をご報告っ☆

福ロウの背景の立派な建物は、
「蓬田村ふるさと総合センター」☆

ところで、蓬田村といいますと、青森市からJRでも
クルマでも約30分という近さのお隣の自治体っ☆



20170228.map8-1.jpg
青森県の北西部、津軽半島の東側、
陸奥湾沿岸に位置しておりまっす☆

豊かな自然に囲まれており、稲作をはじめとした農業や、
穏やかな陸奥湾でのホタテ養殖が盛んな村なんです☆



そんな蓬田村の特産品の一つが「トマト」☆

20170228.tomato9-1.jpg 30年ほど前に「桃太郎トマト」の生産が盛んになり☆

首都圏のスーパーなどで販売されるようになると
甘くておいしいトマトが「蓬田ブランド」として定着☆


最近では、その生産技術を生かした新たな
品種の栽培にも取り組んでいるんでっす☆


「よもぎた4姉妹」をご紹介しちゃいまっす☆

長女の「津軽の雫」は気立てのよい、しっかり者☆

20170228.tsugarunosizuku14-1.jpg
青臭さが少なく甘みの強い果肉をたっぷり味わえる大玉トマト☆


次女「北の雅」は、いつも明るい、
フルーツのように甘い子☆

20170228.kitanomiyabi14-2.jpg
甘さとさわやかな酸味が特徴、栄養価も高く、どんな料理にも合う中玉トマト☆



こちら、三女「サマーセレブ」は、北の雅の双子の妹☆

20170228.summerceleb14-1.jpg
笑顔が魅力的なオシャレさんで、まるでフルーツのような
甘みと酸味のバランスが絶妙な、イタリア原産の中玉トマト☆



そして末っ子は「よもぎた baby baby」☆

20170228.babybaby14-1.jpg
無邪気で、とてもデリケートな箱入り娘☆

皮が薄く、ぷちっとはじける口当たりが人気☆
糖度が高く、加熱するとさらに甘みが増すそう☆


20170228.kakouhin9-1.jpg
村特産のトマトを使って、生産農家の女性たちが
つくっている、トマトづくしの加工品も人気でっす☆

村イチオシの美味しいトマトを一年中
美味しく食べられるようにという工夫☆


塩分控えめがうれしいケチャップやチリソース
など、こちらも自慢の蓬田の逸品なんでっす☆



そして、このたび、東奥日報社女性倶楽部「ジョシマル」が、
村特産のトマトを美味しくPRしちゃおうというイベントを開催☆


20170228.event9-1.jpg 昨年11月28日(月)に実施された「トマトの郷でレッスン!
シェフが教える蓬田流ふわとろオムライス」ってイベント☆


ふるさと総合センターの調理室を会場に☆

多数の応募の中から当選した
12名の会員さんが参加☆


20170228.mutenka8-1.jpg
オムライスづくりに使用したのが・・☆

無添加で塩分控えめがうれしい、自慢の
「とまとけちゃっぷ」と「トマトピューレ」☆




20170228.cooking8-1.jpg講師は、青森市本町の人気レストラン
「ダイニングヴィラ」の須藤公彦シェフ☆

レシピや手さばきを教わって、一人一人
オムライスづくりにチャレンジしたんです





20170228.kakushiaji8-1.jpg
ごはんを「とまとけちゃっぷ」で味付け、
ソースには「トマトピューレ」を使用☆

ソースの隠し味にはなんと「トマトジャム」も☆




火にかけたフライパンを器用に動かし、ふわふわをくずさないよう慎重に、でも手際よく☆

卵まで蓬田村産にこだわった「ふわとろオムライス」が完成でっす☆

20170228.kansei14-1.jpg


20170228.sutochef8-1.jpg須藤シェフ、美味しいレシピの披露と
わかりやすい解説、あっりがとうございました☆

レッスンの模様はジョシマルのブログでも☆





20170228.yomogita8-1.jpg
調理体験後、村の特産品販売施設「マルシェよもぎた」
でのお買い物タイムも存分に楽しんだ会員さんたち☆

村の新鮮な野菜や加工品を販売する「マルシェよもぎた」
では、目の前の海を眺めながらの食事も楽しめちゃう☆





20170228.kawauchisan8-1.jpg
こちら、スタッフの川内恵理子さん☆

カフェコーナーのメニュー考案も担当しているそう☆

「蓬田村のトマトを使ったナポリタンや、自家製オムライスを
はじめ、トマトの酸味を生かしたキーマカリーも人気です」



20170228.menu9-1.jpgうわわっ、なんともお洒落なカフェランチを
ゆったりと楽しめそうなラインナップ☆

ジョシマル会員さんたちも寛いでまっした☆

福ロウ、今度はランチタイムにふらりと現れたいっ☆



大自然に囲まれ、美味しい食材がいっぱいの蓬田村には他にもたくさんの魅力が☆

20170228.miryoku14-1.jpg
水揚げされたばかりの魚介類の
販売も好評の「村の駅よもっと」に☆

村特産の薬草を使った浴槽も人気の
「ふれあいセンターよもぎ温泉」☆

ジョシマルイベントでは、入浴体験&よもぎ蒸しの
特別体験なんってのも実施、好評でっした☆




蓬田村ではこれからも、トマト農家やトマトの
生産量のさらなる拡大に力を入れていくそう☆

手間暇かけて、安心安全にこどわった「蓬田ブランド」☆

20170228.tomotonosato20-1.jpg
ぜひ村内の「マルシェよもぎた」や「村の駅よもっと」でお買い求めくだっさい☆


そして、蓬田村からうっれしい読者プレゼントもいただいてまっす☆

20170228.present9-1.jpg
手づくりの「トマト加工品5点セット」を5名様に☆

「とまとけちゃっぷ」「トマトピューレ」に「パスタソース」
「トマトチリソース」「トマトジャム」の自慢のラインナップ☆



ハガキに、①住所 ②氏名 ③年齢 ④職業 ⑤電話番号 ⑥ご意見・ご感想を書いて下記へ☆

〒030-0180  青森市第二問屋町3-1-89 東奥日報社広告局「福ロウ社会科見学」係☆
3月23日(木)必着、たくさんの皆さんのご応募、お待ちしてまっす☆

毎週、毎週、金曜日に襲われてるうちに、今日はもう2月最後の金曜日☆

20170224.menu8-1.jpg何にしよっかなと、真剣に選んでおりますが、これは
青森市橋本の「中国料理 広州」でのランチタイム☆

コンパス冬号ランチ特集には、あっつあつの
スーラータンメンが紹介されてまっしたが☆

とはいえ、広州と言ったらやっぱこれかな☆



福ロウ大好物、名物のタンタンメンでっしょ☆

20170224.tantanmen9-1.jpg選べる辛さは、中辛っ☆

んでもって、欲張り福ロウ☆

やっぱり、1回のランチで2種類の
味を楽しみたいってんで、これっ☆



20170224.yokubari8-2.jpg
サラダもついた、チャーハンとのセット☆

これで、お値段1,150円(税別)っ、
ボリューム満点の大満足セットっ☆


広州なら行こっかなとついてきた、M姉さんは?



20170224.set8-1.jpg
「辛さがくせになる、マーボー麺ね」

こちらは、単品730円(税別)☆

「先週金曜のブログで雪が無いなんてアップした途端、
その日の夜からいよいよ冬到来、って感じになったよね」





20170224.saturday8-1.jpg
そうなんでっすよ、先週末、
土曜なんてもう、猛吹雪っ☆

「もしかして、行ってきた?例のあれ」




20170224.blue12-1.jpgもちろんでっす☆

2/18(土)に行われまっした、男子新体操
「BLUE VOL.05」公演っ、土曜夜の部☆

青森大学と青森山田高校の新体操部、同大OBらのプロユニット
「BLUE TOKYO」が、真冬の青森を熱くする、感動の舞台っ☆


今年で5年目、ますます進化した舞台
「BLUE」の勢いは止まらないってんで☆



20170224.kantoku8-1.jpg
青森大学男子新体操部の中田吉光監督、発見っ☆

シャレオツなジャケッツの先生と、
お久しぶりのツーショット、パチリ☆

全日本学生選手権での15連覇達成、そんでもって
「東奥スポーツ大賞」受賞、おめでとうございまっす☆



福ロウが酔いしれた、土曜夜公演の終了後にはなんと、小野寺晃彦・青森市長が登場っ☆

20170224.ninmei9-1.jpg舞台の人気を牽引してきた、プロパフォーマンスユニット
「BLUE TOKYO」がこのたび、市の観光大使に任命され☆

大喝采の大使任命の様子は、
写真撮影オッケーでっして☆


んで、「BLUE TOKYO」のサイトでは、
客席側に写る「福ロウを探せ」でっす☆



今年ももちろん、ジョシマル会員もたくさん鑑賞に来てくれまして☆

20170224.balloon8-1.jpg
抽選で選ばれたラッキーな会員たちが、終演後に
BLUE TOKYOメンバーに会えちゃった裏話は・・☆

近々、こちらの>>ジョシマルブログ
アップされるそうでっすから、おっ楽しみに☆



今日のランチ
「中華料理 広州 橋本店」20170224.last7-1.jpg
青森市橋本3-2-4    MAP  TEL017-773-5553
営業時間:LUNCH  11:00-15:00
      DINNER 17:00-21:20(日祝は21:00まで)
定休日=月曜日(月曜が祝日の場合、翌火曜)  駐車場=有
今週もまたまた、金曜日が来ちゃったってんで、3週連続、泡食ってアップ☆

20170217.batabata8-1.jpgもうなんだかんだで、2月がバタバタ
過ぎてく気がしちゃっておりまっすが☆

今週は、2/14があったってわけでっすから☆

この情報は上げとかなくちゃ、と☆




20170217.choco7-1.jpg
おもむろに、こいつをバサっと☆

ハイ、よいしょっと☆

「は?なになに?」


2月14日といえば、もちろんっ☆

20170217.valentine8-1.jpgバレンタインデーだったわけでっすよ☆

「で?」

もちろん、チョコでっす、
ハイっ、これっでっす☆


前回コンパスのプレミアム版で
紹介されてたよと、紹介したコチラっ☆

20170217.shichiriki10-1.jpg
キラリっと、銀のボックスがまぶしい「七力トリュフ」☆


20170217.shichirikichoco9-1.jpg青森市内7つの酒屋さんで限定販売、県産酒造好適米
「華想い」100%で醸造した「七力」を贅沢に使った逸品☆

コンパスXmas編でもお世話になりました
イートファンさんの特製トリュフとして登場☆

ウェブ版コンパスにゃ、まだXmas仕様の福ロウが・・☆

そりゃさておき、一押しの大人のチョコをオープンっ☆


20170217.naisho7-1.jpg
「誰かにもらったってこと?」

それは内緒でっすよっ☆

おうちで堪能しますから、ハイハイ、しまっちゃいまっす☆



まったく、小うるさいM姉さんに、自作自演がバレた日には何言われるか、危ない危ない☆


20170217.sinasoba9-1.jpgで、どこでやりとりしてんだ、と思った皆さん、
本日のランチは、ハイっ、こちらでっすよ☆

透き通ったサバ節スープの
やさしい味の中華といえば☆

「泰苑さんに来るの、なんだか久しぶりだわ」

でっす☆


M姉さんは支那そば単品(550円)でっすが、福ロウは半タイカレーつき、ランチ限定セット☆

20170217.curry8-1.jpg
支那そばに日替わり、ハーフサイズの
タイカレーがついて750円はお得っ☆

本日はナスと鶏肉入りのグリーンカレー☆

「今冬の青森市は、雪が少なくて暖冬気味なせいか、
あったか支那そば目当てで来るパターン、なかったね」



20170217.road8-1.jpg
そいえば、お店の周辺、青森市栄町の国道付近も☆

住宅地に続く脇道にもほとんど雪無しっ☆



20170217.road8-2.jpg
こんな2月は珍しいでっすよね☆

雪かきのいらない冬、しちゃってますしね☆



20170217.yoroshiku8-1.jpg
泰苑名物のいろんな注意書きの一つ☆

駐車場の「落雪駐車禁止 よろしく」の文字も
今んとこあんまり必要なさそかなって感じ☆






20170217.coffee8-1.jpg前回は、去年の10月A谷部長
来てまっして、福ロウもそれ以来っ☆

「ジョシマル出没画策のお願いするとき、
だいたいここ、泰苑が舞台でないかい?」


実は近々もこっそりお願い予定あるけど、今日来たから別の店で
なんてとこまで考えてるとは、M姉さんには言えませんが☆



ということで、人事異動のウワサ飛びかう今日この頃、そんなのどうでもいいってんで
日々楽しみを見っけちゃう、福ロウの次なるターゲット&注目展開をお楽しみに☆

今日のランチ
「泰苑(タイエン)」
20170217.last7-1.jpg青森市栄町2丁目9-18   MAP
TEL 017-743-4660(FAX兼)
定休日=水曜日    駐車場=2台
営業時間  LUNCH  11:00-15:00
        DINNER 18:00-22:00
ホントにものスゴいスピードで金曜が襲ってくるってんで、本日もやっとやっと更新っ☆

20170210.compass9-1.jpg今週アタマ2月6日、小うるさ~いM姉さん
出張から戻った月曜、夕刊で出てました☆

バレンタインが近い、この時期の掲載が
恒例となった、「コンパスプレミアム」っ☆





20170210.select8-1.jpg
ふだんよりちょっと贅沢な、もらってうれしい&美味しい
セレクトアイテムが、いい感じに紹介されてるわけで☆

節分でロールケーキと和菓子の恵方巻を楽しんだ、
イートファンさんの今年のオススメ、一押しチョコは?


ふむむ、県産地酒「七力」を
つかった七力トリュフか☆



20170210.ipad8-1.jpgバレンタインって上げるんだっけ?貰うんだっけ?

近年貰えてないからってのはさておき☆

新聞を見逃した人のために、ウェブ版コンパスにも
情報がアップされてまっすかな、ピコピコピコっと☆


たまには、ウェブ版も見とかなきゃ☆


タウン情報コンパスの業務は、最近は中堅営業マンとなり、
自由気ままに拍車がかかる福ロウの手を離れてますから☆



20170210.christmas9-1.jpg
あれれ?なんだかんだで、サンタマークの福ロウ、
コンパスXmasエディションがまだ上がってる?

「アンタと違ってみんな忙しく、それどころじゃないんでは」

しかし、これでは世の中の動きをサキドリすべき
営業マンが能天気にまだサンタ気分みたいな☆



20170210.choco9-1.jpgいよいよ来週は2月14日がやってくる、
チョコチョコョチョコウィークでっすよ☆

コンパスプレミアム掲載を見逃した方へプチ情報っ☆

過去の事例に則ると、東奥日報夕刊に
もう1回掲載されるんじゃなかろかなと☆


忙しそうな部内を物色、ここだけの話、今日の夕刊らしく☆


週末気分の本日2月10日金曜夕刊らしいでっすから、皆様、次こそ、お見逃しなく☆

まったまた、あっという間の金曜でっすが、慌ててブログアップの本日は2月3日でっすよ☆

こちらは、昨日夕方の東奥日報社の駐車場☆

20170203.snow8-1.JPG
2月に入っていよいよ雪がゴッソリ降り積もり、
寒さで鬼も凍えそな節分なわけでっして☆


20170203.coffeebreak9-1.JPGで、あんまり寒い今日この頃、17時過ぎたら一旦ブレーク☆

「ちょっとなに、なに、なに?こっちは持ち時間が
あと1時間しかないってのに、呑気にコーヒー?」


いやはや、前回報告のコーヒー革命到来で、局内で唯一
『コーヒーバカ日誌』を地で行く福ロウとしましては☆





美味しいコーヒーを、カリカリイライラ続きのM姉さんに淹れましたんで☆


20170203.ehoumaki8-1.JPG
そんでもって、挽きたて淹れたてコーヒーに
合うもんといえば、やっぱ恵方巻でっしょっ☆

じゃじゃ~んっ☆

「恵方巻って、コメだよね?
むしろ味噌汁とかさ・・」



まっまあ、節分当日は、営業部員ならもちろん函太郎の恵方巻注文してるわけでっすが☆

20170203.ehoumakiroll8-1.JPGこちらは、節分前日の木曜にプレ的にどうぞ☆

「あっ、イートファンさんの。恵方巻ロールね。これは
コーヒーに合うわ。たまにはいいこと思いつくね」


でっす、イチゴと濃厚生クリームたっぷりの
ミニサイズのロールケーキなわけでして☆




20170203.wagashi7-1.JPG
節分モードになったところで、もういっちょ
コーヒーに合います恵方巻をどうぞ☆

「これもお茶と、じゃないの?」

ところがイマドキ、和菓子にも
コーヒーってのが通でっすよ☆


「ん?ど~見ても海苔巻きだけど和菓子?」

20170203.wagashi8-2.JPGそうでっす、和菓子の恵方巻っ☆

これも「イートファン」&「二階堂」さんの
節分オリジナル商品ってわけでっして☆

「へ~、ホンモノそっくり。すし飯のとことか
具の感じとか、すっかり恵方巻だわ、感心」




20170203.okame8-1.JPG
はいはいっ、鬼と恐れられる姉さんが、イートファンの
幸福スイーツのチカラでこんな福顔になったところで☆

じゃ、北北西に向かっていただきまっしょかね☆

「北北西なんだ、今年は」

でっすよ、ホント、仕事以外何にも興味がないんですね☆


あっその前に、こっちもあるんだった☆

20170203.oniotoko9-1.JPGイートファンさんのベーカリー部門で買ってきた「鬼男」☆

こちらも節分までの期間限定っ☆

「さっきから、もう結果的に誰の
ブログかわかんない状態だわ」


まっまあ、じゃ、一気に食べるとこ撮ってください☆



北北西~、もぐもぐへぇ~☆
20170203.gabutto11-1.JPG

20170203.oniotokogabu7-1.JPG
あっ、ついでに鬼男もガブっといっちゃう?

無言で、一気にでっすよ☆

営業部の鬼をこの機会に喰って
やっつけてしまおうじゃないの☆



明日は立春とか言いながら、まだまだ冬本番の青森の2月は始まったばかりっ☆


20170203.sweets9-1.JPGあったかいコーヒーと美味しいスイーツで、
人事の季節を待つ福ロウなのでっした☆

「遊んでばかりだから、いい加減、今年は危ないだろね。
昼間っからコーヒー淹れキャラ、ちょっと浮いてるしね」


いえいえ、春に向けてもいろいろ企んでる福ロウ☆


節分の今宵は、函太郎の「恵方巻」で今年一年もたっぷり福を招いちゃいまっす☆



ジョシマル

青森旨うま日記

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

「満福ランチブログ」
スマートフォン版はこちら

アーカイブ

最近のコメント