いろんなエコの最近のブログ記事

小さな巨人

| コメント(0)

ひょんなことから、こんなかわいい冷蔵庫がうちに来ました。
IMG_4863.JPG
毎日暑くて、ここに飲み物を冷やしておけばいいなぁ、なんて、冷やしておきました。
IMG_4864.JPG

すると、うちの省エネナビがここ数日、使い過ぎを警告している。
もしや?と思い、エコワットで消費電力を調べてみました。
IMG_4867.JPG
IMG_4866.JPG
IMG_4865.JPG

するとやっぱり・・・。
この小さな冷蔵庫で、約2日で87円。
つまり1日で43円。
これでは、普通の冷蔵庫がもう一台あるようなもの。
便利だったけど、こんなのずっとは使っていられない。
お客さんが来るとか、何か特別な時だけ使うようにしよう。
ただでもらったものだけど、使用上には要注意でした。

LED照明に換えました。

| コメント(0)

ちょっと前から気になっていたLEDのシーリングライト。
1日のうちでながくつけているリビングの照明を
LEDにとうとう換えました。

みんながいつもいる部屋なので
8畳用の明るめのもの、そして色が変えられるものにしました。

換える前は3本の蛍光灯が入っていました。
IMG_3440.JPG
こうしてカバーを外してみて分かったことですが、
蛍光管が黒くなっていました。
つまり本来の明るさを得られていなかったということ。
気づかないうちに無駄があったんですね・・・。

これが新しいLEDのシーリングライト。
蛍光灯の名残らしいのですが円く並んでいます。
IMG_3441.JPG

実際つけてみると、明るい!!
すごく明るくて、40代の私の眼にはうれしい限りです。
13000円くらいしたのですが、
明るさも変えられるし、色調も変えられてとてもいい感じです。
就寝前は電球色といわれる黄色っぽい明りにすると寝つきが良くなるとか、
早朝は白い光にして目を覚ますようにするとか、いろいろ使って楽しいです。
また、タイマー機能で夕方に自動点灯とかもあります。
IMG_3445.JPG

電気代もきっと安くなるはず!!
まだ試算をしていないので、その結果はまた今度ということで。

あと長女の部屋も変えました。
リモコンがついているので、長女はとても喜んでいます。
IMG_3439.JPG

地元の公民館のお祭りで
あるブースから「うちエコ診断やってみませんか?」と
声をかけられ、
「前もやってもらったことあるんだけど」と言ったら
「前と比べてみたら?」
なんて言われ、それもそうかと思って、受けてみました。

これは今の暮らし方の質問に答えていって、スタッフの方がパソコンに入力していくもの。
うちは4人家族、家は一戸建、オール電化...等々。
そして各電化製品などのおおよその使用時間などをこたえると、
青森市民100世帯中何位かという結果が出ます。

IMG_3427.JPG

うちは24位。
エコをがんばってるという割には、あまり良い成績とは言えない??
できる工夫はやってるので、これ以上は・・・というのが本音です。
エネルギー消費だけでエコを診断するのも無理があると思うし・・・(小さな反論)

次に、こんな対策がありますよ、と教えてくれます。
IMG_3429.JPG

初期費用に170万円のものからただのものまでざっと20項目。
この中で、やってみようと思うもの、できそうなものを選びます。
すると、どのくらいエコになって順位がどうなるか。
IMG_3428.JPG

安くてすぐにでもやってみたいシャワーヘッドの取りかえと
LED照明にかえること等を選びました。
すると4つあがって20位に。
まだまだ成績優秀とはいかないけれど、
できることからコツコツやっていこう、とあらためて心に思った診断結果でした。

青森市内のホテルで

| コメント(2)

今日、用事があって青森市内のとあるホテルに行きました。
帰りがけにトイレに入った時のこと。

はっと目に止まったもの。
IMG_2962.JPG

暖房便座のコンセントに見慣れたものが。
そう、うちでも使っている、タイマー。
IMG_2963.JPG

公共施設でこれを使っているのは初めて見ました。
でもこういう小さな努力がきっとみんなの大きなエコにつながると思います。
それにこういうものに気を遣っているという姿勢に、好感が持てます。

きっとここのホテルはほかにも小さなエコ活動をしていることでしょう!!

この前お話した、鯛の中骨を使った潮汁。
そのほかにも作ったものを紹介します。
「鯛めし」です。
IMG_2638.JPG

これは塩焼きした中骨を、
昆布を入れてしょう油・サケなどで調味し、お米と一緒に炊きます。
炊けたら、鯛を取り出し、
身をほぐして、ご飯に混ぜ込みます。
とってもいい香りで、本当においしいんです。
子どもたちも大好きです。

ところで、この鯛の中骨は100円でたくさん入っていたのですが、
こういうのっていいですよね。
例えば、鯛1匹を一つの家庭で使い切るのは難しくても、
お刺身を食べる家、中骨をこうやって調理する家。
それぞれニーズがあって、喜んで食べているのですから、
お店には、アラもちゃんと商品にしてほしいですね。

でっかいピーマン

| コメント(0)

近所のスーパーの産直コーナーでこんなのを見つけました。
IMG_2148.JPG

そう、大きなピーマン。
大きいというか、長いピーマン?
そのくらい長いかというと、卵と比較

IMG_2150.JPG

3つで6つ分くらいのボリュームがあります。
これの何がいいかというと、
廃棄物が少ないということです。
IMG_2152.JPG

ほら、種がちょこっとだけ。
それで可食部(食べる部分)に対する廃棄部(捨てる部分)が少なくなるということです。
それは、ごみを減らすというエコにもなるけど、
手間も省けるという利点もあります。
こういうのって、消費者にとってありがたいですね。

カレー作りのエコ??

| コメント(0)

この前、カレーを作ったとき、ふたの裏の作り方を見ていたら、
「鍋ぶたをしてエコ調理」って書いてあって、
(へえー、食品メーカーもこんなふうにエコを呼びかけるんだー。
意識が高まっているのねえ―。)
なんてのんきなことを思っていました。
IMG_1908.JPG

でもよく読むと、
「ふたをしたときは、水を1300mlに調整してください」
と書いてある!!
つまり、今まで書いてあった水の量より減らすということ。
IMG_1909.JPG

ええっ。今までのは、ふたをしないことを前提に
水が多めに書いてあったのか!!

知らなかったよ。
今までその作り方で、ふたをしてました。

茶封筒の再利用

| コメント(0)

茶封筒でいろんな書類が送られてきますよね。
できるだけ、再利用しているのですが、
これが1番良いと思うんです。

これは下の部分が何も書かれていません。
CIMG7965.JPG

それをこうやって切り取ると
普通の80円封筒として使えるようになります。
CIMG7966.JPG

この封筒できたら、喜んで私は切り取って、おいておきますよ。

「サバメシ」だって。

| コメント(1)

小学生の子供が、今週末に、公民館の行事で
キャンプに参加しました。
私も、夕食時にお手伝いに加わったのですが、
そこで、「サバメシ」というものを知りました。

サバメシ?
それは、「サバイバルご飯」のことだそうだ。
3月の東日本大地震では青森県でも長い停電が続いた。
そんなときにあるものだけで、ご飯を炊くという技。
ちょっと驚きの技だったので、ここで紹介します。

必要なものは、
・350mlのアルミ缶 2つ
・1000mlの牛乳パック 3つ
・米1合

アルミ缶を加工します。
米を入れるほうは、上面を缶切で円くあけます。
そこへ米1合をいれて、缶の8分目まで水を入れます。
今回、米は研ぎませんでした。
それは、非常時に水が潤沢にあるとは限らないからです。節約だそうです。
CIMG6887.JPG

次にコンロとなるアルミ缶です。
上面は同じく缶切で円くあけます。
そして、カッターで上部と下部に2箇所ずつ穴をあけます。
下は切り取らなくても下に折り曲げればいいです。
上は四角く切り取ります。
それに先ほどの米を入れた缶をのせて、アルミホイルでふたをかぶせます。
CIMG6892.JPG

そこへ、細くきった、牛乳パックに火をつけて、
これをくべていきます。
そう、牛乳パックが燃料なのです。
3本分がちょうど米1合の燃料なのだそうです。
CIMG6893.JPG

途中、うまくいかなくて火も消えてしまいます。
何度も火をつけなおしながら、どんどん燃やしていきます。
CIMG6896.JPG

でもあと少しというところで、コンロが崩れてしまいました。
まあ、大丈夫でしょう。
最後はさかさまにして、蒸らします。
CIMG6901.JPG

米1合、簡単な材料で炊けました。
そこにはおこげもできていました。
CIMG6908.JPG

さて、お味は。
しっとりとしておいしかったです。ミルキーな感じ。
とがないで、炊きましたが、ヌカくさいということもありません。
なかなか、いけます。
へエーって感じの炊飯でした。

石けんを家で作ることはすっかりライフワークになりました。
それでも、洗顔や、髪を洗うのに使う「オリーブ石けん」は、
材料費もかかる上に、作るのが少し難しく、気をつかいます。
その点、使用済みの天ぷら油なら、簡単で、すぐにできて、楽しいものです。

これが使用済みの天ぷら油1Lです。
これくらい、よく使って茶色く色づいた方がうまく作れます。
CIMG6177.JPG

水300mlとNaOH130gを混ぜて水溶液を作ります。
この作業は少し危ないので、手袋をはめてします。
その水溶液をこの油に混ぜます。
CIMG6178.JPG

ホイッパーで混ぜて、5分くらいしたところ。
CIMG6179.JPG

混ぜ始めてから35分。もうこんなに不透明になり、
持ち上げるとホイッパーの型がはっきり残ります。
こうなると、もう型に入れられます。
CIMG6181.JPG

牛乳パックで作った型です。
CIMG6182.JPG

真ん中がふくらむので、輪ゴムで四角くなるようにします
CIMG6183.JPG

型に入れてから9時間後。
固まりはじめていることが、色を見ると分かります。
それでもまだ中身はやわらかいです。押すと弾力があります。
CIMG6187.JPG

型入れから20時間後です。
ずいぶん固まっていることが、さわると分かります。
それから、ほんの少し、縮まっています。
色もだいぶん、不透明で、白っぽくなりました。
CIMG6192.JPG

あともう少ししたら、型からはずして、切れるようになります。
その後は、風乾します。1ヶ月くらいかな?

この石けんで、私は、お風呂場で体を洗ったり、台所で皿を洗ったりしています。
どちらもとても使い心地は良いです。

この作り方は失敗が無く、おすすめです。
NaOHは薬局で手に入ります。(ただし、名前を記入し押印しなければいけません。)
使用済みの油の処理にはこれが1番良いと思います。
(でもくれぐれも、NaOHの扱いには注意ですよ)

プロフィール
~モノいう消費者~
とく子

消費生活アドバイザー
(経済産業大臣事業認定)
生まれも育ちも大阪、
2000年から青森に住んでいます。
4人家族(夫、子ども2人)
大学では農学部園芸農学を専攻。
省エネルギー普及指導員

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

Powered by
Movable Type Pro