省エネのススメの最近のブログ記事

LED照明の節電効果は?

| コメント(0)

この前にお話しした、照明器具の取り換え。
さてどのくらいの省エネ効果でしょうか?

ズバリこれです。
gulaf.jpg

46%カットなので一応、まぁまぁの節電効果はありますね。
1年で3000円くらい安くなるのだから、
このLED照明は13000円くらいで買ったので、
約4年で償還できるとなります。

前の蛍光灯はすでに黒くなってきていて、
明るさが十分でなく、その蛍光管を取り換えることを考えれば、
全部かえちゃうのも、ありですね・・・。
それに取り替えたことによって、部屋がすごく明るくなって、いい感じなんです。
また色を変えられるのも、とてもいい。
部屋の模様替えをしたような雰囲気です。

冷蔵庫 新旧比べ

| コメント(0)

実は、9月に冷蔵庫が壊れまして・・・

どうも冷えないと思っていたんです。
ドアに温度が表示されていたんですが、9℃とかになっていて、
どんなに強くしても冷えてこなくて、
これはもうダメかと思い、買い換えました。

冷蔵庫って、1日たりともストップさせられないでしょう。
3月の地震に伴う停電でも、ずいぶん苦労しました。

こちらは古い冷蔵庫、2000年購入。サイズは381Lです。
CIMG7252.JPG

これがこのたび買い換えた冷蔵庫。
サイズは426Lで、少しサイズアップ。
CIMG7404.JPG


そこで気になる電気代。エコワットでさっそく測ってみました。
すると、こんなに違いが!

7割ダウンとなりました。
すごい!予想以上です。
冷蔵庫やエアコンは年々性能が良くなっていて、
省エネはドンドン進んでいます。

電気代が安くなって嬉しいです。
もちろん、きちんと冷えています。

先週1週間、実際にやってみたサマータイム。
果たして効果はいかほどだったか?

サマータイム実施の前の1週間は、43.2kWhの消費電力でした。
そして、サマータイム実施の1週間は、42.1kWhです。

あれっ?あんまり変わらない?

そうなんです。
期待したほどの効果はなかったのです。

寝る時間を1時間早めて、照明機器やテレビ時間を減らしたのですが、
それだけでは
割合にして、たったの3%削減できただけでした。

グラフでも、この通り。

うちの場合、オール電化住宅で、どうしても全体の量が多く、
照明や、テレビを減らすだけでは、効果が現れないのかもしれません。

ミシンのエコ

| コメント(0)

ちょっと前から、洋裁にはまっています。
冬は編み物なんだけど、暖かくなると違うことをしたくなります。

洋服がうまくいったので、
家にあるいろんなはぎれで小物入れを作りました。
これはバッグインバッグです。
CIMG6580.JPG

かばんの中の整理に便利ですよね。

ミシンで縫っていて、昔、たくさんの糸の切れ端が出ることに
不満を持っていましたが、
よく考えれば、糸を切らずに、どんどん縫えば、無駄はなくなりますよね。
CIMG6557.JPG

こうやって縫ったほうが早いし、断然ごみは少ないですよ。

さて、今日は夏至です。
ただいまおうちでサマータイム継続中。
消灯時間を決めると、あわただしいけど、時間を有効に使っている気がします。
省エネの効果は、また、後ほどお知らせします。

夏に向けて、節電が呼びかけられています。
事業者も家庭も15%削減が目標だとか。

うちではもうすでに考えられる省エネはしてきたから
そこから15%削減はなかなか難しいかもと思っています。

そのことについて、夫ともいろいろ話しました。
その結果、サマータイムをして、
夜間の照明やテレビなどの消費電力を
1時間分くらいカットすればいいんじゃないかということになりました。

来週は夏至もあります。
そこで、日曜日から、早寝早起きをしてみることにしました。
つまり土曜日の今日はいつもより就寝時間を1時間早めます。
そして、明日の朝1時間早く起きます。
それを1週間やってみます。
そして、1週間の違いを比べてみます。

うちには、「省エネナビ」という、家全体の消費電力が一括してわかる機器があります。
これを使うと、1時間ごとの消費電力のデータが取り出せるのです。
navi1.JPG

やっぱり省エネや節約って、実行してもその効果が目に見えないと
やる気も起こらないし、続かなかったりしませんか。

本格的に暑くなって電力需要が高まる前に、試しにやってみて、
良かったら、続ければいいし、
あんまり効果がなければ、また別のことを考えないとね!
いずれにせよ、実行あるのみです。

電球取り替えました。

| コメント(0)

以前、ダイニングの電球型蛍光灯が切れたお話をしました。
その中でもお話ししたように、電球型蛍光灯による電気の省エネの効果は結構なモノです。
切れたままでは不便なので、以前取り替えて置いてあった白熱電球に交換しましたが、
いつまでもそうしているのは反エコです。
省エネにもならないし、経済的にもよくありません。
だから、電球型蛍光灯を買いに行きました。
とはいっても、100Wタイプは以前一つ1600円もしたのです。
今回はどうかなぁと不安でした。

それで今回見つけたのはこれ!
CIMG4781.JPG

このぐるぐるが多少気になりますが、
これはノーブランド品なので安かったのです。
1つ676円でした。まえ1600円もしたのですから、
この見た目の悪さも我慢できますね!

ずいぶん冷え込むようになりましたね。
特に朝は外の気温も低く、それにともなって朝6時の水道の水の冷たさと言ったら!!
本当に冷たいですよね。
それでおすすめしたいのが、くみ置きの水を準備しておくこと。
どうしてこれがおすすめなのかと言えば、
あさ、おみそ汁を作るにしても、コーヒーを入れるにしてもお湯を沸かすでしょう。
その最初の水の温度を少しでも上げられるということが期待できるのです。
そうすると、お湯を沸かすためのエネルギーは少なくてすむというエコです。
本当にそんなに効果があるの?と疑ってる?
数少ないですが、一応データをとりました。

suion.jpg

外気温が低い日ほど、その差は大きいのですが、10℃は違うでしょう。

CIMG4462.JPG

そこで我が家ではいつも、このように水を入れておくものを置いています。
寝る前にここに入れておくとか、
あるいはお湯を使うとき、お湯が出てくるまで時間がかかるので
その水を無駄にしないようにこれに入れておきます。

このようないれものがなくても、明日の朝に使う水をやかんに入れておくだけでも良いのです。
いかがですか?
ちょっとしたことで、エコ、できるでしょう。

先日10日(火)は消費者大会がありました。
午後のワークショップでは
青森県消費者問題研究会の一角を借りて、
当ブログ「エコ@home」も出展しました。

CIMG4252.JPG  CIMG4250.JPG

パネルの左側に見えているのが、我が家から持参した
現在進行中の段ボールコンポスト。
約2ヶ月使用で今のところ順調です。
たくさんの方に珍しそうにのぞいて頂きました。
また、ブログの印刷物も多くの方に持って帰って頂きました。

後ろの緑色の模造紙は当研究会の会員が書いた、最近の省エネ事情です。

CIMG4251.JPG  CIMG4254.JPG

会場が狭く感じるくらい、たくさんのご来場者と
熱心な出展の方々で、会場はにぎわっていました。

ずいぶん前、「米とぎのエコ」で、水替えの回数を減らす方法を紹介しました。

でも最近、米とぎのエコグッズをゲットしました。
CIMG4004.JPG

以前からこのようなものがあるのは知っていましたが、
値段がちょっと高くて買う気にならなかったのです。
でもある日、見切り品のワゴンの中に入っているのを、運良く発見。
これは、「買い!!」と購入しました。
でも実際使ってみるまで、本当に良いのかって、分からないでしょう。
そこで報告。

まずはこのように米をとぐときに釜の内側に吸盤で貼り付けます。
CIMG4005.JPG

そして、水を捨てるときにこのようにそーっと傾けます。
CIMG4009.JPG

上手にそーっとです。
米とぎの水替えの一番のポイントはいかに水を最後まで捨てられるかです。
できるだけ、最後まで排水してやることが、
少ない水で米とぎを終わらせるポイントなのです。
CIMG4006.JPG

米が落ちない程度に、そーっと傾けます。
米の白いぬかは、特に水の底にすぐ沈みます。
このグッズを使うことによって、少し米が浮きます。
その隙間から底の水がうまく流れていきます。これがポイントですね!
CIMG4008.JPG

傾けかたのちょっとした加減なんでしょうか、
たまに、米をパラパラっと落としてしまうこともあります。
でもだいたいは良いようです。点数を付けるとすれば75点くらいな。
ザルで水をこしても良いんですが、こういう便利グッズがあれば
家事も楽しくなりますしねー。

電気料金 大公開!!

| コメント(0)

9月分の電気使用量のお知らせがきて
久々に安くって、うれしかったので、大公開しちゃいます。

ちなみに我が家はオール電化住宅。
だから水道以外には光熱費というモノはありません。

この写真、ちょっと見にくくてすみません。
9月分は、1865円です。
久々の2000円ぎり。
子供が小さかった頃はあったけど、
最近ではなかなかこの数字は出ませんでした。

でもどうして9月分は少なかったのかしら?
冷夏だけどふだんから冷房は使わないし。
この期間、夏休みなので家にいることも多かったけどなぁ?

まぁ安いんだから、素直に喜ぶか。

プロフィール
~モノいう消費者~
とく子

消費生活アドバイザー
(経済産業大臣事業認定)
生まれも育ちも大阪、
2000年から青森に住んでいます。
4人家族(夫、2人の子どもは小学生)
大学では農学部園芸農学を専攻。
省エネルギー普及指導員

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

Powered by
Movable Type Pro