糸と針での最近のブログ記事

帆布のカバン

| コメント(0)

すっかり涼しくなりました。
朝夕は寒い日もあります。
それでも日中は爽やかで、いい気持ちです。

とはいえ、先週までの数々の台風上陸は、たいへんな被害を起こしました。
中でも私が気になっているのは、岩手県の宮古市や岩泉町のこと。
そこには、東日本大震災の後、家族で旅行に行きました。
宮古市の街中や、岩泉町の龍泉洞はよく覚えています。
そこが、被害にあっていて、とても心配です。
お見舞い申し上げます。

さて、昨日、久しぶりにソーイングで、一つものが完成しました。
IMG_5177.JPG
表紙のカバンが気に入って、どうしても作りたくなり、
材料も取り寄せ作ってみました。
IMG_5172.JPG
よくよく見ると、縫い目とか、決してきれいではありませんが、
まあだいたいできてるので、私はよし!です。
IMG_5173.JPG
中にもポケットがあって、使い勝手もよし!

IMG_5175.JPG
あ、これは、小5の長女が夏休みに作った作品。
ネコのゴミ箱です。新聞紙で張り子になっています。
階段の踊り場に置いています。

靴下 完成!

| コメント(0)

あれからどんどん編んじゃって
とうとう完成しました。
IMG_4312.JPG
かかとがないので、まっすぐにベローンとしたかんじです。
40cmくらいの長さです。

本の通りじゃなく、ねじり具合を左右鏡対称に作ろうとしたのですが、
なぜだか、斜め具合が同じじゃない。

写真では分かりにくいのですが、
実際はこんなふうです。

IMG_4314.JPG
編んでいく方向はどうしても鏡にはできないから、こうなってしまうのでしょうか、
それとも毛糸の撚り向きのせいでしょうか。

履くとこんな感じです。
IMG_4315.JPG

かかとの形がなくても、ねじれたゴム編みのおかげで
自然に足のかたちになってくれます。
履き心地はゆったりとしています。
でも、これを履いて、靴の脱ぎ着は、ちょっと面倒かなぁ。
脱ぐたびに、靴下が脱げそうだ。
そんなもんでしょうかね?もうちょっと工夫が必要かしら。

靴下の新しい編み方

| コメント(0)

最近、靴下の編み方の新しい本が出たんです。
一目見て、買っちゃいました。

IMG_4277.JPG

IMG_4278.JPG

この靴下の特徴は、かかとがない。
でも特殊な編み方で、「かかとがなくてもよくフィットする」というのがポイントなんです。

どんな編み方かというと、ゴム編みなんだけどちょっとずつずれていって、
ゴム編みの編み目がねじれていくのです。

これがいいんだそうです。
それでさっそく編んでみました。

IMG_4274.JPG
かかとがないので、ひたすら編むだけで簡単です。

IMG_4275.JPG

片方編んで、考えました。
人間の体は、鏡に対象なんだから、このねじり方も反対ねじりの方がいいんじゃないか、
よりフィットするんじゃないかと。
それでこの編んだ方を、両方の足にはいてみました。
するとやはり、左足にフィットするのです。

だから、今度は反対に編んで右足用に。
IMG_4279.JPG

素敵な糸

| コメント(0)

もう、1カ月ほど前になってしまうのですが、
私の好きな「毛糸だま」という編み物雑誌にすごく素敵なベストがのっていて
無性に作りたくなり、材料を注文したのです。

その糸がなかなか高くて・・・。
でも、その糸でないと作れないようなんです。
だから、思い切って買っちゃいました。

IMG_3645.JPG

これで7000円くらいします。
こんな風に、コーンに巻かれた糸を使うのは初めてです。
京都にある会社で日本製の糸です。
2本どりで編んでいきます。
IMG_3648.JPG

これをヘアピンレースという技法で編んでいきます。
これも私にとっては初めてのことで、ちゃんと最後までできるのか、不安の種です。
IMG_3649.JPG

このような帯のようなものを作って、これをつなげていきます。
うまくできればいいんだけどなぁ。
IMG_3657.JPG
でももうなんだかすっかり暖かくなっちゃって、
こうふわふわしたものを着る気候じゃない感じ・・・。

手編みの目出し帽

| コメント(0)

もう二つ目なんですが、
今年はこんな目出し帽を編んでみました。

IMG_3455.JPG

仕組みはとても簡単で、
下の首のところからゴム編みで輪にします。
メリヤス編みを始めたら、
途中で別糸を編みいれて、後からほどき、切れ目になります。
最後に減目をして、絞ります。
IMG_3453.JPG

編み糸も太いので私なら3日くらいで編めちゃいます。

かぶるとこんな感じ。
IMG_3457.JPG

モデルは長女だが、
これは長男用に編んだもの。
歩いて中学校まで行くのに、首まですっぽりおおって、寒くないように・・・。

久しぶりの作品

| コメント(0)

IMG_3404.JPG

久しぶりに、チョッキを編みました。
自分用です。
帽子や手袋などの小物は毎年いくつか作っていますが、
服は、実に久しぶり。
夏の終わりころどうしても編みたくなって、材料キットになっているのを購入。

9月頃から編み始めてやっとこ完成。
でも、そう大変ではなかったなぁ・・・。
ポコポコの編地が、とても暖かい。

IMG_3410.JPG

あと、一緒に帽子もできました。
IMG_3408.JPG

彫刻刀の袋

| コメント(0)

小学生の長女が
学校で彫刻刀が必要なので、購入の案内チラシを持って帰ってきました。
まあそれらのカラフルで、かわいくて豪華なこと!!
もちろんその分代金も豪勢。
何が高いって、その入れ物です。
中身もきっときちんとしたものなのでしょう。
それに対する値段が高いのはわかるんですけど、
ケースが高い。
入れ物なしの彫刻刀だけだと1600円、
入れ物がつくと2200円。
とまあこんな感じです。

だからうちでは、入れ物なしの彫刻刀だけを買うことにしました。
長女はとってもかわいい豪華な方をほしがったのですが
何とか説き伏せて。

その時に約束しました。
かわいい生地で袋を作ることを。
IMG_3338.JPG

手芸屋さんで見つけたかわいい生地。
IMG_3339.JPG

完成―!!
IMG_3340.JPG

なかなかいい感じ。楽しい柄ですね。
長女も気に入ってくれました。(ホッ)

食器を洗ったり、洗面台を洗ったり、お風呂掃除をしたり、
ほこりをとったり、いろんな場面で活躍する、アクリルたわし。

わたしにとっておはなくてはならないものですが、
このたび在庫が切れたので、久しぶりに作りました。

IMG_3256.JPG

どんなデザインにしようかといくつかネットで探したら、
この葉っぱを見つけました。
デコボコしたデザインが、使いやすそう・・・

浴衣の生地

| コメント(0)

近所のリサイクルショップで最近浴衣の反物を、買いました。
IMG_3161.JPG
これはなんと350円。
何を作るか考えもせず、買いました。
だってこれだけの分量の生地はこんな値段じゃ買えないもの!!

でもとっても古いものみたいで、ちょっとカビ臭ささえある。
それで水で洗ってみた。
IMG_3165.JPG
すると臭いはなくなって、洗ってみると思った以上に張りのある生地に。
さてこれで何を作ろうか、と。

そこでパジャマのズボン。
IMG_3245.JPG
なかなかいい感じにできました。
とはいえ、浴衣生地だから、幅が狭くてお尻の部分の幅が足りない。
だからそこは布を継ぎ足しています。(ちょっと、手間...)
でも着心地は最高!!
パリッと張りがあるので、暑くない。
次は何を作ろうかなぁと、またワクワクします。

IMG_3015.jpg
リバティの生地で作りました。
仙台の手芸店で、カットクロスが売られているのを見つけて、
そこにカットクロスを余すところなく使って作れる小さな袋が展示されていました。
それがとてもかわいくて、好きな生地をよーく選んで買って作ってみました。

リバティって、プリントもすてきだし、生地も薄くてつやがあってまるでシルクのよう。
いい生地で作ると、作っているときも幸せな気分になるし、
出来上がったものを使うときも、見るだけでもとっても幸せな気分になります。
でもリバティのようなすてきな生地はなかなか売ってないのよねー。

プロフィール
~モノいう消費者~
とく子

消費生活アドバイザー
(経済産業大臣事業認定)
生まれも育ちも大阪、
2000年から青森に住んでいます。
4人家族(夫、子ども2人)
大学では農学部園芸農学を専攻。
省エネルギー普及指導員

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

Powered by
Movable Type Pro