2017年10月13日アーカイブ

オクラの不思議

| コメント(0)

ずいぶん涼しく?肌寒くなって、畑の収穫できるものも少なくなりました。

今年は、夫がオクラをたくさん植えたので、
夏から今まで結構、オクラを楽しみました。
さっとゆがいたオクラって、本当においしい。
刻んで納豆と混ぜると、なんぼでも食べれる―。
たぶん、たくさんのアミノ酸が、入ってるんだろうなーと思います。

IMG_7536.JPG

これは、断面がまるい形で、暑くなくても作れるんだとか。
そう、オクラは、暑い地域の方がよくとれるのです。

何年か前にも、オクラを植えたことがありましたが、ましてやその年は寒くて、全然とれませんでした。
今年は1×2mくらいの場所に、8本ほど植えたようです。
やっぱり一つの植物体では、そんなに大きくはならなかったのですが、
その面積のわりには、コンスタントに夏からずっと、収穫がありました。

かつて三重県で畑にオクラを作った時は、1つの植物体で
葉が茂って1×1mくらいの面積を占めるような大きさになりました。
それで毎日毎日食べきれないくらいのオクラがとれる。

青森ではそこまではいかなくても、面積当たりの収穫にしたら、結構いったんじゃないかなあ。
それぞれの土地に適した作り方ってあるのですね。

プロフィール
~モノいう消費者~
とく子

消費生活アドバイザー
(経済産業大臣事業認定)
生まれも育ちも大阪、
2000年から青森に住んでいます。
4人家族(夫、子ども2人)
大学では農学部園芸農学を専攻。
省エネルギー普及指導員

最近の記事

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

Powered by
Movable Type Pro