道徳教育に思う

| コメント(0)

道徳が来年度から小学校では教科となるそうです。
評価の対象とされ、通知表にも記載されるのでしょうか。

先日、子どもの道徳が参観授業であった。
道徳の教科書から一つの話を読み、それに対する感想などを発表するようなものだった。
いつもは元気よく手を挙げ発表する、子どもたちなのに、
どうしたことか、だれも手をあげない。

私は思うのですが、
人それぞれ感じるところ、感動する点って違います。
それなのに、同じ教材で、何かを感じろ、というのは、
まだ小学生には無理があるのではないでしょうか。

以前中学校の道徳の授業も参観しました。
そのときも、似たような様子。
だれも積極的には意見を述べず、
当てられれば、(だれかが)期待する正解の意見を述べる。

道徳は、実体験からしか学べない。
いろんなことを経験して学んでいくのではないでしょうか。
たくさんの経験を積んだ大人なら、本を読んで、その内容を自分の経験やと知見と重ねて、
何かを考えることもできるでしょう。
でも、経験不足の子どもには、まだちょっと。

当の子どもたちも、道徳はつまらない、眠いと言います。
そりゃそうでしょう、あの盛り上がらないことといったら。
決して先生を批判しているのではありません。

子どもたちは、道徳観を、自分の体験、経験、人とのかかわりの中から、学んでいくのだと思います。

ちなみに、私は子どものころ、「大人は道徳の授業で言ってる教科書的なことと、実際にやってることは違う」と
ずっと思っていました。だから道徳の授業は好きじゃありませんでした。

IMG_7538.JPG

ハロウィンも終わりましたね。
すっかり日本でも定着した感じです。
うちではこんな飾りしかしませんが、長女が作ってくれました。
彼女の部屋はもう少し、飾りがあったり一人仮装したりしましたよ。

さて、私は消費生活に関する市民活動をしています。
来る11月8日水曜日は、青森県消費者大会が催されます。
それに出展するのに、ただいま準備真っ最中なのです。
そこで配布する資料や、アンケートなんかもとってみたいと思うのですが、
それをどこで印刷しようかと探しました。

ネットで「青森 市民活動 印刷」などのキーワードで探したのですが
どうも青森市内には、そういう市民活動のための印刷設備(輪転機)がないようです。
それでヒットするのは、八戸市、三沢市、弘前市でした。
八戸や三沢は遠すぎるので無理。
弘前市民参画センターでは、紙は持参で、「原紙70円とインク代100枚につき10円」という
格安で、印刷させてくれるのです。
問い合わせると、週末も利用可で、9:00から19:30まで利用可能ということでした。
すごくうれしいサービスですね。

本当は青森市で見つけたかったので、役場にも電話かけて聞いたけどそういうサービスをしている
公的施設はないそうです。
確かにネットで検索すると、市民活動する団体には、印刷費など助成しているようですが、
こういうことって、使いたいと気に使えないとだめなんですよねー。

何とか、そういう設備を整えていただけないでしょうか。
あるいは、私の調査不足?
どなたかご存知でしたら、教えて下さいませ。

オクラの不思議

| コメント(0)

ずいぶん涼しく?肌寒くなって、畑の収穫できるものも少なくなりました。

今年は、夫がオクラをたくさん植えたので、
夏から今まで結構、オクラを楽しみました。
さっとゆがいたオクラって、本当においしい。
刻んで納豆と混ぜると、なんぼでも食べれる―。
たぶん、たくさんのアミノ酸が、入ってるんだろうなーと思います。

IMG_7536.JPG

これは、断面がまるい形で、暑くなくても作れるんだとか。
そう、オクラは、暑い地域の方がよくとれるのです。

何年か前にも、オクラを植えたことがありましたが、ましてやその年は寒くて、全然とれませんでした。
今年は1×2mくらいの場所に、8本ほど植えたようです。
やっぱり一つの植物体では、そんなに大きくはならなかったのですが、
その面積のわりには、コンスタントに夏からずっと、収穫がありました。

かつて三重県で畑にオクラを作った時は、1つの植物体で
葉が茂って1×1mくらいの面積を占めるような大きさになりました。
それで毎日毎日食べきれないくらいのオクラがとれる。

青森ではそこまではいかなくても、面積当たりの収穫にしたら、結構いったんじゃないかなあ。
それぞれの土地に適した作り方ってあるのですね。

カボチャのたいたん

| コメント(0)

うちは家族みんな「カボチャのたいたん」が大好きです。
特に私は例にもれず、「芋たこナンキン」なので。

私は朝から、炊くこともあります。
ホクホクにたきたいんですよ。
そのコツ。

IMG_7468.JPG

炊けたら、そのままにしないで

IMG_7469.JPG

熱いうちにお皿に盛りつけます。
すると、水分が蒸発して、ほくほくにできます。

霧たちこめて

| コメント(0)

すっかり寒くなりました。
朝なんて特に。

先週の日曜日の早朝、霧がたちこめました。

するとこんなものを見つけました。
IMG_7432.JPG

橋の欄干に、クモの巣です。
いつも通っている道なんけど、今まで気づかなかったんですね。
きっと今までもあったとは思うのですが。
水滴がついたから、私たち人間に見えるようになって。
きれいですね。
こんなきれいなものをあの小さなクモが一生懸命作って、
獲物を待ち伏せているのですね。

このクモの巣だって、毎日メンテナンスしないと、
たちまち破れて、壊れて
獲物なんかひっかからない。
小さな生き物が、一生懸命生きてる証ですね。


8月末にもJアラートが鳴りました。
初めてのことで、何をどうしていいのか、まったくわかりません。

あの時は、いつもは離れて暮らす長男が帰省しており、
まだ早朝で、みんなが家にいました。
「家族4人一緒なら、まあいいか」そんな風にしか考えられませんでした。
そして、朝食前だったので、「早く食べちゃおう。せっかく作った朝ごはん」といって、
いつものように過ごしました。

IMG_7406.jpg
そして今日。
今日も朝食時だったのですが、
デザートに切った桃を「全部食べちゃったか」が気になりました。

だって、他にすべがないんだもの。

アイリス方式?

| コメント(0)

少々散らかっていて、恥ずかしいのですが、
最近自分のノートPCをこのように設置しました。

IMG_7373.JPG

台の上に置いて、高くしているのです。
どうしてかというと、PCをするときに立ってするためです。

少し前、テレビで紹介されていたのをやってみたのです。
アイリスオーヤマという会社では、社員はPCは立ってすると。

家でいろいろPC作業をするときにはいつも姿勢が悪くなって、
自分でも気になっていたのです。
背中は曲がるし、足は前の椅子にのっけて、お行儀が悪い。

そこで、いっそのことと、立ってすることにしました。
疲れるかなーと思いきや、意外に、良いんです。

何か書類を見るときも動きやすいし、
立っているのが疲れるほどなら、ちょっと歩いて気分転換。

無駄に、ネットばっかりすることもなくなるし、
なかなかいい感じです。

私はテレビもラジオもNHKが大好きなんです。
特にラジオが好きなんですが、
つけていると1日に何度か、ラジオ体操がはじまります。
ついでなので、時々やっています。
すると楽しくて、少しはまっています。

平川市に夏期巡回ラジオ体操が来ると聞き、
早起きして行ってきました。
IMG_7179.JPG
広い競技場に、人がいっぱいです。2500人も集まっているとか!

本番前にあの多胡肇さんのやさしいお声で、ワンポイントレッスン。
放送で聞くまじめな雰囲気とは違い、オンエアでない部分では冗談交じりの楽しい口調で、会場が和みます。
それがいざ本番となると、いつものようにきびきびしたお声で、体操の途中には平川氏の紹介トークなどもはさみ、
さすがプロだなーと感心しました。

IMG_7182.JPG
終わると、今度は青森放送局の元気アップル体操の収録です。
いつも見ているはずなのに、全然できませんでした。
『見て知っている』と『できる』は全く違うのですね。

IMG_7187.JPG
最後に記念品もたくさんもらって、楽しいイベントでした。
でも、ラジオ体操は計3回、アップル体操も3回やって、疲れちゃいました。

昨年1月に長男が交換留学生のプログラムで米・メーン州に行ってきた。
そのホストファミリーのお父さん(ビル)が、再来日し、日本のステイ先のお父さんが
まったく知らない私たちを夕食に招待してくれた。

少し緊張したが、結果、とっても楽しい時間を過ごした。
ビルは長男を何度も nice guy だと言って、ほめてくれた。本当にうれしい。

それはさておき、今回ビルからいただいたお土産に、とても感心した。
それはタイトルにもあるように、郷土愛である。
いただいたものは、このチョコレートと、ポストカードセット。
IMG_7164.JPG

IMG_7169.JPG

驚いたのはこのポストカードがメーン州の景色をうつしたものなのだが、
印刷もメーン州でされている。おそらく写真家も地元の人なのだろう。
MAINE MADE と書かれていて、メーン州にこだわっている。
オンリー・メーン州とでも言おうか。
ほかにも長男が買ってきてくれたお土産にも、メーン州らしさのものがたくさんあった。
例えば、ロブスターの形のクッキー型、トナカイ柄のオーブンミトンだ。
私は不思議に思い、長男にこういうものはどこで売ってるの?と聞いた。
すると、「どこでもその辺の普通のお店で、こういうものが売っているんだ」という答え。
つまり、普段から地元の商品や製品に触れているのだろう。
そして作る、売る側も、買う側もそれに誇りを持っているのだと思う。
あと、パッケージのセンスがよい。
中身よりもパッケージの方がよいといってもいいほどのものもある。

さて、私たち日本はどうだろう。
東京や京都など、都会の洗練されたお土産は、十分クリアするものも多いが、
ここあおもりのお土産品は?
オンリー青森のセンスの良いもの、
またそういうものが特別でない、私たちに日常から触れていられる。
そんな状態ではまだまだないようです。

いつの間にか、あっという間に8月になっていて。
ちょうど今日、東北も梅雨が明けました。
あんまり雨降らなかったなぁ。
畑はカラカラです。

それでも、トウモロコシがいい感じに実ってきてて、
夏のごちそうをほおばっているところですが、
昨日、NHKで目から鱗の調理法を紹介していました。

今までも、トウモロコシは電子レンジでチンしていたのですが、
ラップに包んでいました。

そうではなくて、皮のままチンするんですって!

これくらいの皮をつけたまま、1本あたり5分ほど加熱します。
途中向きを変えたりしながら、何回かに分けて加熱してくださいね。
IMG_7090.JPG

加熱が済んだら、熱いうちに下の方をカットします。
そして、熱いのですが上の方をつかんで押し出します。
すると、こんな感じに、むにゅっと出てくるのです。
IMG_7091.JPG

なぜか、ひげ根もきれいに取れて出てくるのです。
IMG_7092.JPG

そしてこの色、鮮やかな黄色!
おいしそうでしょう!!
皮がちょうどよい感じで、蒸気を逃がすのです。
水っぽくならず、すっごくおいしかったのです。
感動ーのおいしさですよ、ぜひやってみてください。

プロフィール
~モノいう消費者~
とく子

消費生活アドバイザー
(経済産業大臣事業認定)
生まれも育ちも大阪、
2000年から青森に住んでいます。
4人家族(夫、子ども2人)
大学では農学部園芸農学を専攻。
省エネルギー普及指導員

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

Powered by
Movable Type Pro