自然界の厳しさ

| コメント(0)

今朝、夫から、電話があり、とても沈んだ声で
「とてもショックなことがあった」
と言うのです。
どんな悲しいことか、と覚悟をして聞きますと、

「ヒバちゃんが、ヒバちゃんが、親もろとも・・・」
ヒバちゃんというのは、夫の職場で見つけた、
ヒバリのことで、
そのひばりは、巣を作って抱卵し、
4/30にはヒナも生まれ、
親鳥が一生懸命に、4匹の子どもを育ててたところだったのです。
IMG_8307.JPG
この写真の真ん中あたりに、
こちらを向いて、抱卵している親鳥・ヒバリがいます。
分かりますか?

IMG_8325.JPG
生まれて数日後です。
はじめはもっと、毛玉のようでした。
くちばしもはっきりして、4匹が寄り合っています。

夫の話によりますと、
巣の周りには、羽が散乱し、親鳥の姿はなく、
巣の中にもヒナもは1匹もいなかったとのことです。
どうやら、猛禽類などに襲われてしまったのでしょう。
夫は毎日、ヒバちゃんの様子を見に行くのを楽しみにしていました。
昨日も元気な姿を確認しています。
それが、今日、こんなことになってしまって。

でも、可哀想だけど、別の生き物の栄養になったのなら、
まだましです。
以前には、芝刈り機で、巣もろとも、人間の仕業で、やられたこともありましたので。
今回は、悲しいけれど、まだ納得ができます。

今どきリンゴの活用法

| コメント(0)

弘前でリンゴの止め市があり、
リンゴの取引もいったんお休み、
というこんなに温かい日々。

でも、昨冬から、もらったリンゴがまだ軒先や風除室や、冷蔵庫に「残ってるぅ」
なんて方もいらっしゃるのでは。

うちでも、風除室に置いていたもので、
もうツヤもなく、傷んでいるところもあります。
このままで食べる気はさすがにしない・・・

IMG_8299.JPG

うちは、こうやって最後まで食べます。
茶色く傷んだところは取り除いてくださいね。

IMG_8300.JPG

これにふたを軽くかぶせて、電子レンジでチンです。
3分を2-3回くらいかなあ。様子を見て調節してくださいね。
IMG_8304.JPG

これが「チン!リンゴ」
IMG_8305.JPG
色が少し濃くなって、本当においしいんです。
生食では到底おいしくないあのリンゴとは思えない!!
そのままでもいいし、ヨーグルトと一緒に食べてもおいしい。
出てきた果汁も、ヨーグルトにあえてね。

たくさんの絵本

| コメント(0)

夫が、職場の方から、絵本をもらう約束をしました。
下の子どもさんがもう、高校生だし、モノを整理したとのことです。
本を捨てるのは嫌だけど、誰かが読んでくれるのなら、ということです。

でも、うちも下の子が小学校卒業したし、
絵本という歳ではありません。

それでも私が、小学生の放課後教室をしているので、
そこで活用させていただくためです。

実際に見て、びっくり。
あまりのたくさん。段ボール2つです。
securedownload.jpg

箱を開けて、一つ一つを開いてみました。
なんとも、言えぬ気持になりました。
元の持ち主は男の子だそうです。
親の愛情がたっぷり、その本から伝わってきました。
どれもとてもきれいに保管されていて、
大事にされていたことが分かります。
これだけのたくさんの本を買ってあげる親の気持ち。

大切に使わせてもらいます。


とってもうちの話で恐縮ですが・・・
うちのウズラ、やよいちゃんは今日で一歳になりました。
そう、3月1日生まれなんです。
だから、オスなんだけど、やよいって名前に。

IMG_8095.JPG
今まで元気に育ってくれてありがとう。
私たち家族を癒してくれてありがとう。
これからも、元気にすごしてね。

カードは長女が作ってくれました。

雨水の助け合い

| コメント(0)

IMG_8073.JPG
週末、青森はいつもの天候で、しっかり雪が降りました。
朝起きると、窓がこんなことに。

雨水の月曜日あさ。
どかっと降った雪に除雪車がたっぷりの雪の塊を玄関先に置いていきました。
うちのお向かえはただいま住宅建設中。
ブルの置いていった塊に阻まれ、現場に入れない業者さんに、夫がスノーダンプを貸しました。

私がゴミ出しに行く道が、きれいに作られていて、
近所の教会のかたが除雪してくださっていることに、
この日改めて感謝。

ゴミ収集場所では、すぐ近所に住む男性が
雪片付けをしていました。
いつもしてくださっていたのでしょう。知りませんでした。
感謝の言葉を伝えました。

いろんな人が知らないところで、誰かのために、
助け合ってるんだなぁと、つくづく感じた、雨水の月曜日でした。

節分が過ぎて、立春のとき。

スーパーに行ったら、半額のワゴンの中にたくさんの商品
いくつかを買ってきました。

IMG_8039.JPG

買ってきたのはほんの一部、どれもお菓子です。
そして、まだまだ日持ちのするものばかりなのです。
ただ、節分が過ぎ、もう豆まきイベントは終わったというだけ。

商品の中身としては何ら問題がない。
別に捨てられているわけじゃないからいいじゃないか、という意見もあるでしょう。
でも、本来の値段で売られていないということは、だれかがしわ寄せを受けている可能性があります。

恵方巻の材料が、店頭に並ぶこともなく、
回収され豚の飼料になったという話題もありました。

こんなに季節感って大事なのですか?
そして、なんでも季節行事に則ってしなくちゃいけないのですか。
もっと日々をフツーに、穏やかに、ゆっくりと、暮らしてみてもいいのでは、ないかと思うのです。

実は、先日、地元放送局の番組に出演し、
その中で、切り干し大根のレシピを紹介しました。

備忘録に、ここでは詳しく紹介します。
切り干し大根20gです。
IMG_7980.JPG

これを100%の無添加トマトジュース200mlでもどします。
IMG_7981.JPG

切り干し大根がトマトジュースを吸って、こんな感じに。
IMG_7984.JPG

フライパンにオリーブオイルとニンニク、鷹の爪で、少し加熱。
IMG_7983.JPG

そこへ、先ほどのもどした切り干し大根と残りのジュースも、そしてツナ缶一つ全部入れて
加熱して、少し煮詰めます。
IMG_7990.JPG

最後に、塩コショウで味をととのえ、完成です。
とーっても簡単。
IMG_8019.JPG

なのに、意外においしい。
大根のシャキシャキ感が、たまらない。
私はできたての温かいのを食べるのが好きです。
私の中で、ブームです。


21日・日曜日、
鰺ヶ沢のスキー場が子どもの日だったので、
仲良くしているママ友4人とその子どもたちで
スキーに行ったのです。

12年ぶりのスキーだというA子さん(ママ友)。
みんなで一緒に、ゆっくり降りてきました。
その際に、2度転び、そのうち1度は派手に転び、
なんとその時、スマホを落としたというのです。
それに気づいたのは、もう降りてきてのロッジの中。

みんなで「えーーーっ!!」
友人のからコールしても、音は聞こえず。
やっぱりゲレンデに落としたんだ、ということに。

見つけられるかわからないが、再度私たちで同じコースをたどり、
ずっと地面を目を皿のようにして、滑っておりてきました。

それまでの時間の長かったこと。
「A子はいつも良いことをしているし、
人に親切にしてるから、だれかいい人が拾って届けてくれるよ」
なんて、言いながら、私たちは見つけられず、不安の中、おりてきました。

ロッジに戻ると、
なんと、だれかすばらしい良い方が、
受付に届けてくれたのです!
その人は、名前も言わずに届けたので、
今となってはお礼も言えません。
ああ、本当によかった。
どなたかわかりませんが、本当にありがとうございました。
A子にかわって、ここで、厚くお礼を申し上げます。

謹賀新年 2018

| コメント(0)

遅くなってすみません!
元旦早々、寝込んでいました。
午前中までは、元気でしたが、その午後から体が動かなくなり、
それから、3日までただただ寝ていました。

IMG_7935.JPG

今年のおせちも、例年と変わりなく。
子どもには三つ葉を入れるのが好評でした。
IMG_7938.JPG

今年近所の神社に奉納された氷彫刻
IMG_7940.JPG
今年も夫はお手伝いさせていただきました。

つづき!

| コメント(0)

そう、青森山田高校の吹奏楽の定演でのこと。

プログラムにバナナのシールがある人は、
なんと、ケーキがもらえたんです。
それも、調理科の生徒さんが作ったケーキ!
IMG_7922.JPG
持った感じは割とずっしりしていました。

ジャ、ジャーン!
IMG_7918.JPG
かわいいでしょう、いかにもクリスマスケーキ。

食べてみたら、本当にあっさりしていて、
2ピースくらいペロリでした。
クリームもあっさり、スポンジはふわふわ、やさしい味で、
デコレーションも、本当にきれいで、慎重に作ったんでしょうねえ。
生徒さんが一生懸命作ってくれたのがわかります。

素晴らしい演奏と、おいしいケーキと、
青森山田高校さん、本当にありがとう。

プロフィール
~モノいう消費者~
とく子

消費生活アドバイザー
(経済産業大臣事業認定)
生まれも育ちも大阪、
2000年から青森に住んでいます。
4人家族(夫、子ども2人)
大学では農学部園芸農学を専攻。
省エネルギー普及指導員

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

Powered by
Movable Type Pro