ニッカシードル×東奥日報ブライダルキャンペーン事務局から、ハッピー満載のブライダル情報を発信します。

ニッカシードル×東奥日報 ブライダルキャンペーン

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2015年11月アーカイブ

みなさん、こんにちは! 東奥日報ブライダルキャンペーン事務局のMですkissmark

 

リンゴのふるさと・青森で、リンゴのお酒・シードルを盛り上げようと、「青森県の結婚式は、シードルで乾杯!」をキャッチフレーズに展開している東奥日報ブライダルキャンペーン。

  cidre_asahi.jpg

プレミアム特典第2弾は、今年9~11月に協賛式場で結婚披露宴を行うカップルを対象に、6~7月に応募を受け付けました。

 

その内容とは…

 

■アサヒビール青森支社が乾杯用ニッカシードルをプレゼント

 

■おふたりの出会い・結婚に至るまでを、東奥日報が“独占スクープ”する、世界にひとつしかない新聞「東奥日報ウエディング特別号」披露宴会場で発行

 

■H.I.S.より、青森―札幌便のペア航空券をプレゼント

 

■披露宴の模様を、東奥日報「週刊てれびぱーく」に掲載

 

■披露宴の模様を、Web東奥「東奥NETテレビ」で紹介

 

第2弾は、ひときわ豪華!

主役のおふたりにとっても、ゲストにとっても、忘れられない佳き日にしてほしいから…

 

たくさんのご応募の中から、厳正なる抽選の結果、十和田市の佐藤一吉さん(43)、育代さん(40)のお二人が当選されました!

 

9月下旬、特別号の取材のために、Mkissmarkと、挙式会場の「サン・ロイヤルとわだ」で会ってくださったおふたり。

 sato_profile.JPG

出会いは2012年夏、知人が主催した、ざっくばらんな飲み会。

大勢の中で、あまり直接話をする場面はなく、一吉さんは「特に意識はしていなかった」、育代さんも「よくしゃべる人だなぁ」という程度だったそうです。

 

そんな中でも、育代さんに3人の子どもたちがいること、家族でスノーボードを始めたという話題が、ふたりの接点をつくったのは確か。

スノーボード歴20年超の一吉さんが、「子どもたちに教えてあげるよ」と言ったのをきっかけに、冬になると、育代さんと3人の子どもたちは、一吉さんと一緒に、岩手県・奥中山高原スキー場に出かけるようになりました。

三度、四度と重ねた家族ぐるみの付き合い。スノーボードの季節が過ぎ去るころには、一吉さんと育代さんのふたりを確かに結び付け、「いて当たり前の存在」(一吉さん)になったと言います。

 

「ふたりでいるより、子どもたちも一緒にいることが圧倒的に多かった」と育代さん。5人で旅行も何度もともにするうち、「家族っていいな」と感じる場面があったと一吉さんは言います。

そして今年3月27日、入籍。その日は、育代さんの誕生日であるとともに、新しい5人家族が誕生した日にもなりました。

 

2015年10月18日(日)、どこまでもどこまでも空が青かった、秋晴れのこの日。

一吉さんと育代さんの披露宴が、十和田市の「サン・ロイヤルとわだ」で開かれました。

 sato-gaikan.JPG

披露宴直前の会場にちゃっかり潜入したMkissmark

 sato-unryu-entrance.JPG

ここは、サン・ロイヤルとわだで一番大きな会場「雲龍の間」。

本日のゲストは200人超!

 sato-unryu.JPG

パープルの照明に呼応するように、高砂を彩る装花。

濃いピンクがキュートですね。

 sato-unryu-takasago.JPG

 

 

このテーブルランナー、Mkissmarkの心わしづかみ!

和柄っていうのがなんとも素敵。しかも黒&ピンクベース、カワイイ!

 sato-unryu-runner.JPG

見ると、引き出物の袋もピンクで、

 sato-unryu-bag.JPG

会場コーディネート全体が、ふんわりピンク。

 sato-unryu-table.JPG

 

 

おや、これは…

 sato-unryu-yusyoki.JPG

十和田市秋まつりの山車制作がライフワークという一吉さん。

今年は、所属する南町内会の山車づくりを、育代さんや子どもたちも一緒になって、毎晩深夜まで家族総出で取り組んだのだそう。

強力な助っ人を得て、想いが届いてか、南町内会は今年、見事総合優勝を果たし、その記念写真と優勝旗が、この日、高砂に飾られていたんです。

 

「世界にひとつしかない結婚式」をキャッチコピーに、オリジナル演出に力を入れるサン・ロイヤルとわだ。

一吉さんと育代さんの結婚式は、どんなかたちになるんでしょう。

 

…などなどと、Mkissmarkがうろうろしている間に。

 

受付が始まりました。大勢のお客様です。そうだよねぇ、雲龍の間がぎっしりなんだもんねぇ。

 sato-uketsuke.JPG

 

サン・ロイヤルとわだでは、1階のエントランスでゲストに振る舞う、ウエルカム・ドリンクのサービスが人気。

sato-welcome1.JPG

ここでしか味わえないオリジナルカクテルの「桜むすめ」と「桜姫」をぜひお試しあれ♪

 sato-welcome2.JPG

披露宴開始20分前、一吉さんと育代さんによる、ゲストのお迎えが始まりました!

 sato-omukae1.JPG

淡いピンクの和装の育代さん。ふんわりとした可愛らしさと、でも落ち着いた大人の魅力と。

 sato-omukae2.JPG

長い長い、お祝いの列。

みんなこの日を、待ちかねていたんだね。

 

ゲストが着席した雲龍の間。圧巻です!

 sato-unryu-guest.JPG

あら。会場の一角に、見知ったお顔が。

sato-kamiakitosan.JPG

フリーアナウンサーの上明戸華恵さん。

なんと新郎・一吉さんとは、中学校時代の同級生なんですって。そのご縁で、きょうの披露宴の司会を引き受けられたんだそう。

よろしくお願いいたします!

 

一吉さんのご友人が制作したオープニングムービーの上映とともに、始まりました、披露宴!

 sato-openingmovie.JPG

鳴り響く太鼓、「ヤーレ、ヤーレ!」の掛け声。

新郎新婦の入場は、一吉さんが愛する、十和田の祭囃子に導かれます。

sato_ohayashi.JPG

「新郎新婦の入場です!」

上明戸さんのアナウンスとともに、一斉にメーンの扉に注がれるゲストの視線。

…が。扉が開かない。

あれ…?

 

と!

舞台にせりあがってきたおふたり! 驚いたゲストの間にどよめきが!

 sato-nyujo1.JPG

介添えのご友人が先導。南町内会の提灯が、新しい夫婦の道筋を照らします。

 sato-nyujo2.JPG

高砂についたおふたり。

これから、人前式で挙式をするのです。

 sato.JPG

実は、育代さんに正式なプロポーズをしないまま、この日を迎えたという一吉さん。

挙式寸前、この場で、育代さんにプロポーズをしました

本当は、育代さんだけに聞こえるように伝えたかったのに、同級生・上明戸さんの容赦ない「聞こえません!」の声に、しぶしぶマイクを持っての公開プロポーズ(笑)

 sato-propose.JPG

「僕が幸せになるには、育代と子どもたちが必要です。

これから家族を守っていきますので、よろしくお願いします」

 

緊張のためか少しかすれ声で、でも、言葉をかみしめるように、ゆっくりと話した一吉さん。

微笑してやわらかにうなづいた、育代さん。

 

結婚誓約書に互いにサインし、

 sato-sign1.JPG sato-sign2.JPG

それを、ゲストに向かって読み上げました。

 sato-seiyaku.JPG

結婚指輪を交わし、新しい夫婦の誕生です。

sato-ring.JPG

きょう、この日。

この雲龍の間にいる、200人超のゲスト一人ひとりが、おふたりの結婚の証人となったのです。

 

一吉さん、育代さん、おめでとうございます!

そしてきょう、この場に立ち会わせてくださったこと、幸せの瞬間を目撃させてくださったことに、感謝いたします。

 

さぁ、乾杯は「ニッカシードル スイート」で!

 sato-cidre1.JPG

サン・ロイヤルとわだのスタッフも、準備万端!

sato-cidre2.JPG

乾杯!

 sato-kanpai-guest.JPG

乾杯!

 sato_futari_kanpai.jpg

(写真協力:高橋写真館 十和田市西三番町16-6)

 

祝福ムードがピークに達した会場。

 

…と、

ガランガラン!と激しい鐘の音!

 

「号外です! 東奥日報の号外が発行されました!」

 sato-gogai1.JPG

東奥日報のマークを染め抜いた法被を着た東奥日報ブライダルキャンペーン事務局スタッフが会場になだれ込み、一吉さんと育代さんのなれそめをスクープした「ウエディング特別号」をゲストに配布してまわります。

 

高砂にも。

 sato-gogai3.JPG

おふたりの結婚によって、新しい家族が誕生したことを告げる号外。

sato30.JPG

サプライズで掲載した、3人の子どもたちからのメッセージに、一吉さんも育代さんも驚き、うれしそうな表情をみせていました。

 

青森の結婚式は、シードルで乾杯!

sato-omedeto.JPG

一吉さん、育代さん、そして3人のお子さんたち。

本当におめでとうございます。

この佳き日は、ゴールではなく、これから5人で築いていく幸せへのスタート。

どうか末永く、お幸せに。 

 

 

 

11月4日付東奥日報夕刊折り込み「週刊てれびぱーく」に、おふたりの披露宴の様子を掲載しています!

 Web東奥からは、おふたりの結婚式の様子を動画で紹介♪→http://www.toonippo.co.jp/koukoku/toohappy/campaign/index.html

 「サン・ロイヤルとわだ」のホームページはこちら!→http://www.towadanet.com/sunroyal/

 東奥日報ブライダルキャンペーン特設サイトはこちら!→http://www.toonippo.co.jp/koukoku/toohappy/