ニッカシードル×東奥日報ブライダルキャンペーン事務局から、ハッピー満載のブライダル情報を発信します。

ニッカシードル×東奥日報 ブライダルキャンペーン

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2014年11月アーカイブ

こんにちは。

ブライダルキャンペーン事務局のYKですchick

 

6月の記事で、「親しい友人の結婚が決まった」とお話しましたが、

今月初旬にその友人の結婚式に行ってきました。

もう号泣ですcrying(笑)

打掛やドレスを着た友人は本当にキレイでした…

 

さて、衣装といいますと、新郎新婦だけでなく、

式の参列者にも目が止まりますよね。

 

今回は、今年9月に16年ぶりに青森市で開催された、

「第14回北海道・東北ブロック美容技術競技大会」という大会の

「黒留袖着付け」種目で優勝した方へインタビューをしてきました!

この大会は、7道県での地区大会を勝ち上がった方だけが進める美容技術を競う大会です。

 

種目は「黒留袖着付け」のほか、

パーマをかける際、頭髪にロッドなどを巻く作業の「ワインディング」や、

テーマを与えられてそのテーマに合うようカットする「カットアンドブロー」など、

6競技に分かれて優勝を争います。

 

その「黒留袖着付け」種目の今回の優勝者・

坂牛春香さんがいらっしゃるお店がこちら!

 20141119konaka1.jpg

青森市安方にある「ブライダルサロンこなか」です。

またまたお邪魔してきましたよ~♪

 

20141119konaka2.jpg

坂牛さんは、青森市出身の24歳。

こなかスタッフになって今年で5年目とのこと☆

ドレス・着物の衣装合わせや、当日の婚礼メイクなどの

衣装部スタッフとしてのお仕事を担当されています。

 

「元々ブライダル業界には興味があったのですが、

専門学校のブライダルの授業でますます興味がわいてきて、

こなかに入社したんです」と坂牛さん。

 

早速いろいろお伺いしちゃいましょうnote

 

────坂牛さんが優勝した「黒留袖着付け」について教えてください。

 

20141119konaka3.jpg

坂牛さん「まず黒留袖というのは、新郎新婦の母親や姉妹などの近しい親族や、

仲人夫人の既婚女性のみが着用できる格式高い着物です。

黒留袖着付けの競技は、襦袢を着せたあとでステージに上がり、

20分で着物を完成させるというものです。

スピードはもちろん、完成した着物の合せ部分や帯の位置など、

数センチのズレまでシビアにチェックされます」

 

────審査はとっても細かくて大変そうですね…

 

坂牛さん「それに加え、審査員以外にも主に美容関係者のお客さんも見ているので、

緊張もありました。黒留袖の部出場者の10人程度に加え、

他種目の出場者の計30人程度で並んで一斉に着付けを行うのですが、私が一番前で…

お客さんの本当に目の前で着付けをしたので、緊張しましたね(笑)」

 

────今回以外にも、この大会に出場したことはあったのですか?

 

坂牛さんこなかに入社して、2年目のときに初めて黒留袖着付けで出場しました。

留袖が着付けの基本で、これがしっかり出来ないと振袖などに

応用できないということで、黒留袖着付けに挑戦しようと思いました。

練習もたくさんして全力投球で臨んだ結果が2位だったのですが、

それでやりきった!と完全燃焼してしまって(笑)」

 

────完全燃焼して、今回また同じ競技で出場しようと思ったのはなぜですか?

 

坂牛さん「先生から『中途半端で終わるな。同じ競技でもう一度挑戦してみなさい』と

後押しがあったんです。自分はもうやりきった感があったし、

『2回目で順位が下がったらどうしよう』などプレッシャーもありました。

でも、やはり前回の大会で優勝できなかったので、

まずは黒留袖をきっちりやり遂げたいという事でもう一度黒留袖着付けに挑戦しました。

こなかスタッフにいつも時間内で出来た作品を見て指導してもらうなど

練習に協力してもらうことで、今回はこのような成績を納めることができました。

先生の後押しとスタッフの協力にとても感謝しています。

今では、大会に出場して本当に良かったと思っています」

 

────周囲の強力なサポートがあってこその優勝だったのですね。

 

坂牛さん「そうですね。こなかスタッフの着付けやメイクの腕は凄いんです。

北海道・東北ブロック美容技術競技大会前哨戦となる青森県大会では

黒留袖と、成人式などで着る『中振り袖着付け』、『洋装ブライダル』はいつも上位です」

 

────最後に、将来の夢を教えてください。

 

20141119konaka4.jpg 坂牛さん「いま自分ができる衣装合わせも、花嫁の『一生に一度の晴れ姿』を

一緒に決めていくという大切な仕事なので、もちろんやりがいはありますが、

いずれは花嫁さんをトータルでプロデュースできるようになりたいです。

最初の打ち合わせから、当日の着付け、ヘアメイクまでを

一人で担当できるようになれたらと思います」

 

終始笑顔で、明るく可愛らしい坂牛さんheart04

いつか花嫁さんをトータルプロデュースできるその日まで、

私も陰ながら応援していきたいなと思います!chickdash

 

坂牛さん、本当にありがとうございました~!

 

 

「ブライダルサロンこなか」のサイトはこちら→http://www.bs-konaka.jp/

東奥日報ブライダル特設サイト「Too Happy!」はこちら→http://www.toonippo.co.jp/koukoku/toohappy/

 

 

みなさん、こんにちは! 東奥日報ブライダルキャンペーン事務局のMですkissmark

 

11月も下旬。今年もあとわずか。
めっきり冷え込むようになって、冬はすぐそこ…

 季節は寒々としてきましたが、アツアツheart04な新婚カップルさんたちのおかげで、ブライダル業界は冬も元気に参りますよ!

この3連休の最終日・24日(月)には、青森市のアップルパレス青森で、ブライダルフェア「シビルウェディング & Dress Collection fair」が開かれます!

 apple_civil_flyer.jpg

 …と、勢いこんでご紹介したものの。
「シビルウェディング」の言葉、まだまだ耳慣れないかもしれませんね。

 説明しよう!

「市民結婚式」とも言われるシビルウェディング
ウエディングドレスデザイナー・桂由美さんが会長を務める、一般社団法人「全日本ブライダル協会」が提唱し、広まりつつある、新しい挙式の形です。

 価値観が多様化する中で、昨今は挙式スタイルも、神前式やキリスト教式だけでなく、宗教色のないスタイルを希望するカップルが増えてきています。

 宗教色のない挙式といえば、ひところブームにもなった「人前式」があります。しかし、人前式はスタイルが確立されておらず、その形式もさまざま。

多くは、披露宴の冒頭で、新郎新婦がおふたりで作った文章を読み、指輪を交換するという、10分足らずのカジュアルなもの…

 一方、欧米で主流のシビルウェディング=市民結婚式はと言うと。

自治体のセレモニールームなどで、係官や市町村長、または国が資格を与えた司式者によって執り行われ、カップルが婚姻届に署名する―というスタイル。婚姻の法律上の手続きを、きちんと完了させることを重要視しているんです。

 日本では、挙式や披露宴と、婚姻届は別、みたいな雰囲気があって、挙式してから届け出すカップルもあるしねぇ。
婚姻届も「紙切れ1枚」なんて言われて、提出すればそれで法律上の手続きは足りるようになっているし、アッサリしてますよね。

ですが、全日本ブライダル協会が提唱する「シビルウェディング」は、欧米方式に倣い、法律上の婚姻成立を第一に考えるのだそう。

シビルウェディングを希望するカップルは、結婚式の前にあらかじめ婚姻届を提出し、その自治体の長が発行する「婚姻届受理証明書」というものを取得。

同協会が認定する「シビルウエディングミニスター」の資格を持つ司式者のもと、挙式が執り行われ、カップルが婚姻届受理証明書を読み上げ、参列者に披露する―というもの。

神前式やチャペル式のように宗教色はなく、
かと言って、人前式ほどカジュアルでもなく、
挙式の厳格さや品格を守りつつ、愛を誓う、それがシビルウェディング

ちなみに、この「シビルウェディング」という名称は、シビルウェディングの正しい認識普及のために、全日本ブライダル教会が商標登録しているんですって! 

このたびの、アップルパレス青森のフェアでは、このシビルウェディングの挙式スタイルで模擬結婚式をご披露します!

 式次第はこんな感じ。

■立会人、新郎・新婦 入場
■司式者 式辞
■新郎・新婦 立会人 紹介
■結婚誓約書朗読
■結婚指輪交換
■結婚成約書署名
■結婚成立宣言
■祝辞
■婚姻届受理証明書授与
■祝奏
■新郎・新婦 立会人 退場

今回、模擬シビルウェディングを行う場所はこちら。
2階から3階に続く階段を利用するんです!

apple_step.JPG

 

踊り場に、司式者が立って。
新郎新婦は、一段一段、階段を登って踊り場に着きます。

(新婦が階段を登って行くとき、ドレスが階段に広がる様子が、またキレイなんですって♪)
 

apple_odoriba.JPG


列席者たちは、階段の下にいて、式の様子を見守ります。
なんだか、ワクワクしちゃう…!

新しい挙式の形、ぜひフェアで体験してみてください。

模擬シビルウェディングに続いて、ドレスのプチファッションショーもありますよ☆

このほかにも、24日のフェアでは、衣装フィッティングや、会場コーディネート展示なども行います!
気軽に訪れてみてくださいね。

 

アップルパレス青森のホームページはこちら!→http://apple-palace.com/

東奥日報ブライダル特設サイトはこちら!→http://www.toonippo.co.jp/koukoku/toohappy/