• トップ
  • » あおトピ
  • 2018年5月30日(水)

[あおトピ]猫ひろし、正直すぎてホームが一瞬にしてアウェーに変わり青ざめるw

菜の花畑でポーズをとる猫ひろし
菜の花畑でポーズをとる猫ひろし
ゴール後、全力で選手を激励する猫(右)
ゴール後、全力で選手を激励する猫(右)
カンボジアのナショナルチーム?のジャージで「にゃー」
カンボジアのナショナルチーム?のジャージで「にゃー」
同じく「ポーツマス」
同じく「ポーツマス」
ファンサービスで記念撮影
ファンサービスで記念撮影

 一面に菜の花が咲き誇る中、5月下旬に開催された青森県横浜町の「菜の花フェスティバル」。町制施行60周年を記念し、併催の「菜の花マラソン」にアテネ、北京五輪女子マラソン日本代表の土佐礼子さんと、国籍を変えるという〝力技〟で男子マラソンのカンボジア代表になり、リオ五輪に出場した猫ひろし(芸能人なので呼び捨てw)がゲストランナーで招かれました。第28回ということで「にゃー」にかけた、というわけではないでしょうが…。猫といえば、以前から青森ねぶたのかけ声「ラッセラー」をギャグに取り入れています。そのことについて聞くと、このギャグに関する悲しい過去を明かしてくれました。

■晴れ男(自称)の力?青空の好コンディション■

 レース前日、ひどい雨に見舞われた青森県内ですが、「(自称)晴れ男」という猫のおかげ(?)で青空が広がる絶好のマラソン日和。他の一般出場者と比べてもひときわ小さい身体ですが、10㌔を軽々と走りきった後は、子どもたちと併走しながら全力応援する姿が印象的。行く先行く先でファンに囲まれる猫でしたが、会場を後にする直前、忙しい時間を縫って、インタビューに応じてくれました。

■出身地は、青森県…ではなく…■

 千葉県市原市出身の猫は、「ラッセラー」について「勝ち戦(いくさ)のかけ声で、勢いがいい。これをやるようになってから、テレビに出られるようになりました。青森県様のおかげです」と話す一方で、最初は青森県出身と思われていたため「ねぶた祭に呼んでいただいて、ラッセラーを披露して盛り上がったんですが、正直に、千葉県市原市出身だと話したら、一瞬でホームがアウェーに変わりましたw」と、明かしてくれました。

■兄猫の嫁は大間町に実家■

 このほか、「兄猫」の嫁の実家が、高級マグロで有名な大間町の出身とあって「マグロ、お待ちしています」とおねだりも忘れません。この日は、好天の一方で風も強く、ゴール後には、子どもたちのインタビュー攻めにあってすっかり身体を冷やしてしまった猫ですが、また呼んでもらえたら「猫まっしぐら」に参加したいとのこと。マラソンの後は短時間しか菜の花を楽しむことができなかったようですが、次回はぜひ、ゆっくりと「日本一」の景観を楽しんだいただきたいものです。(C)

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内