• トップ
  • » あおトピ
  • 2017年8月22日(火)

[あおトピ]BBQでスマートに火おこしができるグッドマナーな男子は、浴衣姿の女子ぐらい好感度がアップする!って話w

小川原湖畔で開かれたBBQのグッドマナー講習
小川原湖畔で開かれたBBQのグッドマナー講習
こいつが火おこし上手な「チャコスタ」
こいつが火おこし上手な「チャコスタ」
無駄な努力は一切なしで炭がおきる
無駄な努力は一切なしで炭がおきる
スモアに釘付けw
スモアに釘付けw
まさにスイーツテロの「フルーツバス」
まさにスイーツテロの「フルーツバス」

 みなさ~ん、肉、焼いてますかー?今年は天候不順の日が多いですが、夏はやはりバーベキュー(決め付けw)。まあ、一年中バーベキュー(以下BBQ)でもいいくらいですが、ふだん、家庭に貢献していないお父さんはここで存在感を示さなきゃ、いつ示す!まさか火おこしでモタモタ、なんてことないでしょうね。。。てなことで、火おこしをはじめとした、目からウロコの「グッドマナー」なバーベキューを学んできました。

 訪れたのは、バーベキューの街として名高い青森県三沢市…え?聞いたことない?三沢市は、米軍基地がある影響か、取りあえずそこかしこでBBQが始まるアメリカンな街。全国的に公園でのBBQはNGな場所がほとんどでしょうが、三沢市は規制が若干緩くて、どの公園でもBBQを楽しむことができます。首都圏では最近、「手ぶらでBBQ」ってサービスが増えたようですが、三沢市民にしてみれば「何を今さら」って話。お肉屋さんで食材を買うと、バーベキューコンロなど道具を貸してくれるお店もあるとか。一定額以上の注文なら配達もしてくれるし、終了時間に合わせて道具の回収もしてくれるって、なに、このBBQ天国!ゴミに関しては持ち帰りが当然であることは言わずもがなですが、要は火おこしができて、終わった後の炭やゴミの後始末ができれば(←ここ大事!)、いつでもどこでもBBQやってよしッテ乗りなんです。

 で、ここからが本題。小川原湖畔でカヤックツアーなどを行っている「小川原湖カヤックラボ」の木滝奈央さん、清水圭子さんに聞いたスマートな火おこしの仕方。超~短い説明で終わります。

 「チャコスタ必須」。以上。

 え?これだけ?そう、これだけ。折りたたみ式などいろんなタイプがありますが、ブリキの煙突を短く切ったような「チャコールスターター」、私も思わず買っちゃいましたよ。火消し壺にもなるヤツ、ホームセンターで2000円くらいで。

 見たことはあったけど、こんなに簡単便利な火おこし器だったとは、目からウロコ。なんせ、炭を入れたチャコスタを着火剤などの種火の上に載せるだけ。これだけで、なーんもしなくても、上昇気流で炭がおこり、吹いたりあおいだりしなくたって、あっという間にいー感じの炭の状態に。これ、前から知っていたら、たぶん火おこしの時間合計100時間は短縮できたはず(ちょっと盛りすぎw)。あ、今さらですが、チャコスタ既に使っている方は、スルーで結構です。。。

 種火のお薦めは、ちょっと油くさいけど固形の着火剤。「愛の着火剤」なんて商品もあるらしいけど、愛については検証しておりませんw 種火によく使われる新聞紙は、風が吹くと灰が舞い上がるんで、そこを我慢できるかどうかでしょう。てか、新聞は火を付けずに読んでください!杉の葉や松ボックリは天然素材でエコだし、短時間で火力アップさせるにはおすすめです。

 で、ジュウジュウ肉焼くのは、どうぞご自由に。BBQコンロ内の炭の置き方などは、ググればいっぱい出てきますから。そして問題は、BBQをどのタイミングで終わらせるか。日本人のBBQあるある、「終わるタイミングが分からず、炭がつきるまで、と頑張っていたら、誰かが炭足しちゃった」というエンドレスBBQの解消法として、デザートを出しましょう。残り火でコンガリ焼いたマシュマロをチョコレートと一緒に胚芽ビスケットに挟んだ「スモア」をめしあがれ。そう、これ、「BBQ終わりだよ―。片付けるよ―」の合図になるんだとか。さらに、スイーツテロ、「フルーツバス」なんかもいいかも。そのへんは、木滝さんのブログをご参照下さい↓

http://realaomori.toonippo.co.jp/880/

 以上、とりとめない内容でしたが、スマートに火おこしができるグッドマナーな男子は、浴衣姿の女子ぐらい好感度がアップする!と断言しましょう。で、しつこいようですが、炭の後始末やゴミ持ち帰りなど、マナーには十分気をつけて。でないと、BBQ天国の三沢市も「禁止」なんてことになりかねませんからね。(C)

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内